フォートナイト: ロケットランチャーの性能と運用ガイド

シェアする

ロケットランチャーはフォートナイトのシーズン1から登場している伝統的な武器です。

エピック以上になると、見た目が変わるようになっています。

データ

武器一覧
項目ロケットランチャーロケットランチャーロケットランチャーロケットランチャーロケットランチャー
モチーフRPGRPGRPGSMAWSMAW
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式セミオートセミオートセミオートセミオートセミオート
ダメージ7085100115130
対物ダメージ270285300315330
横射程5.12m5.12m5.12m5.12m5.12m
縦射程5.12m5.12m5.12m5.12m5.12m
発射レート12RPM14RPM17RPM19RPM24RPM
装弾数1発1発1発1発1発
リロード時間4.7s4.1s3.5s3.1s2.5s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s0.2s0.2s
持ち替え速度0.7s0.7s0.7s0.7s0.7s
TTK100HP5.000s4.286s---
対人DPS1420283652
対物DPS546685100132
最終更新日:2020/2/25

武器解説

直進性の高い信管付きロケット弾です。なにかに触れると爆発し、周囲5.12メートルを爆破します。

ゲームの最初期から存在する武器で、1度も保管庫送りになっていない数少ない武器の一つ。

対人性能も、対物性能もバランス良く高く、敵の足止めに際して優位性があります。直撃を無理に狙わなくても、位置取りにおいて大きな役割を果たしてくれるでしょう。

ロケット1発あたりのダメージ量が多いので、希少性の高いロケット弾を温存できることも強みです。

ロケットランチャーにはアンコモンレアの間に強さの境界が存在し、レア以上になることでHP100までの敵なら1撃で倒せるようになります。合わせて石材までの壁なら確定1発になるので、敵陣地への攻撃能力が変わってきます。

レアリティ1段階の差が大きな武器なので、余裕があればアップグレードしておきたいです。

変更点

リリース当初からはかなりの変更が見られます。

v4.3まで

  • 対物ダメージに貫通効果追加
  • ロケットランチャーのリロード時間増加(全て+1秒)
  • ロケットランチャーの持ち替え時間増加(0.4秒 → 0.625秒)
  • ロケットランチャーの対物ダメージ減少 (425 → 375)
  • ロケット弾の最大所持数減少(999発 → 12発)
  • ロケット弾の1クリップ弾数減少(4発 → 2発)

ロケットランチャーを連続投射するスパム攻撃が段々と弱体化し、その代わり1発の破砕能力が増化しています。

初期は1強だったロケットランチャーも大分弱くなりましたが、v4.5では全ての爆発物に壁を貫通する効果が追加され、依然として高い影響力は維持しています。前から壁貫通だったリモート爆弾は相対的に弱くなりましたが、それにグレネードランチャーを加えて、爆発物の3強体勢を作っています。

v6.2

  • 対人ダメージの貫通効果追加

クラフトの後ろにいるプレイヤーにも爆風が当たるようになりました。

しかし、このパッチは3日のうちに取り消しになりました。

これまでも対物ダメージは有効範囲の中まで100%のダメージが貫通していましたが、v6.2.1のパッチで対人ダメージも25%が貫通するようになりました。これによって爆発物の影響力が更に拡大したので、最終決戦までにはまず手に入れて置いた方が良い装備になっていましたが……。

v11

  • 下位レアリティの追加(コモン、アンコモン、レア)
  • 対人ダメージの増減(116/121 → 115/130)
  • 対物ダメージの低下(394/416 → 315/330)
  • 上位のリロード速度上昇(3.4s/3.2s → 3.1s/2.5s)

対物ダメージこそ減少しましたが、既存レアリティのリロード速度が上昇するなど、取り回しの面が大きく向上しました。

レアリティ間の差も大きくなっており、アップグレードの対象としても有力候補です。

温故知新。リリース当初を彷彿とさせるバランスへの回帰が見られる調整が多いです。 特筆すべきはロケットランチャーが過去最強の状態まで引き...

シェアする

フォローする