スプラトゥーン3: シェルターのデータと簡単解説

シェアする

シェルターは傘による防御と、傘飛ばしによる追加の投げものを有する武器です。

取りあえず傘を飛ばしまくって敵陣を荒らしにいく攻め運用が良い気はしますが、あんまり使っている人がいないから、実際のところがどうなのか良くわからない……。

データ

通常攻撃

武器一覧
項目パラシェルターキャンピングシェルタースパイガジェットクマサン印のシェルター
外観
種類シェルターシェルターシェルターシェルター
発射形式セミオートセミオートフルオートフルオート
基礎ダメージ16.2 x5 (8m)17 x7 (8m)40 (11m)15 x6 (7m)
発射レート125 RPM70 RPM138 RPM300 RPM
継続発射数15発8発25発50発
精度4.574.59
弾速75m/s75m/s75m/s75m/s
発生0.15s0.18s0.18s0.18s
サブ スプリンクラー ジャンプビーコン トラップ スプラッシュボム
スペシャル トリプルトルネード キューインキ サメライドランダム
DMG
(サーモンラン)
180 (8m)119 (8m)30 (11m)90 (7m)
キルタイム0.480s-0.870s0.200s
DPS16913992450
DPS
(サーモンラン)
37513969450

武器一覧
項目パラシェルター(傘)キャンピングシェルター(傘)
外観
種類シェルターシェルター
発射形式オルト攻撃オルト攻撃
基礎ダメージ30 (40m)30 (30m)
発射レート120 RPM120 RPM
溜め時間1.35s1s
継続発射数3発2発
精度00
弾速8m/s5m/s
発生0.25s0.75s
DMG
(サーモンラン)
100 (40m)30 (30m)
キルタイム1.500s1.500s
DPS6060
DPS
(サーモンラン)
20060

※効率重視で雑な部分があるので後でこっそり修正されるかも

  • 精度: FOV80換算で算出したもの。数値が小さい方が高精度
  • 弾速: 発射した弾が飛んでいく速度
  • 発生: 攻撃モーションの時間
  • TTK(キルタイム): 命中率100%のときに敵を倒すまでにかかる時間
  • DPS: 単位時間当たりに与えられるダメージ量

チャート関連

純粋値

v1.1

発生+弾速込み

v1.1

簡単解説

散弾による攻撃

本作に登場する唯一の散弾系武器であり、複数の当たり判定を持ったペレットを射出します。

ヒットしたペレット数によってダメージが増減しますが、武器毎に定められた上限以上のダメージが出ません。また上限値も低めに設定されているので、武器単体の火力は全体的に低調です。

ダメージキャップ方式のメリットというのは、相手の動きが速くても安定してダメージが出ることですが、スプラトゥーンは割と低速な環境なので恩恵を感じにくいです。

広範囲を攻撃できる高火力な武器というだけなら他にも存在するので、傘の展開も合わせて運用していきたいです。

傘の展開

射撃ボタンを押しっぱなしにすることで、傘を開いて前方からの攻撃を遮断します。

傘によるガード機能はシューター、スピナーといったオーソドックスな武器への対策としてはそこそこ機能しますが、スロッシャー、ブラスターといった範囲攻撃相手にはあまりに無力です。

防御的に使っても機能不全になりやすい点は押さえておいた方が良いです。

《スパイガジェット》についてはガードを使いながら射撃でき、それ以外のシェルターは傘を切り離して飛ばすことができます。

傘の射出には一定時間ガードを継続する必要があり、25%のインクを消費します。飛ばした傘も攻撃判定と塗り能力を有しており、傘を飛ばしている状態でも散弾による攻撃だけはできます。

攻撃の手数、盤面への影響力を考えると傘飛ばしはかなり使い得で、シェルターを使うのなら傘飛ばし重視が基本じゃないかと思います。

武器の役割

傘飛ばし

傘の射出ができる《パラシェルター》、《キャンプシェルター》が担当します。傘の射出を使って移動する盾を生み出せるので、それを使って敵陣を荒らします。

傘が持つ盾の能力は限定的ですが、傘の後ろから攻撃することもでき、塗り能力もあるので《カーリングボム》の変形として機能します。

傘を飛ばすとしばらく自衛能力が下がりますが、傘によるガード機能は発生遅く、単体で盤面を押さえられるほどの性能が無いので、飛ばせるだけ飛ばした方が良いです。

その特性上、狭いステージでは影響力が高くなります。

反面、広いステージだと潜伏するにも中途半端な攻撃力だし、塗りきれないしで汎用性には難が残ります。

コメント

  1. 匿名 より:

    スプラ界の壁編集ショットガン

  2. 匿名 より:

    キャンピングシェルターとスパイガジェットのフルオート・セミオートが逆になっております