仁王2: 薙刀鎌の運用に関しての覚書

シェアする

薙刀鎌は仁王2から追加された新武器の一つで、優れたリーチと通常攻撃を持っています。

攻撃の主体となるのが中段の速攻撃なので、初心者でも扱い安い武器です。その反面、武技関連は弱めなので、爆発力には欠けています。

奥義の関係から妖怪相手の方が得意というか、ガードしてこない相手の方が本領を発揮しやすい特性になっています。

基本的な運用

優秀な中段速攻撃()を持っているので、これを主体に攻撃を組み立てることになります。

中段速攻撃はダメージ、速度、リーチのどれもが高い水準で纏まっており、取りあえず連撃を出しているだけでも敵を捌けます。気力ダメージこそ低めですが、普通に武技以上のダメージが出ます。

逆を言えば、薙刀鎌の武技は貧弱なものがあまりに多く、積極的に使うのはステータスアップが期待できる変転シリーズのみです。その他の武技は下段の「回転刃」、上段の「衆生裁」を稀に使うに留まります。

バリエーションは一通り揃っているんですが、他の武器が持つ類似武技より明らかに弱いものばかりで、それを主軸にするには難が残ります。

奥義による効果で変転に関しては実用性を帯びるので、これを使ってステータスを強化し、あとはひたすら速攻撃がオーソドックスな動きになるでしょう。

有力な武技

転変シリーズ

  • 転変裁
  • 転変刃
  • 転変蜂

上段、中段、下段への変更と、攻撃を同時にこなす武技シリーズです。他の武技がちょっと性能不足なので、薙刀鎌の武技としては突出した影響力を持ちます。

単体としてもそこそこ優秀なんですが、奥義の対象にもなっているので、1週目後半からは更に重要度が増します。

取りあえず、中段の攻撃から出せる転変上段、転変下段は多用することになります。

是空裁

上段専用。

鎌を振り回しながら突進して、敵を蹴散らす武技です。飛び込みに仕えて、気力削りがそれなりに高いです。

薙刀鎌の武技では優秀な部類なんですが、HPを削る能力は中段速攻撃の方が上だったりします。HPを削るか、気力を削るかで使い分けると良いです。

回天刃

下段専用。

武器をグルグル回して、飛来する矢玉をはじき返します。

結構対象外の攻撃があるのがネックですが、あると便利な武技になっています。

奥義

最大5段階までバフが蓄積し、最大状態だと長押しで必殺攻撃を放てます。

必殺攻撃は使いにくいので、バフ効果をメインに考えた方が良いです。

転変燎原

転変を敵に当てるたび、与ダメージが増えます。

  • 第一段階: 攻撃ダメージ +6%
  • 第2 ~ 5段階: 攻撃ダメージ +3%(累積)

第五段階まで累積すると、合計18%のダメージ増化が掛かります。

第二段階で剛力丹と同じ、第五段階で修羅符と同じくらいの上昇幅です。

無理して伸ばす必要もなさそうですが、第一段階を維持するくらいは考えておいた方が良いと思います。

転変怒涛

転変を敵に当てるたび、気力消費が減少します。

  • 第一段階: 気力消費 -10%
  • 第2 ~ 5段階: 気力消費 -5%(累積)

第五段階まで累積すると、合計30%の気力消費減少が掛かります。

攻撃以外の気力消費も対象です。回避やガードの気力消費も減少するので、どちらかというと守りの奥義だと思います。

気力を大量消費する代わりに高火力な武技もないので、攻撃に変換するのがちょっと難しいです。

シェアする

フォローする