仁王2: 旋棍の運用に関しての覚書

シェアする

旋棍は連撃にる、連撃のための武器です。鬼舞や流転によるコンボ継続が必要になるので、バリバリの初心者向けというわけではありませんが、妖怪相手を得意とする高火力型の武器になります。

手数が多いので属性効果を掛けやすく、リーチの短さも技モーションの優秀さが補ってくれるので、大きな欠点にはなっていません。奥義「劫火」のバフ効果が強力な上に、それと相性が良い技が多い。

専用の武器OP「仕込み旋棍」によって、瞬間的な火力も出せます。武器を選別する際には、まず仕込み旋棍が付いていることが大事です。焼き直しでは付けられません。

基本の運用

飛び込みからの連続攻撃でダメージを稼ぐ、コンボ型の高火力な武器です。意外とシンプルで行動パターンが一貫していて、慣れれば簡単に扱えるようになります。

主な攻撃構成は以下のパターンになります。

  • 中段の速攻撃(*n) → 鬼舞 or 灰燼
  • 上段の強攻撃 → 鬼舞 or 紅蓮
  • 下段の強攻撃 → 鬼舞 or 紅蓮
  • 鬼舞 → 砕波 → 鬼舞 → 砕波 → (*n)

中段の速攻撃は前方へのリーチが長く、隙が小さい割に火力があるので、武技「灰燼」に繋げる際も有力な攻撃になります。敵と密着している状態からの攻撃などに使います。

飛び込みには上段の強攻撃、下段の強攻撃を使い、武技の「天上蓮」か、「紅蓮」に繋げるのが有力です。隙が小さいのは下段の強い攻撃ですが、打点は上段の方が高いです。

そして状況に応じて鬼舞、砕波のコンボで追撃を狙い一気に敵のHPを削り取ります。

鬼舞は攻撃をキャンセルしつつ、構えを変える武技ですが、そこから繰り出せる砕波の打撃力が優秀です。奥義「劫火」を採用しているときには、単体の火力としても灰燼を超え、旋棍では最もDPSが高くなります。

「劫火」の与ダメージ増化がかなり優秀なので、取りあえずはそっちを試してみることをお勧めします。「神薙」は回避目的の防御的なスキルです。

有力な武技

鬼舞 & 砕波

旋棍を使っているときに残心すると、後退が付いた鬼舞に変化します。他の武器には攻撃に変化するものもありますが、鬼舞の場合は残心とほぼ同じと考えて良いです。

そんな鬼舞から出せる連携攻撃が砕波で、最大で9発の連撃を繰り出します。旋棍の武技ではトップクラスの火力を誇り、「乱獅子(ガード中に)」などの一般的な武技の3倍ちかいダメージ量を持ちます。

通常攻撃の直後に鬼舞をして、そこから砕波を単体撃ちするだけも強いですし、鬼舞→砕波→鬼舞→砕波と、二つを交互に繰り返すことができます。状況に応じて猛ラッシュを掛けられる突出した武技です。

奥義「劫火」によるバフ効果との相性も良く、それを取得したあとでは更に高火力化して、仕込み旋棍「灰燼」をも超えるDPSを持つようになります。

灰燼 & 紅蓮 (仕込み旋棍)

  • 灰燼 (速攻撃 → 強攻撃)
  • 紅蓮 (強攻撃 → 速攻撃)

どちらも「仕込み旋棍」の特殊効果を武器に付けていると、爆発による追加攻撃が発生する武技です。

仕込み旋棍なしでも使える競合武技より、基礎ダメージ量が高めで、火のダメージも加算されます。一般的な武技と比較して灰燼が2倍、紅蓮が天上蓮の1.6倍くらいのダメージ量を持ちます。

灰燼は紅蓮よりもヒット数が多く、ダメージ量でも勝ります。派生元が速い攻撃なので、高性能な中段から使う場合が多いです。主に密着状態からの切り返し、小型の敵への瞬殺狙いで使います。

紅蓮は灰燼に比べてダメージ量に劣りますが、派生元が強い攻撃であるため、離れた敵に飛び込みで使うのに適しています。特に下段の強い攻撃は隙が小さく、前方へのリーチが長いので、様々な場面で使うことになります。

なお両者とも高火力なのですが、踏み込みが弱いので鬼舞に繋げにくいという欠点を持っています。壁を使って後退を防がないと、理想的なラッシュにはなりません。

流転(残心直後に構え変更)してから、下段の強攻撃で紅蓮の追撃が間に合いますが、結構シビアです。

絶招寸勁

オーソドックスな溜めからの突進技です。

どの武器にしても、この手の武技を1つ覚えていると便利だったりします。上段専用の寸勁より発生が遅いですが、飛び込み距離が長いのが強みです。

寸勁の距離なら上段の強い攻撃が届くので、どうせ使うのならこっちで良いかと。

なお競合武技に秘伝書「修羅連舞砕」がありますが、絶招寸勁の方が安定するので、そっちを使うことは無いです。

秘伝書

修羅連舞砕

修行ミッション「紫電のごとく」で服部半蔵からドロップ。

技の内容としては、刀の「流影斬」みたいなものです。そっちが全然使われて無いように、こっちも使えません。

競合武技の絶招寸勁が強いし、安定するので、わざわざ不安定な技を使うこともなかろう。

奥義

二種類あるんですが、基本的には「劫火」で良いと思います。ダメージの伸び方がえぐいです。

劫火

短時間に連続して敵に攻撃を加えることで、与ダメージが徐々に増強される奥義です。

  • 2発目: ダメージ増化+5%
  • 3~16発目: ダメージ増化+2.5%(累積)

16連続攻撃で強化の上限値に達し、累積ダメージ増化は最大+40%です。

連続攻撃になった時点で防具の揃え効果並の強化が掛かりますし、意識しなくても20%程度のバフは普通に掛かるでしょう。例えば、中段の速攻撃から灰燼を撃つだけでも、爆風のダメージが10%伸びます。

下段強→天上蓮→鬼舞→鬼舞と繋げるだけで、あっという間に+40%に達するので、ここから鬼舞と砕波をひたすら繰り返せば、仕込み旋棍なしでも特大ダメージが出せます。

少し操作が複雑になりますが、流転(残心時に構えを変える)を使って灰燼連打に繋げれば、やや過剰気味の打点にもなります。

この手の条件付きダメージアップは、各武器の奥義として採用されていますが、その中でも突出した強化率を持っており、薙刀鎌なんて5回分の転変を付けても+18%なので、明らかに強化の効率が違います。

同じ連打強化でも装備効果などの「連続攻撃によってダメージ増化(A)」は、最大でも12.5%の強化しか掛からないので、それとは一線を画す強さだと考えて良いでしょう。

神薙

武技を鬼舞でキャンセルできるようになる奥義なんですが、対抗馬の劫火が強すぎて、攻撃に寄与する効果には繋がりません。

神薙で武技をキャンセルして手数を増やすにしても、劫火の圧倒的な効率に太刀打ちできないと思います。

武技の後隙をジャストタイミングでキャンセルしたとしても、果たして10%のダメージ増化もあるだろうか……。

なので攻めというよりは、守りの奥義であり、隙を晒す武技をスカったときの保険って側面が強いのだと思います。連撃系の武技を使いやすくなりますし、鬼舞からのカウンターもかなり狙いやすくなります。

装備とステ振り

対応ステータスは体、勇、忍の3つで、必然的に体極振りか、忍極振りになります。勇のステータスはそもそも極振りする利点に乏しいので、あんまりやらない方が良いです。

体極振りにした場合、HPが伸びるので重装との相性が良くなって、ごり押しで連撃を叩き込めるようになります。

忍極降りにした場合、属性系忍術を使って混沌やられを積極的に狙えるようになります。

旋棍の属性

素直に進めるのなら、仕込み旋棍との相性を考えて火ダメージを乗せるのが手です。

劫火との相性を考えるのなら、連撃ヒットを出しやすくするために、敵の動きを遅くする雷属性、気力を削りやすい浄属性も良いでしょう。

また浄属性の武器にはガード残心できる機能が付くので、ガードで敵の攻撃を受けてから鬼舞、砕波と繰り出せるようになります。砕波は敵に弾かれにくいので、人間相手への置き技として便利です。

ただし浄属性は焼き直ししても特殊効果に出てこないので、仕込み旋棍と共存させるのが難しいです。

防具の選択

対応した揃え効果の防具もないし、忍系は軽装ゆえに将来性がないしで、逆に選択肢が多くなっているパターン。

  • 東国無双5 (体極振りの場合)
  • 盾無4
  • 独眼竜6 (連撃に特化する場合)
  • 神算鬼謀4 (火属性特化の場合)

特殊効果をばらまくにしても、突出した武技がないので、汎用火力型にするのが無難な気はします。

奥義「劫火」が連続攻撃を求めてくるので、重装の方が安定するでしょう。頑強さで攻撃を潰されにくくなりますし、相打ち状態でも強引にコンボを繋げて、火力を維持しやすくなります。

独眼竜の揃え効果で連続攻撃でダメージ増化を付けても良いですが、その効果幅は5連撃で12.5%なので、劫火ほどの劇的な効果は見込めないです。いうて連撃技が多いので、相性は良いのですが。

シェアする

フォローする

『仁王2: 旋棍の運用に関しての覚書』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/05/23(土) 15:42:49 ID:081b73d19 返信

    仕込み旋棍は焼き直しでも付きますよ