Cod MW: STRIKER 45の性能と運用ガイド

シェアする

シーズン2のバトルパス武器。射程の長さが武器の得意なSMGになっています。かなりARよりの立ち位置になっており、SMGのような使い方には向きません。

なおホローポイントは地雷です。

データ

STRIKER 45
項目STRIKER 45
弾薬45口径ACP
発射形式フルオート
ダメージ34 - 25 - 22 - 19
射程22m - 38m - 45m
発射レート600RPM
頭部倍率1.62x
手足倍率0.9x
装弾数25発
リロード1.75s
ADS時間0.2s
Sprint Out0.15s
腰だめ精度6.4 - 16.5
最大DPS340
最大威力キルタイム0.200s (22m)
最小威力キルタイム0.500s (45m~)
最終更新日:2020/2/14

武器解説

シーズン2のバトルパスで追加されたサブマシンガンです。45口径弾を使用しており、長い射程を武器とします。

最大威力の射程はアサルトライフル並の長さになっており、安定した運用ができます。

問題となるのはSMGとしては低めの近距離火力になります。発射レートが低いので、3HKといえどもキルタイムが悪くなります。

高火力、高レートタイプのSMG相手に、近距離で競り合うには不安が残ります。SMGが得意とするレンジの外側で闘うことになるでしょう。

発射レートが低いので、命中率が下がったときのキルタイム低下が大きいのがネックですが、3HKの範囲内であれば、AR相手には有利が取れます。

カスタマイズ

3HKの射程が武器なので、射程を伸ばすように調整するのが良いでしょう。

幸いバレル系のアタッチメントは充実しているので、それを軸にするのが良いと思います。

弾薬変更

以下のように変化します。

武器一覧
項目STRIKER 45STRIKER 45
弾薬45口径ACP45口径ホローポイント
発射形式フルオート2点バースト
ダメージ34 - 25 - 22 - 1948 - 38 - 24
射程22m - 38m - 45m12m - 35m
発射レート600RPM630RPM
バーストディレイ-0.125s
頭部倍率1.62x1.62x
手足倍率0.9x0.9x
装弾数25発25発
リロード1.75s1.75s
ADS時間0.2s0.2s
sprint_out0.15s0.15s
腰だめ精度6.4 - 16.56.4 - 16.5
最大DPS340305
最大威力キルタイム0.200s (22m)0.315s (12m)
最小威力キルタイム0.500s (45m~)0.631s (35m~)

ホローポイント弾は近距離でのダメージが大幅に増加します。48ダメージと強烈なので、2発当てれば敵は瀕死になります。

逆に言えば、2ヒットキルを取るにはダメージが足りない……。

それであるにも関わらず、発射レートはほぼ据え置きで、バーストディレイが追加されます。ディレイ込みのレート平均値は380RPMまで低下し、キルタイムが大幅に低下します。

射程の長いUZIと言えば良いのでしょうか……。

せめて近距離2HKが取れれば使う価値も出てきそうですが、現状だと明らかに弱くなります。

シェアする

フォローする

『Cod MW: STRIKER 45の性能と運用ガイド』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/02/16(日) 23:12:45 ID:e46ffb71a 返信

    ストッピングパワー+ホローポイント弾なら近距離2HKだったので、微強化されたチューンアップPEAK装備してストパの回転率上げたら一瞬だけ無双できるかも…

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/02/19(水) 14:39:41 ID:1b5e114d1 返信

    ノンアタ状態だと話にならない弱さで驚く
    戦闘力はuziよりマシだとしてもマガジン周りが致命的すぎる

    • 名前:匿名 投稿日:2020/02/23(日) 06:10:04 ID:62e0fee52 返信

      レートかなり遅いだろ