クリア後の感想と評価: デス・ストランディング(AVG 5.6点)

シェアする

  • ストーリー:5点
  • グラフィック:8点
  • サウンド:6点
  • ゲーム性:4点
  • 作り込み:5点
10段階評価。6点以上がお勧め。

ゲーム概要

KOJIMA HIDEO GAMES。

荒廃した世界で配達員をしているマリオ(演:ノーマン・リーダス)は、やっかいな顧客を抱えていました。

それは「私をビーチまで迎えに来て」という、それはタクシーに頼めよというアホな注文をしてくる幼馴染みのビーチ姫(演:リンゼイ・ワグナー)の存在です。

人に頼まれたら断り切れない流され体質なノーマン・リーダスは、よく分からない仮面や、ゾンビムーブで迫ってくる大統領に推しきられ、アメリカを繋ぎ直すという大それた計画に巻き込まれた。

ポンプ的存在のBB(演:赤ちゃん)と共に、仮面のテロリストや、BBに固執するストーカーのクリフ(演:マッツ・ミケルセン)が、ひとつまみ程度に襲ってくる配達へと出かけます。

外には岩とコケばかりで何も無いですし、映画でも見てなければ我慢できないレベルの単純作業を繰り返すことになるサム。出先の顧客達がねぎらってくれますが、感謝の言葉だけでチップはくれない。

テロリストをサンドバッグにするとき「なんで俺だけに運ばせるんだよ!」と叫ぶくらいに鬱憤が溜まってきますが、コミュ症なので言い返せないし、退職届も出せない。そんなちょい駄目親父を熱演するノーマン・リーダスを眺めるロードムービーです。

男二人がシャワールームに入るという、受けを狙ったサービスシーンもあり。

需要少なすぎじゃねってのと、まだまだオフザケ度が足りないと思いました。

私だったら、ここにアメリを突っ込んで、色んな意味で修羅場にしますね。

レビュー

まぁ、ここまでが建前、前座であり、ここからが真面目な話です。ゲームとしては割と終わってます。

ストーリー

  • カットが多い
  • SF的な王道
  • メインキャラクターの書き込み不足
  • 序盤のテンポが悪い
  • テーマに説得力が無い
  • 実は何も考えてなさそう……

ゲームパートが冗長であることで尚更駄目になってます。雰囲気だけの作品になってしまった。

SF風味な世界系

根幹や世界設定、終盤の展開などは一昔前のSFを概ね踏襲しています。それに死後の世界を絡めたことだけが目新しいかなって感じで、王道の展開だったと思います。

実際には世界系というか、因果の大半を絶滅体にぶん投げてしまったのが致命的だった気がしますが、それなりに纏まった内容にはなっています。人類が新たなる段階に進んで、万事解決というハッピーエンドです。

テキストの物量もある。

とはいえ序盤どころか中盤辺りまで、オムニバス的な顔見せばかりで話に動きが無く、BBやデスストランディングの確信に迫っていかないので、かなりスロースターターな内容になっています。

その一方で、ラスト近辺になるとオカルトを通り越して、スピリチュアルになってきて胡散臭さが増大します。スケールの大きい話をしているのか、スケールの小さい話をしているのか混線していて、支離滅裂で矛盾しているように見えます。

良いパートもあるけど、駄目な部分も相当に目立つため、お勧めするには無理があるってのが正直なところ。美談には仕上げたけど、随所におかしなところがあり、また人間を描けていないという欠点があるため、テーマが陳腐になってしまった気がします。

人間の描写が雑

例えば主人公のサムなんですが、孤独は悪い状態であるという先入観から話が進むので、内面が今ひとつ見えてこないです。作中の人物描写が相手ののワンマンショーばかりになってしまい、臨場感や会話劇としての面白さが欠落します。

フラジャイル、ヒッグス辺りはサムの同業者ですし、元から顔なじみにしておけば、関係性の変化や、抱えている過去の事象に踏み込めましたでしょう。ヒッグスの変心などをリアルタイムに描写できて、序盤の退屈さをある程度は緩和できたかも。

多くの登場人物に魅力を感じないし、相互の関係系が希薄なので、アメリカ再建計画という押しつけだけが悪目立ちしています。

帰還者故に死ねない孤独感や、身内の不幸に共感する流れにすれば、サムの人物像などを明確にできたわけですが、実際はそんな描写などはないので、なんだコイツ……以上のことは感じられません。

話が進むにしたがってサムの自主性が段々と低下しくので、何故アメリに執着しているのかも不明瞭な、すっごいコミュ症になります。

後半は種明かしの連続なんですが、それによって割を食った人物がおり、またテーマである人との繋がりも説得力が怪しくなってきます。いくらオーバーロードであっても想像力の欠如や、行動の支離滅裂さをフォローできてないので、ご都合主義のための犠牲になってしまった。

良かったのはデッドマンの変化と人情。ハートマンの家族への思いと、古生物学を絡めた推察パートくらい。絶滅体に関してはもうどうしようもねぇ……って感じなんですが、もうちょっと個々の内面に踏み込まないとドラマとして成立しないです。

グラフィック

  • 世界観を生み出すアート
  • ふんだんに盛り込まれたムービー
  • 実際の人物を上手く取り込んだキャプチャー
  • デジタル・アンチエイジング
  • ロケーションの変化とバリエーション不足

死者の国を写実的に表現するのに成功しており、いわゆる土台の部分はしっかりしています。ストーリ-、ゲームプレイの平凡さで、それを生かし切れてないというのが残念ではあるのですが、最大の評価ポイントです。

実在の人物を取り込んだキャプチャー技術は優れており、実在の人物より遙かに若い状態で再現するアンチエイジングも完備。これに関しては将来的に色んなゲーム、または映画で使われるだろうという気がします。

AIによる自動修正の完成度が上がれば、往年のハリウッド映画なども、リアルに蘇る期待が持てます。

本作においては、そんなアンチエイジングの技術テストだったのかなぁ……って側面も持っており、一種のファンアイテム的な側面も持っています。

ムービー関連も映画のオマージュなどが盛り込まれていて完成度は高いです。なんか前後で内容が重複していたり、挿入タイミングが変なムービーがありますが、作ってしまったからには全部詰め込んでおきたいという気持ちは分からなくもない。

そのためムービーの総時間も結構あって、演者へのギャラも含めて、かなりの予算が掛かってそう。

つまらないゲームパートでお茶を濁されたり、無駄に時間を取られる位なら、映像作品としてコンパクトに纏めた方が良いんじゃないかって個人的には思います。改めてキャプチャーを確認してみたんですが、思っていたより長くて驚きました。

私のプレイ時間が30時間くらいだったので、軽く30%以上はムービーで構成されています。

体感より短いということなので、よっぽどゲーム部分より良かったってことなんでしょう。ストーリーは押さえるべき部分を外していて、ぱっとしないですけど。

サウンド

  • 有名どころを揃えた吹き替え
  • 数は多いボーカル曲
  • ただし印象に残らない

BGMやボーカルに関しては良好ですが、あまり印象に残りません。

まぁこの辺はゲーム部分が致命傷になっているだけで、曲などに原因があるわけではないです。BGMを改めて聞き直すと、ゲームを邪魔しない範囲で盛り上げていて、すこし地味だけど良い出来であることが分かります。

あとはよくある演出ですけども、やたらとバイクで走っているときにボーカル曲が流れ始めます。

回数までカウントしてませんが、通算で7、8回はあったんじゃないでしょうか。ゲームのつまらなさが連鎖してしまって、ラインを追う気にもなれないのがね……。

吹き替えに関しては、旧作の関係スタッフが勢揃いしています。ファンサービスの一環と捉えるべきが、作り手の趣味と捉えるべきか。

ゲーム性

  • 緩やかなオンライン要素
  • 冗長で作業感が強い
  • つまらないドライブシム
  • 発展性のない開発シム
  • スリルのないホラー
  • 退屈な戦闘

褒めるところがなさ過ぎるので、3点にするか本気で悩みましたが、なろう系ゲームという部分を評価して4点で。

良く言えばカジュアル、悪く言えば浅すぎ

誰でも食べられるように煮詰めた「おかゆ」みたいなゲームなんですが、ソシャゲーを大規模にしたというのが、大局的な見方になると思います。ゲームにやり応えや、新しい体験を求めるプレイヤーには不向きです。

バートルのゲーマー4分類に例えるなら、キラー、エクスプローラー、ソーシャライザーはまず刺さらないでしょう。ソーシャライザーの気が強い人なら、そもそも本格的なMMOなり、COOPなりに手を出している可能性が高いため、あるとしても潜在的なソーシャライザー向け。

残ったのはアチーバーですが、達成感を表すオリジナリティの高い報酬が存在しません。また過程の困難さをもって達成感を得るのも限界があります。やってることが終始同じで代わり映えしないので、MMOでずっと同じ素材を掘ってられるような人向け

自由度もかなり低いです。

ドライブシム、ホラー、シューター、開発系シムなどの要素をつまむ程度に配合していますが、そのどれもが微妙な出来映えなので、より洗練された特化型のゲームに比べると評価は悪くなります

それらをプレイした経験があると、退屈さが助長され、悪いところだけが目に付くようになります。ピーキーさとは無縁なので、合う合わないという話では無いです。それを抜きにしても代わり映えの無さをどう処理するかですが、良くも悪くもカジュアルという評価しか付かないと思います。

配達という名の作業

一応、メインとなる筈の配達ですが、道中に遊びが見いだせないから、退屈であるという致命的な欠点を持ちます

移動を遊びにしたいのなら、法則性や解法が生まれるように経路を精査し、視点を誘導してプレイヤーに自然な形で答えを見つけさせ、移り変わる景色を見せて進捗を分からてと、割と必要になるプロセスが多かったりするんですが、本作はそれを疎かにしすぎました。

何かを運ぶゲームでも、普通ならできない道路交通法を違反してみたり、快適なドライビングと規模の拡大が約束されている運送だったり、悪路だけど再現性が高くて反復練習できるラリーだったりが普通に存在するので、創意工夫と強みに欠けています。

道中に凝った仕掛けがあるわけでもなく、意味の無い水増し拠点も相当にあるので、オープンワールド系の悪いところだけを煮詰めたような状態になってしまった。素直にプレイ体験をコントロールしやすいリニアなゲームにすれば良かった気がします。

レベルデザインとしても、アンロックされた車両等が後々機能しなくなるというのは問題だと思います。代わりのなにかがないから、振り出しに戻された気分になって、徒労感が増えるだけになっています。

BTと戦闘の淡泊さ

BTというモンスター要素は適材適所で使えば、退屈な配達を引き締めるスパイスになったのでしょうが、道中でドカドカ配置するから食傷気味になっています。

そもそもホラーと広域マップってのが相性最悪で、まともに演出できないから、移動を妨げるだけのお邪魔虫になってしまう。

エリア移動のロード時間を稼ぐための手法なんだろうと思いますが、ビークルの運用を阻害してくるので、減速効果が大きいです。追いかけっこにしたらまだ白熱しそうですが、リソース的に難しかったんでしょうかね。

さい帯を切れるようになったらいよいよ雑魚と化すので、素材確保のために最初は乱獲しますが、それも2、3回やれば有り余るようになるでしょう。

誰にでもできるように……という全体の方向性は守っていますが、人型の雑魚にしろ、大型のボスにしろ、適当にあしらっていれば終わるので発展性が無いです。

クリフトの戦闘なんか通算4回もありますが、やってることが最初からまったく変わってないですから、普遍的なシューターに比べて評価が伸びなくて当然です。

メインテーマを守るため、殺し合いをさせたくないというのは理解できるものの、ゲームプレイが駄目なことは擁護できないです。随所に作為的な自由度の低さが見受けられますが、やっぱりオープンワールドっぽくする必要が無かったのでは?

作り込み

  • バグが少ない
  • お手軽リスポーン
  • チュートリアルが長い、長すぎ
  • ショートムービー大杉
  • マップがスカスカ
  • サブクエストに魅力皆無
  • 総じて発展性がない

なんというか、評価に困ります。

目立つバグもないから、丁寧と言えば丁寧な作りなんですが、その一方で誰も変だと思わなかったのかという広域マップのスカスカさや、冗長過ぎるチュートリアルや、半プレイアブルパート。

開始から5時間くらいまでは移動するだけの作業とかマジで勘弁して欲しい。もうチャプター3の中盤辺りまで、ほぼカットで良いレベル。そこを越えても良作には分類されないですが、まだマシだとは思います。

中身が無いのを誤魔化すためとはいえ、水増しするにも限度があるだろうと……。プレイ時間を半分くらいに圧縮して、道中の密度と作り込みを上げればもうちょっと評価されたかなぁ……と思います。

全体的に無駄な部分が多すぎるので、削る部分は削るべきです。無駄なショートムービー連打に関しても、没入間を高めるための繋ぎである筈がむしろ邪魔になっていて、毎回システムメニューを開くようになっているという本末転倒具合です。

総括と後書き

普段ゲームをしているプレイヤーからすると、特に着目するような点も無いし、刺さるような要素も無いし、はっきり言って面白くない。私みたいにゲーム性を重視するタイプには完全に落第です。

徹頭徹尾してカジュアル向けであり、なんというか無垢な人じゃないと無理がでてきます。

アプローチの仕方が新興宗教とか、自己啓発セミナーのそれに通じると言えば分かりやすいでしょうか。ギャルゲーのキャラに入れ込み過ぎるタイプの人が知り合いに居るんですが、そういう感じの危うさみたいなものを感じずにはいられない。

包括して言えることですが、MGSとは決別したいのかなぁ……という印象があります。ちょっと無理があるだろう殺さずの誓いに走ってますし、客層に関しても女性受けを狙っているんじゃないかって部分が見受けられます。

私が男なので推測するしかないのですが、家事や育児に疲れた主婦向け……かなぁ。

技術的なテストなどを盛り込んだ野心的な部分は評価できるものの、それでゲームが面白くなったり、ストーリーが良くなったりするわけでもないという通例通りの作品です。ゲーム部分を全部カットして、ムービー作品にした方が受けただろうってのが正直なところですね。

『クリア後の感想と評価: デス・ストランディング(AVG 5.6点)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/11/24(日) 19:57:39 ID:6d303e27e 返信

    小島監督は映画監督になって映画作ればいいと思いました(コナミ
    ゲームなのにゲームの部分が一番つまんなくて足引っ張ってる気がする

  2. 名前: 投稿日:2019/11/25(月) 14:55:21 ID:7bb4ecbc6 返信

    ゲーム性は序盤割と楽しみながら配達できたんだけど、雪山からちょっと中だるみした感じがした。歩いたり乗り物を使うには時間かかるし、ジップラインを繋ぐとその間行き来するだけになるし・・トロコン狙うと益々作業間が出てきつかったなぁ・・
    ストーリーはまぁ映画俳優皆好きだったから映画好きには楽しめるのでは(ムービー)。

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/11/28(木) 01:55:54 ID:30541c807 返信

    メタスコアとかみてるとゲームを普段やらない人、小島作品信者向けという気が……

  4. 名前:シド 投稿日:2019/12/08(日) 19:51:54 ID:9c445c6a8 返信

    アンチエイジングの技術ならマーベル映画で頻繁に取り入れられています。