MTG: まったりデカスロン2023

シェアする

前年度に引き続き開催される10種競技イベントデカスロンのまとめです。私が競技志向ではない+無課金なので、その範囲でデカスロンに関する事柄を扱います。

順次更新、追加予定。

Show your skill across MTG Arena game modes January 1–16 and compete for top prizes in the finals of Arena Decathlon 2023!

デカスロン日程

予選

日付種目1種目2
2日~ジャンプインパウパー(参考)
5日~混合シールド
(DOM+DMU+BRO)
スタンダード
(各ターンにトークン獲得
――宝物、手掛かり、食物を各1個まで)
8日~兄弟戦争プレミアドラフト
(BO3、参考)
アルケミー
11日~神河クイックドラフト(参考)エクスプローラー
(BO3)
14日~全知クイックドラフト
(マナコストを無視)
最先端
(SNC+DMU+BRO)

開始時刻はいづれも深夜の1時です。

各種目とも3日間の開催になっており、BO1なら7勝、BO3なら5勝以上の戦績を残すと、本選で必要になるトークンを獲得できます。

リミテッド(種目1)は全てファントムなので、出現したカードは得られません。

本選

日付種目
22日 午前9時~固定プールシールド(BO3)

予選で3回以上完勝していると参加できます。

完全に同じカードプールでデッキを組むので、あんまりシールドっぽくないシールドになりそうです。前回のキューブドラフトよりは覚えゲーではないので、初心者有利にはなったと思います。

種目概要

ジャンプイン

出現するハーフデッキ(20枚)を2回選んで、40枚のデッキにして戦います。ハーフデッキの中身は殆んど固定であるものの、レアと親和レアが異なる場合があります。

最初に選んだ色によって次の色も殆んど確定するので、基本的には単色か2色のデッキになります。

あんまりメタが分かっていない(下手したら誰も分からないかも)ので、現時点ではレアを狙ってピックするのが良かろうと思います。

A complete guide to the Jump In! event, including packet contents to help you find the key cards.

パウパー

公式の書き方(禁止カード等)からしてヒストリックパウパーかと思われたのですが、蓋を開けてみたら良く分からないフォーマットのパウパーでした。

ベース部分はスタンダードなんですが、何故かアルケミーホライゾン バルターズゲートのカードも使用可能なので、露骨にそのカードを使ってデッキを組むのが推奨になっています。

白単アグロ

デッキ
4 鼓舞する監視者 (SNC) 18
3 君は見張り中に物音を聞いた (HBG) 106
3 衛兵隊の兵士 (HBG) 28
4 集まる群衆 (SNC) 13
4 剣術の名手 (ANB) 7
4 貴族の不面目 (HBG) 25
4 不動のユニコーン (HBG) 104
4 祝福のヒポグリフ (HBG) 85
3 農家の勇気 (MID) 24
20 平地 (BRO) 269
4 燃える拳の黄昏守り (HBG) 22
3 水晶の岩屋 (DMU) 246

普通の白単なのですが、アドバンテージを簡単に取れるカードが15枚採用なので、殴り合っても息切れしないのが強み。最後は2種類ある全体強化か、ヒッポグリフの飛行付与で突破して勝つ形です。

実際に完勝したときは別の構成でしたが(下)、《祭殿壊し》対策に+1/+1カウンターを乗せられるようにした方が良さそうなのと、土地が適当すぎたので調整した版です。

デカスロン種目のパウパー初日に色々とデッキを持ち込んで試した後での簡単なまとめです。 純粋なデッキパワーだけなら白単がトップなので、...

混合シールド

  • ドミナリアx2
  • 団結のドミナリアx2
  • 兄弟戦争x2

――による混合シールドです。普通、シールドというと同じセットの6パックなので、ある程度はシナジーが狙えるのですが、異なる3セット混合のせいでいよいよボムゲー感が強いです。

強いレアが引けるかどうか、それを出せるかどうか、そして相手のボムを対処できるような除去があるかでプールの強さが決まります。相手の手札もかなり読みにくいので、試行回数で突破する以外に手が無い気がします。

紋章スタンダード

ゲーム内での表記が紋章シールドになっているというバグがありますが、中身は当初の予定通りでスタンダードです。

各ターンに宝物、手掛かり、宝物のうち1つのトークンを選択して得られるのですが、それ目当てにデッキを組んでも……という側面があり、素直にアグロで押し込むのが良いかと思います。

兄弟戦争プレミアドラフト(BO3)

2本先取の兄弟戦争ドラフトです。

元々ランクが存在しないBO3ドラフトで、普段はドラフトをしないプレイヤーも大勢参加しているみたいなので、強いカードが流れてきやすいです。

優秀なアンコモン等が流れてきた場合には見逃さないように。

兄弟戦争はMTG黎明期からのメインキャラクター《ウルザ》と、その弟である《ミシュラ》が題材になったセットです。 アーティファクト環境...

参加費と報酬

勝利数予選(BO1)予選(BO3)本選(BO3)
7勝4000G +
6勝3パック
5勝3パック4000G +
4勝2パック3パック新弾のカード1枚ずつ
神話WC x4
レアWC x4
フェイジアバター
対人ドラフト券 x4
プロモ土地
3勝2パック2パック神話WC x4
レアWC x4
フェイジアバター
対人ドラフト券 x4
プロモ土地
2勝1パック2パックフェイジアバター
対人ドラフト券 x4
プロモ土地
1勝1パック1パックプロモ土地
0勝なしなしなし
勝敗規定7-35-24-1

予選で貰えるパックはランダムです。最新セットとは限らないどころか、スタンダードで使えるかも分かりません。予選の報酬は勝率50%ではあんまりおいしくないです。

本選は2勝できた時点で爆アドなので、対人ドラフトなどを普段からプレイするなら、積極的にプレイして良いかなと思います。ゴールド換算だと40000G相当です。

利益獲得を目指すときは、この辺りが狙い目のラインになるでしょう。