フォートナイト: 水位の下降による変化 その1

シェアする

前日のv13.2のパッチ時には変化なしだったのですが、1日またいだ7月1日からマップを覆う海の水位が下がり、マップの構造が少し変化しています。

本稿はそんなマップ変化をまとめたものです。

恐らくは今後2週間おきに変化すると思われるので、その第一回目という形になります。

マップ全域の変化

水位が下がったという表現によって、陸地が少しだけ増えました。

ただし干潟部分は一部消失しています。またバランス調整と思われる島の配置、ランドマークの配置変更が入っています。

v13.2

v13.0

リッケティ・リグ

3つの島で構成される群島みたいな名前付きロケーションですが、v13.2から島の配置が変わっています。

ヘリがある島が西に、補給物資が固定配置されている島が東に移動しました。

恐らくは今後復活するだろうスラーピー・スワンプとの兼ね合いだと思われます。工場は未だた海の底ですが、2週間後には表に出ていると推測されます。

なおリッケティ・リグの近辺にあったランドマーク「バンディットパージ」の位置も変化しています。

スチーミー・スタックス

半分以上が水の底に沈んでいたスチーミー・スタックスが改めて復活しましたが、それと引き換えに近くにあった干潟が消滅しています。

スチーミー・スタックスはグライダー再展開があるものの、取れる資源は少ないし、宝箱の量も決して多くは無いしで、戦略的には降りる価値の薄い場所だったのですが、それに関しては今後も変わらないと思います。

もうちょっと素材が採れたらなぁ……。

ウィーピング・ウッズ(C5)

干潟の部分が北西に移動しました。

水位が下がったときに出現するコテージ部分との兼ね合いなんでしょうが、やっぱり開発現場は泥縄なんでしょうか。

どうも今期は週一更新に戻すつもりみたいですが、ぶっちゃけ月に1回でも普通の世界なので。

コーラルバディ(B1)

謎の軟体生物が暮らす島が北東に追加されています。

街づくりをしている軟体生物に木材を100個与えると、木造時代に突入して経験値がもらえます。文明の再建が進むプチクエストっぽいので、Wood Eraの翻訳が樹齢なのは誤訳だと思われます。

今後、石時代、鉄時代と進むのでしょうが、最終的に名前付きロケーションに昇格したりするんでしょうか。