タイタンフォール2: タイタンのおさらい (強化と弱体化のまとめ)

シェアする

タイタンフォール2に登場するロボット兵器「タイタン」の各種変更点のまとめです。発売当初から随分変わりました。この投稿は前サイトの投稿に加筆修正を加えたものになります

変更点

タイタン全体

修正通算
シャーシ 強化 弱体化
総合
  1. オーバーコアの強化 +50%
  1. ニュークリアイジェクトの弱体化
  2. ミニオン狩り時のメーター回収率減少 -50%
  3. シールドの弱体化 (メーター回収されるように)
  4. タイタン攻撃時のメーター回収率減少 -30%
  5. オーバーコアの弱体化 -50% (通算 0%)

タイタンのコア依存性が段々と下がっているのが特徴でしょうか。必殺技が強いと大味になりやすいので、オーバーウォッチなどでも見られる傾向です。オーバーコアは一端強化されて、また最近元に戻りました。

シャーシ別

通算すると相当変わっています。

修正通算
シャーシ 強化 弱体化
イオン
  1. ヴォルテックスシールドの反射スプラッシュ低下 -80%
  2. レーザーショットの当たり判定減少
  3. レーザーショットの消費エネルギー増加 +20%
  4. レーザーショットのダメージ -15%
  5. レーザーコアのダメージ -30%
スコーチ
  1. ファイアウォールの射程増加 +25%
  2. 強化装甲の強化(軽減85%)
  3. テルミットランチャーの射線表示追加
  4. 火に油の強化(持続→CT短縮)
  5. フレイムシールドの持続増化 +33%
  6. 電気スモークによる消火を削除
  7. ダッシュ追加
  8. ファイアーウォールの射程増加 +40% (通算+75%)
  9. フレイムコアの射程増加 +40%
  10. 強化装甲の再強化(軽減100%、クリティカル消失)
  11. ワイルドファイアランチャの効果強化 (直撃ダメージ +25%)
  12. 焦土の持続増化
  1. インフェルノシールドの効果弱体化(通算は変化無し)
ノーススター
  1. フライトコアのレート上昇 +20%
  2. ダッシュのクールタイム減少 -16%
  3. 飛翔速度の増加 +10%
  1. プラズマレールガンのソードブロック貫通削除
ローニン
  1. ローニンソードのダメージ増化 +25%
  2. フェイズダッシュでトーンのロックが外れるように
  3. ダッシュのクールタイム減少 -16%
  1. ソードブロックの性能減少 -14%
トーン
  1. 40ミリのスプラッシュダメージ低下
  2. ソナーロックの持続減少
  3. ソナーロックの射程減少
  4. パーティクルウォールの持続低下 -33%
  5. 追尾ミサイルのダメージ低下 -12.5%
  6. 追尾ミサイルの弾速低下
  7. サルヴォコアのダメージ低下 -22%
  8. 40ミリの直撃判定減少 -29%
  9. ソナーロックのCT増化+21%
リージョン
  1. プレデターキャノンの発射レート増化 +10% (通算 +0%)
  2. ダッシュ追加
  1. ガンシールドの持続減少 -15%
  2. プレデターキャノンの発射レート低下 -10%
  3. スマートコアのロック時間増加
  4. 隠し弾倉時のパワーショットダメージ退化 -15%
モナーク
  1. チェーンガンの装弾数増加 +14%
  1. エネルギーサイフォンのスタン効果減少

相当に手が入っており、当初に比べるとかなりバランスが良くなりました。イオン、トーン、モナーク、ローニン、ノーススターは概ね横並び。重量系のスコーチ、リージョンは特定状況でのみ使うサブという状況でしょうか。

シャーシ個別評

イオン

発売当初はトーンとの2強体勢でしたが、トーンの弱体化によって、右も左もイオンだらけの状況になったのが3月くらい? その後、イオンにもトーン並みの弱体化ラッシュが入って、ワイヤトラップ以外は軒並み弱くなりました。トーンと並んで弱体化の大きかった機体なんですが、それでも最優のタイタンであることは間違いなく、優秀なユーティリティプレイヤーとして君臨しています。最初がどれだけ強かったんだよという話。

全シャーシで最も強力で、最も柔軟なタンクであり、且つアタッカーとしての特性も兼ねています。アタッカーとしてはやや非力で、メインになるのは避けたいところなんですが、コアアビリティの強力さや、ヒットアンドウェーのやりやすさからどんな局面でも腐りません。

スコーチ

壮大なる強化の嵐によって、ありとあらゆるアビリティが強化されています。強化装甲は2度に渡って性能が向上しましたが、最後にあったクリティカル削除、軽減率100%の上方修正が大きく、インフェルノシールドのキットと並んで、優先度の高い専用キットに変貌しました。攻めに使えるようになった点は大きく、多少の汎用性を確保しました。

とはいえ、鈍足故の欠点が非常に重く、使いどころが相変わらず限定的です。

ノーススター

初期にあったフライトコアの強化を除けば、殆ど変化していないのですが、周りが下がったので相対的に強いタイタンになりました。特にイオンのレーザーショット弱体化は大きく、それによって狙撃手としてのポジションを確立しました。その後、ホバーの移動速度が向上し、かなり使いやすいタイタンになっています。

敵タイタンに継続的に、一方的に攻撃できるため、タイタン同士の戦いでは優秀なアタッカーです。瞬間火力がないのが欠点ではあるものの、フライトコアがあるので爆発力には一日の長があります。

ローニン

初期に隆盛を誇っていたトーンへのカウンターとして微強化されたものの、当初からあんまり性能が変わっていないというのはノーススターと同じ。モナークという天敵が追加されたり、ソードブロックの性能が引き下げられたりで、一時期に比べると少し状況が悪くなっています。

イオンに次ぐマルチロールタイプですが、経戦能力が低いので攻撃面はソードコア頼みという状況は変化してません。理想的にはコアが溜まるまではサブアタッカーのポジションを守りたいのですが、現環境だと積極攻撃しないといけない盤面も多いです。

トーン

当初はイオンとの2強でしたが、真っ先に下方修正を受けたシャーシです。その修正項目は相当な量になっており、変わってない部分が存在しない勢い。特にソナーロックと、サルヴォコアの下方修正は影響が大きく、その前後で性能ががらっと変わりました。

今現在のトーンは味方の支援とパイロット排除が主目的で、タイタンとの戦いは少々不得手です。単独で闘うと有利な相手がいません。完全なるサポートポジションなので、ひとりぼっちになると大変です。とはいえパイロット対策、索敵に秀でているので、一家に一台欲しい機体ではあるのですが。

リージョン

いつの間にか弱体化したり、強化されたりの大型タイタン。スマートコアの対パイロット性能が高すぎるので、一時期プレデターキャノンの発射レートが10パーセント下げられていましたが、結局ロック時間を延ばす方向で纏まったのか、今では元のレートに戻っています。スマートコアは初期の対人性能が失われているので、割と手動で攻撃した方が速かったり……。

明言された下方修正はガンシールドの持続減少と、隠し弾倉を使ったときのパワーショットダメージの減少です。特に後者は最有力のキットだったので、それによって他の選択肢を考える必要が出てきました。

火力特化故に欠点も多いので、概ね特定の状況でのみ採用するという形になると思います。その辺りはスコーチと同じ。役割はアタッカー+タンクなんですが、やっぱり鈍足であることが最大の欠点。

モナーク

後発で追加されたシャーシで、かなり独特な使用感になっています。キットの構成次第でアタッカー、サポートを兼ねられる汎用性、自由度がウリ。攻撃スキルのエナジーサイフォンが強すぎたので下方修正されてます。代わりにメイン武器の装弾数が増えましたが、ちょっと割に合ってないので、実質弱体化ですね。

火力と機動力を合わせ持っているので、アタッカーとしては最強格。一方で明確な防御アビリティがないのと、コアアビリティによる爆発力がないことが欠点です。タンク役と組んで敵タイタンを血祭りにあげるのがメインで、タイタン同士の集団戦でこそ輝きます。

オーバーコアが弱体化したことは、モナークにとっては追い風でした。元の火力が高いので、他のタイタンよりコアは溜まりやすいですし、出会い頭にコアを喰らうという事故が発生しにくくなって、むしろ闘いやすくなりました。相手がコアを溜める前に進化する必要も薄まったので、ターボエンジンで素の戦闘力を底上げするのも良いです。最初はネタかと思っていたんですが、ミサイルラックや大混乱を使うなら、オーバーコアより優先しても良いと思います。

シェアする

フォローする