仁王2: 有用な守護霊のまとめ

シェアする

前作から引き続いての要素になる守護霊のまとめです。

前作からすると、魂代という装備要素が追加された分だけ弱くなっていますが、やはりゲーム与える影響力は高いです。

特に幻タイプ守護霊「天眼孔雀」の性能は突出しており、v1.09現在においては一択に近い情勢になるくらいの優秀さになります。1週目の攻略難易度にも大きく関わっており、3章の暗影編になったら真っ先に入手しておきたいです。

他の守護霊に関しては、天眼孔雀の影響が大きすぎて限定的になっていますが、アトラスベア、猫又、六牙象、玄武などが優秀です。

最強の守護霊(v1.09)

ほぼ一択になってる守護霊。

天眼孔雀

  • アムリタ吸収で構え別の有利効果
  • 属性付与の持続 +10%
  • 属性攻撃で妖力加算 A
  • マップ強化(全部)

天眼孔雀はv1.09における最強の守護霊と言って良いだろう高ステータスな魂代になっています。揃え効果が纏まっていて隙がないです。

最も重要なのがアムリタ吸収で様々なバフが掛かることですが、他の守護霊に纏わるものと比べて段違いに強い効果を持ちます。上段の攻撃力増強は斧の武技「烈火」に並び、中段の速い攻撃なら+64%ダメージにもなりますし、中段の防御増強、下段の気力回復増強と合わせて、かなり優秀なユーティリティになっています。

単体だとアムリタ放出が条件になりますが、陰陽「奪霊符」を使うことで簡単にクリアでき、複数のバフを同時に掛けることも難しくありません。妖怪技「餓鬼」を使うという方法もあるでしょう。

また属性系の効果も強化され、妖力も増えやすくなるのは、属性攻撃が大前提になる2週目以降で腐ることがありません。属性攻撃が主体になる守護霊召喚との相性もバツグン。

1週目においては敵の位置、木霊の位置、宝箱の位置をマップ上に表示してくれる効果もかなり重宝するでしょう。

総じて1週目でも、2週目でも攻略難易度を大きく下げてくれる優秀な守護霊で、v1.09現在においてはアムリタ吸収バフだけでも1択に近い状況です。特化ビルドを組んだときのバフ幅よりも、天眼孔雀単体の方がバフ幅が大きいため、多くの守護霊を下位互換に近い状況に追い込んでいます。

欠点といえるものが、妖怪特技が幻であることくらいなので、まず一強と言っても良いと思います。

初期選択の守護霊について

真神

  • 近接攻撃の気力 -10%
  • 追い打ちのダメージ +12.5%
  • 妖怪技のダメージ +15%
  • 猛の妖怪技ダメージ +5%

最初に選択する守護霊の1柱のうち、最も優秀な守護霊が真神になります。猛の守護霊としてもアトラスベアに並んで、選択肢になりやすい存在だと思います。

まぁ前作の禍斗みたいなぶっ壊れではないですが、総合力が高いので腐りにくいです。

タイプに関わらず妖怪技のダメージが増えます。猛の豹尾神、迅の猫又、幻の白澤をサブ守護霊にすることで、妖怪技のダメージが更に増やせます。妖怪ビルドにも使えます。

最初に選ぶ3つの守護霊では恐らくは一番優秀な守護霊だと思います。RTAなら走る速度が上がる天御鳥でしょうが、普通のプレイなら真神選択の方が無難です。

猛のお勧め守護霊

妖怪特技は最速で叩き込めばOKで、インファイトをする場合には最もカウンターが取りやすい守護霊になります。

ただし、最終的には不人気な感じ。

アトラスベア

  • 近接攻撃のダメージ +5%
  • ダメージ反映(気力残量の少なさ)

汎用型の攻撃守護霊です。

ダメージ反映(気力残量の少なさ)は、攻撃を始めるときの気力残量の割合に応じて与ダメージに補正が掛かります。これが結構強力で、残り20%くらいになれば+20%ダメージに近い数値をマークします(近接攻撃のみ)。

魂代に与える補正値も攻撃寄りで、近接ダメージ+5%も平時から掛かります。

天眼孔雀のアムリタ吸収・上段バフには及びませんが、総合すると攻撃に掛かる補正が高く、奪霊符などの仕掛けもいらないので、優秀な守護霊だと思います。

迅のお勧め守護霊

妖怪特技で高速移動ができる点が優秀な守護霊群になります。回避目的に使えるので、技の隙消しやら緊急回避やらで、カウンターが取れなくても重宝します。

ここでは紹介しませんが、RTAなら走る速度が10%上昇する初期守護霊「天御鳥」はお世話になるでしょう。

あんまり汎用性のある守護霊がおらず、特化ビルドのパーツみたいな守護霊が多いです。

糸繰

  • 幸運 +40
  • 妖怪技に麻痺付与 +50
  • 敵の麻痺蓄積 +15%
  • ドロップ率 +5%

幸運、ドロップ率の補正によって、2週目の収集に役立つ守護霊であり、麻痺ビルドを構成するためのパーツになっています。

八咫烏

  • 矢玉が消費されない +20%
  • 遠距離攻撃に火属性付加 +50
  • 火の敵への近接ダメージ +15%

遠距離攻撃の強化に加えて、火属性ビルド時に打点を伸ばす目的で使えます。

ただし、火の敵への近接ダメージ +15%程度では、奪霊符を付けた天眼孔雀には太刀打ちできないので、属性ビルドで守護霊枠を割く価値がないのが現状ですが……。

猫又

  • 投擲武器のダメージ +5%
  • 迅の妖怪技ダメージ +20%
  • 特技・迅の無敵時間延長
  • 忍術命中で妖力加算

忍術系のビルドを組む時にはかなり使い勝手が良い魂代です。1週目ならクナイなどと組み合わせれば良いですし、より火力を求める場合や、2週目以降の場合なら幻術を組み合わせて降下を発揮します。

幻のお勧め守護霊

先に紹介した天眼孔雀が幻の最有力です。

六牙象

  • 妖力最大時の妖怪技ダメージ +25%
  • 頑強さ +20
  • 直前ガードで妖力加算 +3.0

ガードで妖力を溜め、そこから反撃を狙うという形式の守護霊です。

直前ガードで妖力加算がかなり優秀で、目視で狙っていける割に妖力の伸び方が強烈です。例えば猛の守護霊に共通している「ガードによる妖力加算量 A」だと、1000近いダメージをガードしても0.2くらいしか妖力が増えませんが、六牙象の「直前ガードで妖力加算」だと、その10倍以上が加算されます。

魂代「外道兵」をセットすることで、直前ガード時の妖力加算を更に増やすことができ、軽量の妖怪技ならポンポン撃てるようになるでしょう。

もう妖力の伸び方が全然違うので、妖力最大で妖怪技を撃つのも難しくありません。副守護霊で更に妖怪技のダメージを伸ばせば、かなりのダメージソースになってくれます。

頑強さ +20も、頑強Aを目指すときの補助にはなるので、軽装、中装メインの場合の微調整に使えます。

玄武

  • 守護霊召喚で強制ダウン
  • 陰陽術の発動動作中に怯まない
  • 攻撃の被ダメージ -5%
  • 属性の被ダメージ -15%

前作から引き続き、かなり優秀な防御特化、陰陽術型の守護霊です。

物理攻撃に対しても、属性攻撃に対しても高い耐性を持っています。装着している魂代に与える防御補正も1.25倍と大きめ(代わりに攻撃が0.8倍ですが……)。

また守護霊召喚時に発生する水柱は、人間の敵などをダウンさせる効果を持っており、追い打ちで更なるダメージを引き出せます。陰陽術「守護霊召喚符」との相性は抜群です。

夢喰み

  • 近接気力ダメージ +20%

近接攻撃で敵の気力を削りやすい守護霊です。

気力削りの優秀な武器と組み合わせたいところで、人間の敵に強くなります。

シェアする

フォローする