フォートナイト: ライディングのやり方と活用

シェアする

v21.0にて追加された新しいシステムとして、野生動物の背中に乗って移動できるようになりました。

スタミナがあるので無制限に乗れるわけではありませんが、各地にいるオオカミやイノシシを移動の足にできます。

バトロワであるバイク移動みたいなもので、車よりも小回りが効く点が特徴です。

ライディングのやり方

各地にいるオオカミ、イノシシの背中に向かってジャンプすると、即座に手懐けた状態になり、背中に乗って移動できるようになりました(v21.0から)。

移動速度はそこまで速くなくて、プレイヤーのダッシュと極端な差ありません(動物によって若干異なる)。ただし野生動物のスタミナは相当多いので、休みなく長距離をダッシュできる利点があります。

野生動物専用のスタミナゲージは、プレイヤーが背中に乗っている限り自動回復しませんが、島の半分を移動できるくらいの総量があり、適当な餌を与えることで回復できます。

オオカミなら肉か魚。イノシシなら野菜を与えましょう。

スタミナを使い切ると、野生動物は座り込んで動かなくなりますが、その際には徐々にスタミナが回復しているので、暫くしたらまた乗れるようになります。

イノシシとオオカミの違い

ヒューマンイノシシオオカミ
耐久力100HP120HP250HP
通常速度5.5m/s6m/s6.9m/s
ダッシュ7.7m/s11m/s10m/s
食料雑食野菜生肉・魚

移動が速いと言っても、車程の速度は出ません。バイクというより、チャリンコなのかもしれない。

ダッシュ時の速度はイノシシが上ですが、通常の移動はオオカミの方が速い。イノシシは建築破壊も狙えると言っても、武器使用時の移動速度が優勢なので、戦闘に使うのならオオカミの方が無難です。

耐久力もあるので、最悪弾をたくさん受け止めてくれます。

戦闘への活用

ライディング状態でも武器を使うことができ、建築も出せます。

移動速度はプレイヤーのそれと変わらないのですが、ターゲット状態でも減速しないし、移動ペナルティも発生しないので、攻撃能力は向上します。スタミナを消費しない走り状態から、高精度でドカドカ撃てる時点で有利なのです。

移動しながら回復などのアクションも取れるので、ゼロビルドでは有能な相棒です。

なお、イノシシで体当たりすることで、敵などにダメージを与えられますが、対人15ダメージ、対物150ダメージしかありません。木の建築だったら体当たりで壊せるので、そのままボックス内部に突入できる可能性はありますが、あまり期待するのは酷というもの。

オオカミにせよ、イノシシにせよ、旋回能力がかなり低下するので、乗ったまま複雑な建築戦闘に入るのは無理があるかもしれません。

動物を踏み台に、空中ジャンプすることで、バウンサーの代わりにできます。建築ありなら即座に上を取れるので、接敵時にはまず試しておきたい一手。

金庫を開ける

過去のシーズンから存在する認証付き金庫の頭数として使えます。

最低でも2人が同時に立つ必要があったので、過去のシーズンだと下記のように誘拐して連れてくる必要がありましたが、そんな罪を犯さなくてもソロで開けられるように。

各地にあるセブン・アウトポストの他に、《レイブ・ケイブ》の中に件の金庫は存在します。

しかしこの認証システム。動物でもパスできるというのは、いくら何でもガバガバ過ぎないだろうか……。

その他の動物たち

サメには乗れない

無理でした。

サメハダで痛いので、サメの背中に乗ることはできません。サメで移動したいときは、今まで通りに釣り竿を使いましょう。

今にも復活しそうなラプトル

遊園地といい、ボーラーといい、露骨なジュラシックワールドのパロディなので、場合によってはシーズン中に復活するかもしれないです。

コメント

  1. […] フォートナイト: ライディングのやり方と活用げぇむはしりがき […]

  2. SunBreak発売楽しみ! より:

    これやってる事がモンハンRiseのガルクだよな‪w

  3. 匿名 より:

    サメの画像はどこの?

  4. 匿名 より:

    これ乗りながら回復出来るのがマジで強い