フォートナイト: 14日間のフォートナイトまとめ

シェアする

フォートナイトの年末イベントです。14日に渡って日替わりのルールと、チャレンジが提供されます。開催期間は19日~翌年の2日まででしたが、開催時期が時期だったので、取れなかったプレイヤー向けに1月7日からチャレンジが再度解放されています。

1/7からは14日のフォートナイト延長戦として、前のチャレンジを引き続き進行できるようになりました。ただし未達成チャレンジのカウントはゼロに戻っているので、最初からやり直しになっています。

チャレンジのまとめ

14日に渡って解放されるチャレンジです。徐々にノルマ数が増えていくという共通点があります。1日目は1回、2日目は2回という具合で、10日目のチャレンジは10ヶ所でトリックを決めるになっています。

  1. クリエイトモードで遊ぶ
  2. 大きなキャンディケインを訪れる x2
  3. フレンドとマッチをプレイする x3
  4. 複数のマッチで敵にスノーボールをぶつける x4
  5. X-4 ストームウィングで飛行して黄金のリングをくぐる x5
  6. ウォーターサイドグースの巣を探す x6
  7. プレゼント!かブギーボムを使用する x7
  8. 8種類の武器でダメージを与える
  9. 複数のホリデーツリーの前でダンスする x9
  10. 複数の名前付きエリアで乗り物を使ってトリックを決める x10
  11. バスの運転手にお礼をする x11
  12. 雪の結晶の飾りを破壊する x12
  13. クリエイティブの島にデバイスを設置する x13
  14. 宝箱を開ける x14

詳細に関してはリンク先を参照。

スノーボールをぶつける

過去に存在したぶつける系チャレンジと同じで、別に準備中の島でもOK。対象のエモートは、3つめのチャレンジ「フレンドとマッチする」をクリアした報酬として貰えます。つまりはフレンドがいないと、3と4はクリア不能ということに……。

トリックを決める

ポイントの必要量などが指定されていないので、実質的には地上の乗り物に乗って、各ロケーションを訪問するみたいなチャレンジになると思います。トリックを決めること自体は簡単なのですが、やっぱり絶対量が多い……。ほぼ全都市訪問という内容ですね。

ショッピングカートかゴルフカートに乗って、華麗なる大ジャンプを繰り出し、グルグル回ってトリックを決めるべし。飛距離を稼ぐほどにトリックポイントは増えるのですが、目標値が定められている場合は工夫が必要になってきます。

バスの運転手にお礼をする

開始時のバスに乗っているときにエモートすると、運転手にお礼ができます。毎回やっていても11マッチ必要。これも回数が必要なので、何度か御礼するのを忘れてしまうと1日で終わらないかも(最悪、自殺しまくれば終わりますけども……)。

日替わりルールのまとめ

19日

  • 33 vs
  • クラシック

クラシックはシーズン2を今残っている武器で再現しようという試みのルールでした。なのであんまりそれっぽくなかったのはナイショ。

初期SMG(TEC-9)はそもそもデータから削除されているため登場しませんでしたし、トラップ各種も統合後のもの。そもそもこの時期は威力減衰の概念がなく、初弾静止補正もないと、根幹部分が相当違っていました。

20日

  • 33vs
  • サイフォン

サイフォンはキルを取った時にHPとシールドが全回復するというルール。回復アイテムは基本的には出現しません。基本的に……というのは、実は自動販売機で売っているので、絶対に入手できないわけではないからですが……(多分ミス)。

21日

  • テラーロイヤル
  • ベアボーン

HUDなしのベアボーンと、シーズン6で登場したゾンビも沸き出す32vs32のテラーロイヤル。テラーロイヤルは久しぶりにやると結構面白かったです。環境的にも「ダイナマイト」、「マウンテッドタレット」、「ストームウィング」の登場で、ゾンビを生み出すクリスタルを破壊しやすくなっていますし、回復アイテムには困らないです。

22日

  • テラーロイヤル
  • スライド(ソロ)

23日

  • ディスコドミネーション
  • スナイパー限定(デュオ)

24日

  • ディスコドミネーション
  • クローズエンカウンター(スクアッド)

帰ってきたディスコドミネーション。しかし、誰も真面目にやっていないのだった……。

25日

  • チームランブル
  • ソリッド・ゴールド(スクアッド)

26日

  • チームランブル
  • スコアロイヤル(デュオ)

27日

  • フードファイト
  • グランドウォー(スクアッド)

グランドウォーは極端にクラフトが制限されたモードです。木材30、石材20、鋼材20しか持てない状態での戦いになります。位置取りがすごく重要というか、それでほぼ決まるため、移動系のアイテムを一杯持ってる方が有利です。

新LTM「フードファイト」のルールと戦い方について。取り敢えず、敵陣に乗り込んでひたすら近接戦。タレットも敵陣レストランにおいて、敵マスコットを削るのに使うのが良いです。攻城戦の雰囲気はないですが、近接バトルの練習には良さそうですし、近接愛好家にとっては良いモードなのかも。

28日

  • フードファイト
  • スニーキーサイレンサー(ソロ)

29日

  • クローズエンカウンター(50vs)
  • ステディストーム(ソロ)

30日

  • クローズエンカウンター(50vs)
  • ハイエクスプロージョン(50vs)

31日

  • ハイエクスプロージョン(50vs)
  • ワンショット

シェアする

フォローする

『フォートナイト: 14日間のフォートナイトまとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/12/22(土) 03:02:54 ID:2b288c176 返信

    クラシックやりたかった(届かぬ思い)

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/29(土) 13:57:07 ID:08d648bb2 返信

    今の環境だと、結局ストームウイングが殆どのルールにおいてその特殊性をブッ壊してますよね。

    • 名前:匿名 投稿日:2018/12/30(日) 21:12:26 ID:f4e52a2df 返信

      クロースエンカウンターなんか機銃で撃てるくせにこっちからは撃ち落とせないし

      もう機銃と建築壊す能力消して移動オンリーでいいでしょ
      誰が空飛ぶショッピングカートに銃付けろって言った?