フォートナイト: エッグランチャーの性能と使い方

シェアする

エッグランチャーは、v16.1のイースターイベントとして登場した武器です。

過去にはグレネードランチャーの互換武器として置き換えリリースされたことのある武器です。改めて異なる武器になっての登場ですが、バウンドの強さが目立つじゃじゃ馬です。

近年の流れを踏襲して控えめな性能ですが、バーストクアッドランチャーよりは強化傾向です。

データ

武器一覧
項目エッグランチャーエッグランチャーエッグランチャーエッグランチャー
レアリティアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式セミオートセミオートセミオートセミオート
ダメージ68717477
対物ダメージ180190200210
横射程5.12m5.12m5.12m5.12m
縦射程5.12m5.12m5.12m5.12m
連射速度45 RPM45 RPM45 RPM45 RPM
装弾数6発6発6発6発
リロード時間3.2s3s2.8s2.7s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s0.2s
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s0.4s
TTK100HP1.333s1.333s1.333s1.333s
対人DPS51535658
対物DPS135142150158

簡易解説

連続して爆発弾を撃ち出すグレネードランチャーの亜種です。

発射される弾頭は卵型をしており、地面に接触すると強めにバウンドします。弾の軌道が特殊なので、慣れない間は振り回されますが、近年の爆発系武器の中ではダメージ量が大きい方です。

少なくとも木のクラフトは一撃で破壊できます。

タイマンで使って、敵が当たってくれるような武器ではないため、奇襲狙いが第一です。敵同士が争っているところに、山なり軌道で爆撃したりしましょう。

命中期待値は高くないので、クラフト素材を使わせればOKくらいの気持ちで良いと思います。

弾を消費したからと言って、リロードするかは考えもの。ロケット弾1発あたりのバリューはロケットランチャーの方が明らかに上なので、撃ちきって捨てる方が良いかもしれません。

これが宝箱から出現するようになった関係で、多少はロケットランチャーを運用しやすい環境になりました。

入手方法

シーズン6

通常のドロップのほかに、以下の2カ所に追加されたNPCのウェブスターが販売しています。

スラーピー・スワンプの北
フォーク&ナイフ フードトラック

同時には出現しないので、その場所にいるかは50%の確率です。

またスラーピー・スワンプの北は東に向かって移動するので、後々になるともっと東にいたりします。

武器比較

武器一覧
項目グレネードランチャースノーボールランチャーエッグランチャー
レアリティ
発射形式フルオートセミオートセミオート
ダメージ1108377
対物ダメージ413165210
横射程5.12m5.12m5.12m
縦射程5.12m5.12m5.12m
連射速度60 RPM45 RPM45 RPM
装弾数6発6発6発
リロード時間2.7s2.7s2.7s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s
TTK100HP-1.333s1.333s
対人DPS1106258
対物DPS413124158

チャプター2・シーズン6で改めて登場したエッグランチャーですが、チャプター2で登場した最強格の爆発武器であるスノーボールランチャーと比べると、パワーダウンした側面は否めないです。

どちらも最古の爆発系武器であるグレネードランチャーの亜種ですが、着発信管になって、むしろ有用性が増したスノーボールランチャーに比べて、明確にグレネードランチャーの下位互換だからです。

グレネードランチャーに比べて、1発あたりのダメージ量は下がったし、連射力も下がったし、バウンドが強くて当てにくい。近年は爆発系を制限する動きが強いのですが、その流れに沿ったものになっています。

まぁ、バーストクアッドランチャーという木の壁も壊せないような爆発武器もあったので、それに比べれば……。

バーストクアッドランチャー