MTG: ネオン・アーケードについて

シェアする

ネオン・アーケードはネオ神河の別イラストを貰えるカジュアルイベントです。今回は全20枚で神社関連の別イラストが主体みたいです。

1回の参加につき最大3枚なので、7回は挑戦しないと全てが揃いません。

高得点、シングルトンを併用した特殊ルールなのですが、白黒が頭一つ抜けてて、他がその後を追従する形。青系はちょっと辛めで、メイン採用している相手とも殆んど当たらないです。

Score high in the Neon Arcade to score shiny new card styles in MTG Arena!

特殊ルール

高得点の紋章

呪文を唱えるたびに、その呪文のマナ総量が過去の呪文より重かった場合、好きな色マナが生み出せる宝物トークンが生成されます。

1マナ、2マナと順に展開していくと、宝物が蓄積されて恩恵が大きくなります。その一方で宝物によって巨大クリーチャー、プレインズウォーカーが早期に展開できるので、重たいカードもそれなりに必要です。

高得点でカウントされるのはあくまでマナ総量なので、予顕、キッカーなどで重くなるカードと相性が良いです。《シュタルンハイムの解放》、《狼の先触れ》など。

シングルトン

昔だとハイランダーと言われていたもので、デッキ内に基本土地以外のカードを入れられません。

通常のシングルトンだとマナ基盤が弱くなるので、単色が有利になる傾向があるのですが、その点を高得点の紋章がカーバーしている形です。

シングルトンだとデッキパワーがどうしても低下しますが、宝物からのマナ頼りで《スカルドの決戦》みたいなカードを採用できます。

デッキ例

取りあえず、全部が揃うまで回して、4勝できたものだけ載せています。白黒は4勝3回で15-4、赤緑は4勝1回で7-3でした。青赤、青白も試してみましたが、終始厳しめって感じです。

遭遇率は、白黒>黒赤、赤緑、白単、緑単>その他

白黒ミッドレンジ

恐らくはトップメタで、ミラーになることも一番多いです。

序盤から無駄にならない小型クリーチャーを展開でき、後半のプレインズウォーカーが定着すれば、継続的にアドバンテージを稼げるのが強みです。

デッキ
1 象徴学の教授 (STX) 24
1 墓地の侵入者 (MID) 104
1 魅せられた花婿、エドガー (VOW) 236
1 穢れた敵対者 (MID) 124
1 危難の道 (VOW) 124
1 忘却の儀式 (MID) 237
7 冠雪の沼 (KHM) 281
6 冠雪の平地 (KHM) 277
1 消失の詩句 (STX) 244
1 ヘンリカ・ダムナティ (VOW) 119
1 婚礼の発表 (VOW) 45
1 嘘の神、ヴァルキー (KHM) 114
1 ひきつり目 (STX) 70
1 冥途灯りの行進 (NEO) 28
1 命取りの論争 (AFR) 94
1 不吉なとげ刺し (VOW) 112
1 エメリアの呼び声 (ZNR) 12
1 パワー・ワード・キル (AFR) 114
1 永岩城の修繕 (NEO) 34
1 波止場の料理人 (NEO) 93
1 スカルドの決戦 (KHM) 229
1 冥府の掌握 (MID) 107
1 シュタルンハイムの解放 (KHM) 33
1 スカルポートの商人 (AFR) 120
1 血の長の渇き (ZNR) 94
1 よろめく怪異 (AFR) 119
1 放浪皇 (NEO) 42
1 魂転移 (NEO) 122
1 蜘蛛の女王、ロルス (AFR) 112
1 シガルダ教の福音者 (Y22) 9
1 食肉鉤虐殺事件 (MID) 112
1 アガディームの覚醒 (ZNR) 90
1 勢団の銀行破り (NEO) 255
1 漆月魁渡 (NEO) 226
1 見捨てられた交差路 (Y22) 63
1 戦慄宴の悪魔 (VOW) 108
1 不笑のソリン (VOW) 131
1 皇国の地、永岩城 (NEO) 268
1 雪上の血痕 (KHM) 79
1 雪原の陥没孔 (KHM) 269
1 砕かれた聖域 (VOW) 264
1 光影の交錯 (STX) 272
1 シルバークイルの学舎 (STX) 273
1 磨かれたやせ地 (NEO) 274
1 陽光昇りの小道 (ZNR) 259
1 目玉の暴君の住処 (AFR) 258
1 見捨てられたぬかるみ、竹沼 (NEO) 278
1 忘れられた大天使、リーサ (MID) 232
1 情け無用のケイヤ (KHM) 218

サイドボード
1 過去対面法 (STX) 67
1 アルカイックの教え (STX) 57
1 壊死放出法 (STX) 78
1 マスコット展示会 (STX) 5
1 環境科学 (STX) 1
1 害獣召喚学 (STX) 211
1 記憶留出法 (STX) 25

アドバンテージを重視した構成で、赤と青のカードもメインから1枚ずつ入っています。ヴァルキーの裏面、講義カードの《アルカイックの教え》も含めれば、宝物なしにはほぼ出せないカードが4枚含まれています。

アグロが増えてきたら《ドゥーム・スカール》や《告別》も必要になりそうですが、現状だとミラーマッチでプレインズウォーカーを出し合う展開になることが多いので、そこまでといったところ。

赤緑ミッドレンジ

デッキ
1 轟く叱責 (ZNR) 170
1 原初の敵対者 (MID) 194
1 髑髏砕きの一撃 (ZNR) 161
1 移り気な放火魔 (VOW) 181
1 A-黄金架のドラゴン (KHM) 139
1 ヤスペラの歩哨 (KHM) 178
1 月の帳の執政 (MID) 149
1 ウルヴェンワルドの奇異 (VOW) 225
1 熊野と渇苛斬の対峙 (NEO) 152
1 白髪混じりの猟匠 (Y22) 49
1 カザンドゥのマンモス (ZNR) 189
1 無謀な嵐探し (MID) 157
1 群れ率いの人狼 (AFR) 211
1 嘘の神、ヴァルキー (KHM) 114
1 街裂きの暴君 (Y22) 45
1 厚顔の無法者、マグダ (KHM) 142
1 老樹林のトロール (KHM) 185
1 指名手配の殺し屋、ラヒルダ (Y22) 42
1 レンジャー・クラス (AFR) 202
1 茨橋の追跡者 (MID) 172
1 血に飢えた敵対者 (MID) 129
1 落石の谷間 (MID) 266
1 シュタルンハイムの解放 (KHM) 33
1 岩山被りの小道 (ZNR) 261
1 執拗な仔狼 (Y22) 56
1 野生の怒り、ガラク (Y22) 47
1 蜥蜴丸 (NEO) 153
1 兎電池 (NEO) 157
1 アヴァブルックの世話人 (VOW) 187
1 辺境地の罠外し (MID) 190
1 岩だらけの高地 (NEO) 273
1 高地の森 (KHM) 261
1 見捨てられた交差路 (Y22) 63
1 バグベアの居住地 (AFR) 254
1 反逆のるつぼ、霜剣山 (NEO) 276
1 ハイドラの巣 (AFR) 259
1 耐え抜くもの、母聖樹 (NEO) 266
7 森 (ANA) 9
7 山 (ANA) 7
1 スカルドの決戦 (KHM) 229
1 レンと七番 (MID) 208
1 電圧のうねり (NEO) 171
1 ドラゴンの火 (AFR) 139
1 脆性破 (Y22) 37
1 マグマ・オパス (STX) 203
1 炎血の発想 (STX) 107
1 蛇皮のヴェール (STA) 57
1 狼の先触れ (Y22) 53

サイドボード
1 粗暴な聖戦士 (MID) 7
1 月罠の専門家 (NEO) 70
1 街追いの鑑定人 (Y22) 27
1 怒りの神、トラルフ (KHM) 154
1 鎮まらぬ大地、ヤシャーン (ZNR) 240
1 星界の大蛇、コーマ (KHM) 221

ぶん回ったら強いんだけど……といったところ。