クリア後の感想と評価: モンスターハンターワールド

シェアする

  • ストーリー: 3点
  • グラフィック: 7点
  • サウンド: 5点
  • ゲーム性: 4点
  • 作り込み: 5点
  • 10点: 史上最高(100年に1度)
  • 9点: 10年に1度の水準
  • 8点: 年間トップクラス
  • 7点: 十分におすすめできる
  • 6点: 普通水準で、おすすめできる
  • 5点: 普通水準
  • 4点: 明らかな失敗が見て取れる
  • 3点: 良い部分がない
  • 2点: 失敗では済まされない
  • 1点: 史上最悪(100年に1度)

ゲーム概要

モンスターハンターシリーズは、以降そのクローンとも言える存在が多数登場した狩りゲーの開祖にあたるアクションゲームです。

フィールドに棲息する巨大モンスターを、馬鹿でかい武器を振り回して倒すことが主な目的で、アクションゲームとしてはかなり大味な部類に入ります。その分だけアクションゲームとしての敷居は低めで、特段プレイスキルが要求されるような内容では無いです。

本稿では基本シングル前提の評価になりますが、協力マルチゲームとしても敷居は低い方です。戦闘において役割分担も要らないですし、連携が求められたりもしないので、よくも悪くもカジュアルな仕様になっています。

これが普段CooPなどのゲームをしない一般層に受けて、PSP時代には驚異的なソフトウェア装着率を誇っていました。当時私は大学生でしたが、PSPを持っている人はみんな持っているという状況でした。

そんなこんなでPSP時代に大きく躍進し、ファミリー向けのWii、3DSにハードを移して地盤を固め、以降CooPの入門作的な立ち位置を確保した作品群です。

そんなモンハンシリーズも長らく続いてきてはや何作目やら……。本作では久々の主力据え置き機にハードを移し、新たなる番外タイトルとしてリリースされましたが、中身の進歩が見られないという点に大きな問題を抱えています。

ストーリー

  • 少年漫画的
  • 加点要素なし
  • 特に中身がない
  • キャラクターに魅力がない
  • 世界観が滅茶苦茶

端的に言って、ストーリー性に期待するようなゲームでは無いです。

特に細かい描写があるわけでもないし、ストーリーパート事態に存在価値がない。旨いとか、不味いとか以前に味がしません。

多分、団結心と主人公が頼りにされてる感を演出したかったんでしょうけど、アホすぎる作戦に誰も異を唱えないから、全員中学生レベルの知能なんだなぁ……って思いました。

目立った減点要素はないですが、そもそも加点要素もないし……。評価以前の問題だと思ってもらって良いかと。

グラフィック

  • ムービーの完成度が高い
  • モンスターデザインの良さ
  • フィールドが写実的に
  • 不気味さの谷
  • 雑過ぎる服飾等のデザイン

本作における目玉要素であり、唯一明確に改善、進歩した要素と言えるでしょう。近年のCAPCOMはゲームとしては微妙な作品ばかり連発していますが、3Dモデリング等では秀でています。

どうせ二回目からは飛ばすだろう料理ムービーに、そこまで力を入れる必要があるのかとは思いますが、優れた映像作品になっています。

モンスターのデザインは無難に力強いモチーフを使っていて好印象。 ゾロ・マグダラオスとネルギガンテは元ネタ「ゴジラvsデストロイア」の2大怪獣だと思われます。設定も類似性が見られますし、劇中でパロディ的なムービーもあるので多分あっているでしょう。

ゴジラvsデストロイアは私が小学生だった頃の映画

一方でキャラクターデザインについては癖が強いです。美男美女が揃っている筈なのに、愛着を抱きにくく、また不気味さを感じるのは何故なのだろう……。

服飾等は作りに一貫性がないのでコスプレ感が強くて、ダサさが先行する結果になっています。これは旧作もそうなんですが、フォトリアルに寄せたせいで、違和感が更に強くなりました。

サウンド

  • 手堅いキャラクターボイス
  • 平凡な新スコア
  • BGMの使いどころに違和感
  • 英雄の証ぇ……

全体的に平凡で突出した部分が無いです。

名曲「英雄の証」も今回はアレンジがヒットしなかったので、今一つで盛り上がりに欠けました。というか、変則的なイベント戦で使うのは止めておいた方が良かったかと。

ゲーム性

  • 初心者向けの戦闘デザイン
  • 武器の選択肢が多い
  • 挙動に爽快感が無い
  • アクションゲームとしての軸が無い
  • アクションゲームとしての発展性が無い
  • 探索要素が生きていない
  • 討伐のテンポが悪い

従来作からお手軽COOP以外に評価できる部分がないゲームでしたが、それらの駄目な部分はほぼ踏襲しています。多少はシングルプレイに耐えられるよう苦慮しているようですが、相変わらずゲームとしての拡張性に乏しく、アクションとしてやり込むには難しい面を持ちます。

それが作為的なものか、偶発的に生まれたものかは定かではないですが、重量感を出すために敵も味方も動きが鈍重なのが、操作速度に付いてこられずに脱落するプレイヤーをフォローしました。良くも悪くもルーズであり、それ故に初心者向けだと思います。

モンスターの挙動、AIは不出来なんですが、ハンターの無敵回避やら、双方のリーチの差が顕著なことから、多少ガバっててもゲームとして耐えられています。過去には難易度を盛るためにアホな攻撃を追加しているケースもありましたが、シビアな操作や臨機応変な対応はゲーム中で求められません。

あくまでシングルとしての評価なので、ここでは突出して触れませんが、マルチの方向性もかねがねそんな感じなので、スローライフアクションというのが正しいジャンルなのかもしれません。

そんなわけで普段ゲームをしないような層にも受けて、PSPの頃には驚異的なPSP対所有率を誇ってました。学内では右も左もPSP+モンハンだった時代もあったわけですが、反面アクションゲームに慣れているほど駄目な部分が目立ってきます。

無駄に敵が堅いし、攻守の切り替えテンポも悪いし、絶えず作業感が付きまとうという致命的な欠点を持ちます。

あり手にい言えば、本編が丸ごとトレーニングモードみたいなゲームであり、それ以外の遊びは存在しません。武器は色々あっても、やってることが同じなのですぐに飽きてしまいます。

ゲーム部分の抜本的な改革がない限り、平凡レベルにも到達できないと思います。後発のアクションゲームが色々と考えているのに、未だにPS2時代のシーラカンスです。

作り込み

  • 目立つバグがない
  • 煩わしい要素が僅かに改善
  • 空間を無駄なく使ったフィールド
  • 新しい要素が噛み合っていない
  • チュートリアルが弱い
  • 抜本的にコンテンツ不足
  • UIが時代遅れ、煩雑
  • 武器、アイテム等の整理が必要

煩わしかった素材集めの負担がある程度緩和され、使った素材が還ってくるなどの優しい仕様になりました。

そんなことするなら、最初から特定討伐でアンロック、拠点の製造能力が成長していく仕様にして、制作そのものには素材を使用しないにする方が自然だったとは思いますが、悪かった部分を緩和したという点で評価できます。

惜しむらくは旧習に捕らわれすぎている、あまりに定着しすぎて変えるに変えられなくなっている部分が多数存在することで、武器まわりやアイテム等に抜本的な改善が必要です。そもそもチュートリアル等がお座なり過ぎて、ゲームの内部で完結していないことに問題があります。

モンスターが弱って足を引きずり始める、敵の目の前でも平気で眠りこけるなどの、所謂モンハンらしい誇張行動もこうリアルよりなグラフィックになると不自然さが目立ち、世界観の完遂としてはマイナスになります。

新要素にしてもゲームの軸になるような要素ではないし、旧要素が完成度にマイナスとして機能しているので、良い評価を付けにくいです。

アクション性の高いゲーム、シミュレーションとして優れたゲーム、リプレイ性の高いゲームが数多にあって、それぞれの該当作に比べれば、露骨に見劣りする面は否めないものの、取り敢えず過去作以下になることだけは免れていると言ったところです。

狩りゲーとして成熟させるにしても、アクションとして洗練させるか、自由度を上げてシミュレーションとして完成度上げるか、それ以外の遊びを付加するのか。どの道を選ぶにしても、本作「モンハンワールド」はその過渡期にあたる凡作といった雰囲気です。

プロジェクトとしては妥当だったのかもしれませんが、もうちょっと挑戦すべきだったというのが正直な感想です。

コメント

  1. 匿名 より:

    武器デザインが使い回しだらけなのは時間が無かったんですかね。これ作ろうかなと思ってもデザインの違いが申し訳程度に貼り付けた皮とか鱗だとモチベーションが…

  2. 匿名 より:

    うーん、メインテーマの星に駆られては英雄の証と違った雰囲気でMHWには合ってると思うし、ネルギガンテのBGMも恐怖感もありつつかっこよく仕上がってるしサウンドは文句ない。
    モンスターもバゼルギウスとかかなり個性あるし、ネルギガンテも古龍を喰らう古龍となかなか面白いモンスターだと思う。
    武器に関しても、ランスや大剣は地味かもしれないが、弓やスラッシュアックスは今作でかなり変わっていてかなり爽快感がある。

  3. 匿名 より:

    レビューお疲れ様です。

    今回のモンハンは過去最高傑作だとおもいます。

    終盤になると、サンドバッグを叩くトレーニングモードが続く、とは上手い例えですね。
    まさにその通りですね。

    筆者様の感性で、ブラッドボーンやデモンズソウルのレビューを読んでみたいです。
    (良い意味でです)

  4. アラサーソロハントレス より:

    お言葉ですが操虫棍やチャージアックスやスラッシュアックス等の他のゲームには無いオリジナリティ溢れる素晴らしい武器の攻撃モーションの良さがわからないなら、貴方にはどのモンハンシリーズも肌に合わないと思われます!
    それと肝心な特にソロで大切な相棒であるオトモアイルーについて一切触れられていないのが大いに不満です!

  5. 匿名 より:

    大体同意ですが退屈さを際立たせた痕跡集めと装備、モンスターのボリューム不足について指摘がないとは思わなかった
    そこだけでももう少し頑張れば旧作ファンからの批判はなかったでしょうね

  6. ネオ より:

    ストーリー性が無い?
    何を仰ってるのか…
    ストーリー性はあるでしょ
    新大陸に来た理由もちゃんと説明があるし
    あなたに理解力が無いだけでは?

  7. 匿名 より:

    >古龍を喰らう古龍

    それラスボスだろうがゴラァ!

  8. 新大陸行きの船に密航してきたが、何をすれば良いか分からないため、取り敢えず挑発の装衣で至る所を闊歩し、問題を引き起こす受付嬢代理 より:

    同意できる所が多々あり、mhwを楽しんでいる方がこのレビューを見ると批判すると思います。中学2年生から始めたモンハンは自分が経験してきたゲームの中で一番思い入れがあって、今作品の出来が良くも悪くも、楽しく遊ばせて頂きました。
    次回作を大いに期待しておきます・。・b