タイタンフォール2: トーンの機体スペックと、基本の立ち回り

シェアする

様々なサポート技能を持つ機体で、純粋な戦闘タイプではありません。攻撃的に動くのが苦手で、タイタン同士の戦いでは不利になりやすいです。

一方でパイロットに対しては高い制圧力を持っていて、チームに一人いると助かるポジションです。

機体データ

トーン
tf2_tone
  • 装甲10000HP
  • ダッシュ回数1
  • 走行速度9 m/s
  • メイン武装40ミリ トラッカーキャノン
  • 攻撃アビリティ追尾ロケット
  • 防御アビリティパーティクルウォール
  • ユーティリティソナーロック
  • コアアビリティサルヴォコア
武装一覧
項目40ミリ トラッカーキャノン追尾ロケットパーティクルウォールソナーロックサルヴォコア
武器ジャンルタイタン武装攻撃アビリティ防御アビリティユーティリティコア
タイタンダメージ330 - 330350 - 350--140 - 140
AT - クリティカル倍率1.5x1x--1x
弾速152m/sHit-Scan--34.4m/s
発射レート105RPM720RPM--1440RPM
装填数1261148
リロード / リキャスト3s-10s--
ゲージ消費-3track--コア100%
持続時間---144
ADS時間0.1s----
Sprint out0.25s----
最小キルタイム----0.042s
最大キルタイム----0.042s
最大DPS5781105--3360
最小DPS5781105--3360

武装の詳細は下記。

タイタンフォール2に登場するトーンの武装や、立ち回りの基本についてです。タイタン戦のメインにはなれませんが、様々な雑用を一挙にこなせるサポート系のタイタンです。

機体解説

メインアタッカーになるには不利な相手が多く、攻撃力もそこまで高くないのですが、様々な雑用を一挙にこなせるサポート系のタイタンです。

対パイロット

パイロットが自陣を荒らすのを防ぐことが重要な役割のひとつで、ソナーロックによる索敵は味方全体をサポートします。

敵パイロットに対しての制圧力が高く、敵タイタンのいないタイミングに落とすことができれば、三面六臂の活躍を見せます。ファーストフォール向けの一台で、味方パイロットの戦闘を助けつつスコアを伸ばせる機体になっています。

対タイタン

経戦能力が高いので、ダメージディーラーとしては結構優秀なんですが、DPS(時間当たりのダメージ量)においてはモナークに劣り、奇襲性においてノーススターに劣ります。

タイタンとのタイマンになると不利な相手が多いため、単独行動には危険が付きまといます。

真っ向きって仕掛けるタイプでは無いので、パーティクルウォール越しにチクチク敵タイタンをトラッキングして追尾ミサイルを撃ち込み、サルヴォコアに繋げる方が無難。

サルヴォコアは総ダメージはそこそこですが、瞬間火力だけはノーススターに続いて第二位です。トーンの持つ強みの1つなので、タイタン戦はこれに頼む方が安定します。

専用キットも安定してサルヴォコアに繋げるための、強化パーティクル、高性能追尾キット辺りを付けることが多いです。

タイタンフォール2に登場するトーンの専用キット評価や、各種カスタムのお勧めなど。一応攻撃型ではあるのですが、引き気味に戦うのがベターです。

トラッキング

敵タイタンに40ミリキャノンを当てる、ソナーロックを使うことで1トラックします。

トラック状態は敵の周囲に白い円で表示されており、合計3トラックすると追尾ミサイルを撃てます。

トラッキングは時間経過することで解除される他、ローニンのフェーズダッシュでも解除されます。

追尾ロケットは無駄なく使う方が良いですが、最速撃ちばかりだと読まれる可能性があるので注意。

有利不利

追尾ミサイルを当てないことにはダメージレースに勝てないのですが、それが難しい相手が結構います。

相性リスト(個人評)
シャーシ有利不利
イオン4 : 6
スコーチ6 : 4
ノーススター4 : 6
ローニン3 : 7
リージョン5 : 5
モナーク5 : 5
パイロット軍団6 : 4

得意な相手

みんなが得意なスコーチくらいしか有利が取れません。タイタン戦を得意とするタイプではないので、影から支援してコアメーターを溜め、サルヴォコアを狙う方が建設的です。

パイロット処理をして、味方タイタンを守るのはトーンの役割です。ソナーパルスを使って、あぶり出すのが非常に重要。

苦手な相手

苦手な相手は結構多いです。

兎にも角にも本命攻撃の追尾ロケットが当たらないことには始まらないのですが、熟練した相手だとかなり躱してきます。イオンやローニンといった優秀な防御アビリティを持つものは当然として、機動力の高い機体もミサイル発射に合わせてダッシュで避けてくるので厄介です。

遮蔽物を盾とした撃ち合いになると、ますます40ミリ頼みになってくるので、有利が取れない相手がやはり多い。

ローニンはかなり天敵に近い状態で、サンドバッグにされやすいです。追尾ミサイルは絶望的だし、壁一枚でもあれば一方的に競り負けるので、2対1でも負けるかもしれない。接近されるとあの世が見えるので、単独行動しているときに絡まれたら覚悟した方が良いです。

シェアする

フォローする