フォートナイト: スターク・インダストリーズ製ジェットパックの性能と使い方

シェアする

スターク・インダストリーズ製ジェットパックはv14.5で追加された新しいアイテムです。

過去に存在したバックパック「ジェットパック」のリバイバルで、明らかに弱体化したものの、空を飛べるという点は変わりません。

瞬発能力に欠けるとはいえ、飛びながらクラフトを展開したり、汎用武器を使える点が、ガントレット系ミシックとは異なります。

入手方法

レアリティはエピックです。

アイテム名称に「スタークインダストリーズ製」とあるので、スターク関連施設や、着陸現場での限定品のように思えますが、別にそんなことはないです。

通常のドロップとして、各所に出現します。宝箱からも消耗品として出現し、床置きでも配置されています。

飛行能力

各プレイヤーが1つしか所持できないバックパック枠のアイテムで、アイテムスロットを選択していなくても使えます。

スターク・インダストリーズ製のジェットパックの場合、空中でジャンプ入力すると、手持ちの武器や、クラフトを使える状態で空を飛ぶことができます。腰だめ精度が良い武器や、爆発物と組み合わせると効果的です。

飛行速度はダッシュの1.2倍くらいです。

例えば階段で上を取るときに、小さく吹かせば、移動速度を水増しできるので、敵の意表を突くことができます。クラフトの接続するときの自由度も増します。

ただし連続使用に制限が掛かっており、2.5秒以上は継続して飛べません。距離に換算すると縦方向に16メートル、クラフト4マス分まで飛ぶのが限界です。

落下ダメージを防ぐ機能もないので、無理に使ってオーバーヒートすると、そのまま地面に叩き付けられます。余裕を残しておいて、着地前に小さく吹かさないといけません。

この連続使用制限こそが、過去に存在したジェットパックから大きく弱体化した点で、旧来のような無茶な使い方ができません。絶対に上を取り返せるマンではなくなりました。

ジェットパックとの違い

「スターク・インダストリーズ製のジェットパック」は、過去に存在した「ジェットパック」の調整版であり、明らかな弱体化が見られます。

ジェットパックが正式に残っていたのは、チャプター1・シーズン4の頃なので、もう2年以上前になります。黎明期特有のぶっ壊れ系の1つであり、驚異的な推進力と自由度を持っていました。

あまりに強かったので、チャプター1・シーズン9の怪獣出現イベントの当日のみなど、限られた状況でしか復活しませんでした。

空を飛ぶためのアイテムですが、便利なので見つけたら取り敢えず拾っても良いかも。強すぎとは思いませんが、なんか燃料が多すぎる気がするので、半分くらいまで減らして良いかなぁとは思います。なんか面白い使い方をしたい今日この頃。

スターク・インダストリーズ製のジェットパックはその調整版なので、連続使用できる距離、時間が大幅に低下しています。

 スターク製ジェット旧ジェットパック
見た目
連続使用時間2.55秒10.24秒
縦移動距離16メートル64メートル
縦移動距離4マス17マス
横移動距離20メートル80メートル
縦移動距離4マス17マス

旧ジェットパックだと、連続して64メートルも飛べたのに、それから75%も削減されました。

スターク製のジェットパックは、ちょっと飛んだらすぐにオーバーヒートします。腐ることはまずないのものの、リテイクの成功率が落ちていますし、クラフト素材の節約効果、時間短縮の効果も相応に低下しました。

防御面では万能に近かった旧ジェットパックと違うので、できるだけ相性の良い武器と組み合わせていきたいですが……。時間が短いと攻撃には使いにくい。

相性が良いアイテム

スターク・インダストリーズ製エネルギーライフル

エネルギーライフル
スタークIND製ER
項目スタークIND製ER
レアリティレジェンド
発射形式フルオート
最大ダメージ41.0 (0~50m)
クリティカル1.5x
発射レート264RPM
装弾数15発
リロード時間2.8s
腰だめ精度1.8 - 3.2
ターゲット精度0
精度補正(しゃがみ、歩き)-15% / +0%
持ち替え0.4s
対物ダメージ41.0
TTK100HP0.455s
対人DPS180
対物DPS180

同じくスターク製のエネルギーライフルは、空中でも集弾性が下がりにくいので、相性が良い武器です。

ただし空中ではADSできないので、腰だめ撃ち頼み(これはどの武器も同じですが)。ADS時の集弾性が最大の長所なので、他の武器よりは組わせやすいという形でしょうか。

ロケットランチャー

ロケットランチャー

上空から撃ち降ろすことができるので、範囲攻撃のできる武器全般と相性が良いのですが、やはりロケットランチャーと組み合わせるのが一番堅実です。隙間にねじ込みやすい。

バックパックについて

背中に装備する形のアイテムを分類するときの呼称です。背中のスロットを占有するので1枠しか装備できず、2つ目を拾ったら必ず入れ替えになります。

チャプター1・シーズン4のときに考案されて、初めはシリーズ化を予定されていたようですが、コスメティックとしてバックパックが独立してしまったので、早々に打ち切りとなりました。

私が把握している範囲では、

  1. ジェットパック
  2. 嵐の目パック(正式リリースなし・追加された翌日に削除)
  3. ヒーラーパック(正式リリースなし・データのみ)
  4. スターク製ジェットパック

ゲーム中に登場したのはスターク製ジェットパックで3つ目、手違いで混入してしまった嵐の目を除けば、2年ぶり2つ目のバックパック装備になります。

最近はマント以外のバックパックを装備している人もいないですし、ペットの追加も無くなりましたし、正式にバックパックが復活する可能性もゼロではないのか……。