フォートナイト: ジェットパックの性能と使い方

シェアする

空を飛ぶためのアイテムですが、非常に強力なので見かけたら取り敢えず確保しておいた方が良いです。飛翔しながら壁を伸ばすだけでも簡単に上を取れるので、回復を捨ててでも持っていく価値があります。

v9.4で発生した最終決戦イベント後に環境復帰しました。通常モードにのみ出現します(ソロ~スクワッド)。

ジェットパックの強み

ジャンプ入力押しっぱなしで、自由飛行できる消耗品です。飛行中に攻撃できるし、クラフトも展開できる優れものです。

ジェットパックの推進力はプレイヤーの走行速度を上回るので、近距離戦闘において大きなアドバンテージが生まれます。敵の壁に対して飛ぶだけで、無理矢理射線を通すことができますし、高所の取り合いではまず負けなくなります。

足場を崩されて落下する危険がなくなるし、失敗したときのリカバリーもしやすい。戦闘前にクラフトを使うことなく高所に登れるため、位置取りの自由度も大幅に向上します。

連続使用するとオーバーヒートするものの、それまでに60メートルくらいは飛べます。クラフトでいうのなら、縦方向に17枚相当です。それでいて燃料もかなり多いので、気軽に使っても燃料切れの心配が殆どありません。

温存していればマッチ終了まで余裕がある位なので、序盤で手に入れた場合には大事にした方が良いです。

ちなみに背中の燃料インジケーターが無くなるとオーバーヒートするので、ギリギリで残すよう調節しましょう。

不用意に飛ばない

ジェットパックの機動力はプレイヤーの移動速度を上回るので、適当に噴かすだけでも高所の取り合いで勝てます。ただし、瞬発能力は高くないので、遮蔽物がない場所では不用意に飛ばない方が良いです。

飛行中にはターゲットモードで狙えないため、アサルトライフルなどの撃ちに合いになると、精度が出せない分だけ不利になります。接続する場所がないとクラフトの防御ができないので、敵の目前でフワフワしていると、七面鳥撃ちにされる危険があります。

確実性を求めるならば、従来までのクラフトに組み込んで、最小限度の運用に留めるのが良いでしょう。それでも機動力が大幅に増加しますし、変則的なクラフト展開ができるので、敵の不意を突きやすくなります。

相性の良い武器

コンバットショットガン

コンバットSG
項目コンバットSG
モチーフベネリM4 TTI
レアリティレジェンド
発射形式セミオート
最大ダメージ7.0 x9 (0~12.5m)
最小ダメージ0.9 x9 (64m~)
クリティカル1.5x
発射レート102RPM
装弾数8発
リロード時間4.7s
腰だめ精度2.3 - 2.6
ターゲット精度2 - 2.2
精度補正(しゃがみ、歩き)-15% / +25%
持ち替え0.5s
対物ダメージ46.8
TTK100HP0.588s
対人DPS107
対物DPS80

飛行中は腰だめ撃ちになってしまうので、腰だめで精度が出せて連打できる武器が非常に有用です。

当初、ジェットパックが追加されたときには、ヘビーSGという相性の良いショットガンがありましたが、コンバットSGの相性はそれ以上に良好です。

特に相手がコンバットSGを持っていない場合、ほぼ一方的に攻撃出来るので強力です。

ロケットランチャー

ロケットランチャー
項目ロケットランチャー
モチーフSMAW
レアリティレジェンド
発射形式セミオート
ダメージ130
対物ダメージ330
横射程5.12m
縦射程5.12m
発射レート24RPM
装弾数1発
リロード時間2.5s
ターゲット速度0.2s
持ち替え速度0.7s
対人DPS52
対物DPS132

ジェットパックがあれば、飛翔しながら武器を持ち替え、容易に頭上からのロケット攻撃が実現できます。敵のクラフトをピンポイントで崩してたたき落とす、隙間を狙ってダメージを通すなどの使い方が捗ります。

密着状態からでも、ジェットパックを多めにふかすことで、自爆する心配も減ります。

対策装備

接近戦になると不利なので、中距離以遠である程度削る方が良いです。不用意にフワフワしている相手、漁夫攻撃のために、精度の良い武器を持っておきたいところ。

インファントリーライフル

近接センサーグレネード

いわゆる対空信管攻撃。

小ネタ

ジェットパックで実用性を帯びた戦法、戦術など。

木の中に潜む

あんまりやっている人を見かけませんが、天空城よりは遙かに実用的だと思います。特に木々が密集しているところなら、ほぼ確実に先手が取れます。敵の油断を誘ってスナイパーで即死させるのが低リスク、高リターン。

天空待機

今までは落とされて終わりでしたが、ジェットパックで着地はできるので、少しは可能性が出てきたの……か? ある程度の位置的有利を取ったら攻撃する方が良いので、相変わらずのネタプレイだとは思います。

シェアする

フォローする