タイタンフォール2: スコーチのキット評価とお勧めカスタム

シェアする

素の武装が弱いのを専用キットでバランス取りした結果、専用キットのいくらかが劇的に戦闘力が変化するハイポテンシャル揃いになっています。それの有無でアビリティの性能が相当に変化します。

立ち回りも防御型のインフェルノシールドと、攻撃型の強化装甲で多少変わって来ます。

閉所での守りに特化したタイタンで、上方修正で多少自由度が増したものの、相変わらずピーキーな使用感を持ちます。 防衛とタンクの専門職なん...

専用キット

ワイルドファイア、インフェルノシールド、強化装甲の3つは特に影響力が高く、どれを使うかで立ち回りが変わってくるので注意が必要です。

ワイルドファイア

武装一覧
項目テルミットランチャーWF・ランチャー
武器ジャンルタイタン武装タイタン武装
タイタンダメージ800 - 8001000 - 1000
AT - クリティカル倍率1x1x
弾速42m/s42m/s
発射レート21RPM21RPM
装填数11
リロード / リキャスト2.4s2.4s
ADS時間0.2s0.2s
Sprint out0.25s0.25s
最大DPS780850
最小DPS280350

主武装のテルミットランチャーの直撃ダメージ増化、拡散するテルミットも油マシマシで強力になります。

弾速が遅いので直撃が取りにくいことは変わりませんが、テルミット継続ダメージの安定性、アベレージが増化します。

他のタイタンが同型のキットを持っていたら即時採用確定くらいの強いキットですが、他のキットがもっと強いのでスコーチの選択肢としては主流ではないと思います。

あえて裏を掻くためとか、開けたマップで接近を諦める場合とか、対パイロットのために装備するキットだろうと思います。

フロンティア・ディフェンスだと、専用アップグレードとの相性もあって有力な選択肢になります。

インフェルノシールド

武装一覧
項目ヒートシールドインフェルノシールド
武器ジャンル防御アビリティ防御アビリティ
タイタンダメージ250 - 250350 - 350
AT - クリティカル倍率1x1x
弾丸消失点5m5m
弾速Hit-ScanHit-Scan
発射レート300RPM360RPM
装填数2536
リロード / リキャスト20s20s
ゲージ消費20%/sec18%/sec
持続時間56
Sprint out0.3s0.3s
最小キルタイム0.600s0.333s
最大キルタイム0.600s0.333s
最大DPS12502100
最小DPS12502100

ヒートシールドのダメージが40%、攻撃サイクルが20%、持続時間が20%増化して、密着時に凄まじいダメージを与えるようになります。また攻防一体の盾なので、相手タイタンによっては一切の反撃を許しません。

もはやコアアビリティに匹敵する火力水準で、これを越える通常攻撃はリージョンのパワーショット、モナークのXO-16 アクセラレーターくらい。それら2つに比べて総ダメージ量も多く、決まれば無傷のタイタンを容易に破壊できます。

ロマンよりの部分はあるものの、角待ちなどを使って、確実にタイタンを始末できるので、有力なタイタンキットの一つです。防御面では圧倒的です。

強化装甲

火炎の自傷ダメージが全てカット、自身のクリティカル部位が消失します

これを付けていれば、前方にテルミットをばらまきつつ、のっしのっし前進できるので、攻勢に出やすくなる重要度の高いキット。

距離が離れていると流石に無理ですが、単独でも強ムーブを押しつけられるようになるので、完全に防御型だったスコーチに攻撃の側面を付加してくれますす。

動きが遅い性でクリティカルを取られやすいタイタンであるため、その欠点を補ってくれるという側面でも優秀。

PvPにおいては攻撃用の最有力キットです。

火に油

ファイアウォールのクールタイムを10秒から8秒に短縮してくれます。要するに20パーセントの改善な訳ですが、他キットが無闇に高性能なので、普通レベルのキットでは採用しにくいです。

あとスコーチの立ち回りにおいては、ファイアーウォールの依存性がそこまで高くないため、優先度はどうしても下がります。

焦土

フレイムコアのダメージが1000ポイント増加します。割合だと25パーセントで、やっぱり他のタイタンだと有力キットなんでしょうが、フレイムコアまでまず繋げるのが大変なので実用的ではありません。

汎用キット

やはりアサルトチップとかは、ぽーいして、ターボエンジンかオーバーコアの二択です。

接近しないと始まらないのと、フレイムコアのダメージがそこまで高くない関係から、オーバーコアよりターボエンジンを優先した方が良いかと思います。攻撃の射程が極端に短いので、同じ重量系といっても、リージョンとは立場が異なります。

汎用性が低いので、例えオーバーコアを付けても、何度もコアを回すのは難しいですし、ロデオされてもテルミットで焼けば良いので、電気スモークの数も要らないです。

お勧めカスタム

各キットの効果が強く、劇的な性能変化があるため、少しずつ動きが変わって来ます。その辺り、モナークに通じる部分があります。

防御型

  • 汎用キット:ターボエンジン
  • 専用キット:インフェルノシールド
  • 降下キット:ドームシールド

初期のスコーチはインフェルノシールド一択と言われた由縁のカスタム。

要所に陣取って敵からの攻撃を防いだり、強攻してきた相手を迎撃するのに特化した防御タイプです。拠点戦や、賞金稼ぎの降下地点など、特定の場所に張り付けたときの戦闘を得意とします。

インフェルノシールドのDPSが高いので、相手は迂闊に近寄れず、ポイント稼ぎが安定します。相手が油断しているようなら一気に焼き殺せるロマンもあり。

反面、テルミットで自傷するので切り込んでいくのが苦手で、ダメージソースがインフェルノシールド頼みなので、引き気味の相手だと勝ちの手がありません。

基本的に防衛しかできないため、攻撃の部分が味方に大きく依存してしまいます。どこかでイニシアチブを握らないといけないのですが、野良だとそのタイミングが巡ってこない場合も多いです。

スコーチの特性を分かってる相手には辛いです。角待ちしたり、パイロットが乗り込もうとするところを強引に起き攻めしたりしましょう。

攻撃型

  • 汎用キット:ターボエンジン
  • 専用キット:強化装甲
  • 降下キット:ドームシールド

強化装甲の大幅強化を受けて生まれた後発の型で、ようやくスコーチを攻撃に使えるようになった感じです。ファイアウォール、焼夷トラップによって自傷しないので、敵の退路を断ちつつ強引に追い詰めます。

相手がローニンだったり、ノーススターだったり、ターボ型モナークだったりすると、接近すること自体が絶望的ではあるのですが、それ以外に対しては強化装甲の恩恵で一方的にやられるケースが激減します。

最終的には仕掛ける場所に依存しますが、上記の防御タイプみたいに機会を逃したら、ノーダメージで完封されるとかは無くなる安定タイプ。主攻に失敗してもある程度の消耗を強いることができるので、攻めることのリターンが増えています。

インフェルノシールドを付けていないことによる密着時のDPS低下は、足下に焼夷トラップを投げることである程度解決できます。

遠距離型

  • 汎用キット:ターボエンジン
  • 専用キット:ワイルドファイア
  • 降下キット:ドームシールド

テルミットランチャーを主武装にするタイプで、対パイロットに優れています。序盤に出すには最適で、場合によっては大量のキルを稼ぐことも出来ます(スコーチだと相手も油断してくれるので)。

テルミットランチャーの直撃ダメージが増えるので、タイタン相手もそれを主軸に闘うことになるんですが、上記2つの構成に比べると戦闘力に劣ります。正面切って撃ち合いして勝てるかと言えば怪しい。メタ外であることを利用して、意表を突かないといけません。

一方でフロンティア・ディフェンスだと主力中の主力で、テルミットランチャーの攻撃効率が上がるので、優れた防御型タイタンになります。

シェアする

フォローする