仁王2: ビギナーズガイド(育成、ステ振り、装備の選択)

シェアする

取りあえず、ひと段落したので、もっとも苦労するだろう1週目の簡易攻略です。クリア後に開放される2週目の方が明らかに簡単で、1週目の方が遥かに難しいです。

システム周りが煩雑なので、変な所で詰まりやすいし、レベルデザインも割と乱高下します。

取りあえず、相手の動きを観察するのが重要なんですが、どうしても最初はバタバタする傾向が強いので、抑えておくべき要素について列挙しています。

ステータスの振り分け(剛、忍、呪の重要性)

体~呪の8項目があり、レベルに応じて振り分けることができます。振り分けによって、体力や気力などの基礎ステータスが向上し、また対応した武器の攻撃力が増加します。

例えば「体」のステータスを伸ばしていると、槍の攻撃力が増加します。

なので武器火力のためには特化型に振り分けるのが良いのですが、こと1週目の段階においては効果的ではありません。極端に振り分けると、攻撃以外の部分が犠牲になるため、多くの場合では苦労すると思います。

重要度の高いステータスはありますが、それ以外はある程度均等に振り分けている方が苦手が生まれにくくて無難です。その重要なステータスというのが、

  • 剛: 重い装備を着られる
  • 忍: 忍術アイテム
  • 呪: 呪術アイテム

この3つに関しては、どの武器を使う場合にも20前後は振り分けておく方が良いと思います。残りは使っている武器とか、守護霊に左右されると思います。

剛のステータスが30程度あると、重たい防具を装備しやすくなり、飛躍的に打たれ強さが増します。

ぱっと見だと分かりにくいんですが、重装備の方が対物理という値が高くなって、殴られたり切られたりする際のダメージを一律で軽減します。

例え同じ防御力であっても、軽装よりも手堅い選択肢になります。

重量の増加で敏捷性が下がるのですが、そんな欠点を緩和してくれるのが剛のステータスで、間接的にスピードを上げるステータスだとも言えるでしょう。

トライ&エラーするにしても、何発か耐えられる方が敵の動きをつかみやすい。

また1週目の段階だと、道中で拾った適当な防具を付けて回るケースが多いので、剛のステータスが伸びていると、その選択肢が増えて楽になります。

忍術系のアイテムを社で生産して、効率よく運用できるようになるステータス。

1作目に引き続き強いアイテムが複数存在し、20程度は振り分けておくと、道中でお世話になります。目潰し、剛力丹などは弱体化していますが、依然として強力なアイテムが存在します。

  • クナイ: 飛び道具
  • 毒手裏剣: 大きな毒ダメージを与える
  • 目潰し: ロックオン性能低下のデバフ
  • 幻術・五位の火: 火の範囲攻撃
  • 幻術・遺ろか水: 水の範囲攻撃
  • 幻術・雷様 : 雷の範囲攻撃

呪の方が有力アイテムが多くて競争が激しいのですが、その分だけ純粋ダメージ等が取りやすい。

陰陽系のアイテムを生産して、装備できるようになるステータス。

呪ステータスの量によって効果時間が変わってくるので、使い勝手を改善するには20程度は振っておきたいです。

1作目の初期に猛威を振るった遅鈍符なんかは流石に弱体化しました。遅鈍符、克金符に代表されるデバフ系は、耐性持ちが結構いるのが困ったところ。

  • 結界符: 気力回復が増加
  • 金剛符: 防御力が増加
  • 奪霊符: アムリタ吸収でHP回復と組み合わせる
  • 浄纏符: 浄属性を付加

敵に掛ける弱体化と違って、自身に掛ける強化は安定した効果を見込めます。

武器の選択とか

ゲーム的に刀を使いたくなりますが、リーチが短いし、突出した利点がないので、あんまり初心者向けではありません。

ラッシュ能力があるので、弱いとは思わないですが、ありていに言って器用貧乏です。まずはリーチの長さや、気力削り能力の高さを重視する方が良いです。

  • 大太刀
  • 薙刀鎌

辺りがお勧めの武器になります。

特に薙刀鎌は呪のステータスで攻撃力が伸びる上に、中段の速攻撃が便利なので、かなり扱いやすい武器になっています。

また弓、銃、大砲のようなサブ武器は遠距離から敵を攻撃できるので、道中の敵を処理する目的だとかなり便利です。

特に銃と大砲は高火力なので、下手に近接武器で攻撃するよりダメージが出ます。

守護霊と妖怪 (天眼孔雀・最強説)

前作だとやたら性能差があった守護霊なんですが、全体的にマイルド化しました。特に序盤はどれでも大きな差は生じませんが、前半の終わりあたりで入手できる天眼孔雀だけは別格の強さです。

「アムリタ吸収で構えに応じた有利効果」というのが強力で、上段のときに攻撃力が大幅に増加します。またマップ上の敵、宝箱、木霊などの位置を表示してくれるので、初見でも相当に役立ってくれます。

守護霊に装備させる妖怪の魂代に関してですが、

  • 夜刀神: 高火力で入手が速い
  • 濡れ女: 人間の敵に刺さる
  • 鬼火: 属性付加
  • 火車: HP回復付きで範囲攻撃

1章のボス妖怪である「夜刀神」は、弱体化しているので影響力が低下しました。それでも序盤なら最有力の一つです。打点が高いので、複数に囲まれたら頼りになります。

スキル

取得条件が異なるのが不親切。

  • 武器スキル: 武器でダメージを与える
  • 妖怪スキル: 妖怪を倒して魂代を入手する
  • 忍術: それっぽいアイテムを使う
  • 陰陽術: それっぽいアイテムを使う

妖怪スキルは放置気味でも問題ないですが、他は意識して伸ばす方が良いです。

メイン武器以外の攻撃手段、各種アイテムも積極的に使うと、それに関連したスキルが伸びやすくなります。お札やバクダンは大型の妖怪等には積極的に使って、忍術や陰陽術のスキルを伸ばしておきたいです。

なお仙薬(HP回復)、矢、弾薬、お札などの消耗アイテムの一部は、社の奉納画面から、神饌米と引き換えに貰えます。余った武器はどうせ使わないので、さっさと奉納して、各種アイテムに変えてしまう方が良いです。

シェアする

フォローする