Apex Legens: ウィングマンとピースキーパーの弱体化

シェアする

ウィングマンとピースキーパーが弱体化しました。運用に纏わる根幹的な部分はあんまり変わってないですが、DPSがそれぞれ低下しています。特にウィングマンは結構下げ幅が大きく、タイタンフォール2時代の数値に戻りました。

ウィングマン

ウィングマン
項目ウィングマン
発射形式セミオート
使用弾薬ヘビー
ダメージ45
発射レート154RPM
クリティカル2x
掠りヒット0.92x
装弾数4
リロード2.1s
タクティカルリロード2.1s
ADS時間0.2s
sprint_out0.25s
最大DPS116
最大威力キルタイム0.779s

DPSは元々平均より少し上くらいだったのですが、経戦能力が高いこと、機動力の高さ、手足に当ててもダメージが落ちにくい、ヘッドショット時にダメージが伸びやすいと、それ以外の利点をこれでもかと詰め込んだ武器。

レレレ撃ちをするときに敵の攻撃を避けやすいし、障害物を盾にしたときの削り能力が高いです。

今回のパッチでは以下の様な変更がありました。

  • 発射レートの減少 (186RPM → 154RPM)
  • スカルピアサーの効果減少 (+25% → +12.5%)
  • 腰だめ精度の低下

もっとも影響があるのは、発射レートが下がったことでしょう。割合だと15%の低下で、タイタンフォール2時代のレートに戻りました。DPSも139から117に低下したので、RE-45には正面対決で負けるように。ハンドガンでは完全に一強の状態だったのが解消されています。

スカルピアサー込みのヘッドショットダメージは[112 – 84] から [101- 75]へ減少しています(ヘルメットの状態で変動)。状況に表すなら、ノーマルヘルメットで且つボディーアーマーなしの相手にワンパンがギリギリ取れるくらいに。

HSダメージ = 基礎ダメージ * (ヘッドショット倍率 – ヘルメット軽減値) * スカルピアサー補正

正直誤差レベルなので、アタッチメントに例外処理を追加する位なら、これは放置でも良かったのではと……。

ピースキーパー

ピースキーパー
項目ピースキーパー
発射形式ブレイクアクション
使用弾薬ショットガン
ダメージ10 x11
発射レート50RPM
クリティカル1.5x
掠りヒット0.86x
装弾数6
リロード3.5s
タクティカルリロード2.5s
ADS時間0.2s
sprint_out0.25s
腰だめ精度2.8 - 2.8
最大DPS92
最大威力キルタイム0.000s
  • ショットガンボルトの効果低下(64RPM → 58RPM)

ショットガンボルトの効果が下がって、Sレアのボルトを付けても58RPMしか出ないように。元々DPSごり押しタイプの武器ではないので、あんまり影響はないと思いますが、追撃を入れるのが遅くはなりました。

DPSの変化

変更前

変更後

ウィングマンは平均を超えていたDPSが平均以下に。RE-45、オルタネーター、EVA-8に抜かれました。ピースキーパーはモザンビークのボルト付きに負けるようになった位で、殆ど変わっていません。

シェアする

フォローする

『Apex Legens: ウィングマンとピースキーパーの弱体化』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/03/08(金) 17:23:52 ID:1baa5876a 返信

    記事作成お疲れ様です。いつもお世話になっています。
    >スカルピアサーの効果減少 (+25% → +22.5%)
    とありますが、スカルピアサーの倍率が最後に計算されるのであれば、最終倍率計算は
    (修正前)2*1.25=2.5
    (修正後)2*1.125=2.25
    となるはずなので、(+25% → +12.5%)の間違いではないでしょうか?
    間違っていたらすみません。