フォートナイト: アンヴィルロケットランチャーの性能と使い方

シェアする

アンヴィルロケットランチャーはv20.0で追加された新しい爆破武器です。ロケット弾を消費して、乗り物を追尾するホーミング弾を飛ばせます。

着弾までに時差があるので、対人用途にはまず使えませんが、車両に対しては高い制圧力を持っています。

明確な対策装備なので、メタ対象がどれだけ強いか次第。終盤に戦車が残っているパターンがあまりに少ないので、最後まで保持しても活躍の機会が少ないのが欠点です。

データ

武器一覧
項目アンヴィルRLアンヴィルRLアンヴィルRL
レアリティレアエピックレジェンド
発射形式ロックロックロック
ダメージ101106111
対物ダメージ600630660
横射程5.12m5.12m5.12m
縦射程5.12m5.12m5.12m
連射速度16 RPM17 RPM18 RPM
装弾数1発1発1発
リロード時間3.6s3.42s3.24s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s
対人DPS273033
対物DPS160178198

簡易解説

対車両破壊兵器

トップアタックモード固定のロックオン式ランチャーです。

ターゲット状態で乗り物を狙うことで対象をロックできます。ロックに要する時間は1.5秒です。ロックしておくと、発射されたロケット弾が車両を追尾します。

車両に与えるダメージ量は下限でも600あり、一般的な車両は1~2発で、戦車などは4~5発で破壊できるダメージ量です。

相手はロックされないように逃げると思うので、戦車相手に決定打になることは珍しいと思いますが、よほどの遭遇戦でない限りは一方的に退けられるでしょう。

戦車で一番の脅威になるガンナー席に直接攻撃できるのも魅力です。ストライカーBRなどの高精度なライフルを組み合わせれば、機銃手の排除も容易になります。

対人攻撃・対物攻撃には不向き

ロックオンなしでも撃てるので、車両以外も一応は攻撃できますが、ロケット弾の弾頭はトップアタックモード固定なので小回りが効かない弱点を持っています。

10メートル先のプレイヤーを攻撃するに際しても、回りくどい旋回をしてから、約5秒後に着弾するので、攻撃の効率がかなり悪いです。当たれば100越えのダメージになるものの、着弾地点が赤く光るので命中には期待できません。

遮蔽物を排除する目的で使うにしても、大抵の場合はSMGなどを撃ち込む方が速いでしょう。

連射力がかなり低いので大きな建物を壊すのも苦手で、《フラググレネード》や《ホタルのビン》を使う方が速いです。補給がしにくい点を差し引いても、終盤での信頼性には大きな差があります。

遠距離から草むらを破壊できる点は便利ですが、それだけのためにアイテムスロットを埋める価値があるかは怪しいです。

対人性能、対物性能は限定的であるため、終盤にどれくらい車両が残るかで、この武器の評価が決まると見て良いです。戦車だけでなく、乗用車も多用するのが定着すれば、選択肢として有力になるのかもしれないです。

武器比較

武器一覧
項目ロケットランチャー誘導ミサイルアンヴィルRL
レアリティ
発射形式セミオートロックロック
ダメージ13077111
対物ダメージ330440660
横射程5.12m5.12m5.12m
縦射程5.12m5.12m5.12m
連射速度24 RPM27 RPM18 RPM
装弾数1発1発1発
リロード時間2.5s2.2s3.24s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
持ち替え速度0.7s0.4s0.4s
TTK100HP-2.222s-
対人DPS523533
対物DPS132198198

通常のロケットランチャーに比べると、露骨なまでに対車両へと寄っています。対人についてはダメージ量も、命中期待値も大きく低下しました。また建築への差し込みとしてもかなり使いにくいと思います(実際には不明瞭ですが)。

アンヴィルロケットランチャーの原型としては、史上初の保管庫送りとなった《誘導ミサイル》の存在が挙げられます。チャプター1・シーズン3のときに実装されたのですが、非難が殺到してお蔵入りになってしまった経緯を持ちます。

アンヴィルロケットランチャーはそんな誘導ミサイルを不自由にした代わりに高威力にしたみたいなもので、撃った後に別の武器で攻撃したり、移動したりできるという点では優れています。絶世期の誘導ミサイルは無理でも、弱体化したあとのそれと比べるならば、同水準くらいの能力があるのかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    元ネタはジャベリンかな?

  2. 匿名 より:

    今までにないタイプのランチャーだから楽しい