フォートナイト: シーズン4(v14.1)における魚の出現率・プロ用フィッシングフックの効果検証・考察

シェアする

v14とv14.1であった魚に纏わる変更の検証と、魚の有用性について。

取りあえず、2000釣りくらいした結果を丸めて、分かりやすい数字%にしています。場所をローテーションしているので、全体での平均になっていると思います。場所ごとに差があっても数%の誤差レベルだとは思います。

爆破漁ができたときならまだしも、それが封じられた今となっては、前シーズンよりも弱くなったと考えて良さそうです。種類は増えたけど、それ故の弊害が立ちはだかります。

v14以降の魚出現率

 画像v13までV14以降
スモールフライ2.5%0%
フロッパー60%25%
スラープフィッシュ10%6%
スパイシーフィッシュ-8%
ホップフロッパー-8%
ジェリーフィッシュ-8%
シールドフィッシュ-8%
サーマルフィッシュ-8%
ヴェンデッタフロッパー-0%
レア武器20%25%
エピック武器5%2.5%
レジェ武器2.5%1%

チャプター2・シーズン4の開始と同時に魚まわりの仕様が大きく変わりました。

スパイシーフィッシュを始めとして、5種類の新しい魚が追加されたので、旧来までのフロッパー、スラープフィッシュの獲得率が下がっています。

最も出現率が下がったのはフロッパーで、元々60%もあったのに、25%まで急落しています。中々、数が揃いません。

またレア武器の出現率が増加し、エピック、レジェンドの武器が出現しにくくなっています。

プロ用フィッシングフックの効果

プロ用フィッシングフックは、v14から追加された新しい釣り竿です。通常の釣り竿より魚が釣れやすくなり、プロ用でしか釣れない魚も存在します。

魚図鑑を埋めるのなら必須ですが、果たして実用面はどうなっているのか。下記は彼方此方で、プロ用の釣り竿を使ったときの概数です。

品種画像通常竿プロ用
スモールフライ0%0%
フロッパー25%30%
スラープフィッシュ6%7%
スパイシーフィッシュ8%10%
ホップフロッパー8%10%
ジェリーフィッシュ8%10%
シールドフィッシュ8%10%
サーマルフィッシュ8%10%
ヴェンデッタフロッパー0%0.75%
マイダスフロッパー0%0.75%
レア武器25%9%
エピック武器2.5%1.5%
レジェ武器1%1%

というわけで統計から見えてくるプロ用の釣り竿の効果としては、

  • 各魚の出現率が僅かに増加する
  • ヴェンデッタフロッパーが出現するようになる
  • 武器の出現率が大きく下がる

明らかに強いアイテムが釣れるとかではないので、一概にプロ用を使った方が良い……とはならないでしょう。

実用面で嬉しいのは、フロッパー、スラープフィッシュ、シールドフィッシュの出現率が2~5%向上する点のみ。むしろレア武器が欲しい状況も十分にあり得るので、クラフト素材を100ALL使ってまで、プロ用にアップグレードする価値はなさそうです。

フィッシングフック(通常の釣り竿)をアップグレードすることで、プロ用フィッシングフックにすることができます。

魚の有用性が低下した件

前シーズン(v13.4まで)に比べて弱体化しており、釣りの重要度も低下したと思います。

シーズン3から魚の種類が増えたのですが、それに伴ってフロッパーや、スラープフィッシュの出現率が下がりました。爆破漁が使えたときならまだしも、v14.1以降では最大までスタックさせるのが困難になっています。

フロッパーですら、前シーズンの60%から25%まで急落しており、プロ用フィッシングフックを使っても30%と半減しています。つまりはフロッパーを最大まで集めるための時間が2倍、必要な釣り場も2倍になっています。

同様にスラープフィッシュは10%から6%に低下し、新顔の中では回復に使えるシールドフィッシュは8%の出現率です。共に数を揃えるのは困難な数字であり、釣り場が5、6個では2匹集めるのも期待しにくいです。

爆破漁で良い魚が出たときなら(v14.0時代)、釣り場1つあたりから3匹の魚が出たので、数の暴力で出現率の低さを補えました。それでフロッパーや、スラープフィッシュの入手性が同じくらい。

おまけでシールドフィッシュが付いてくるから、強化されたと言って良かったのですが……。

過去の存在となった爆破漁

v14.1以降は爆破漁が実質不可能になったので、シールドがないからその場で釣りをして補うようなことはあっても、後々のために溜め込むというのは厳しい気がします。

当たりを引くまでの時間も掛かりますし、釣り場の数も足りてない。何かしらの変更がないと、実用面では空気化する可能性が高いです。