デバイスレビュー: G-wolves Hati Classic

シェアする

G-wolvesからリリースされているゲーミングマウス「Hati Classic」のレビューです。

近年の流行を反映した軽量タイプのワイヤードマウスで、LogiのGproワイヤレスに似通った形状をしています。耐久性こそ心配ですが、手堅いところを抑えた優良マウス。

なんか販売契約でゴタゴタがあったらしく、Amazonで投げ売りされていました(今も白だけは投げ売りされてます)。

概要

Hati Classic 上
Hati Classic 横
  • 全長:125mm
  • 横幅: 68mm
  • 高さ: 40mm
  • 重量: 65g(誤差2g)
  • センサー: PMW3360
  • ケーブル: あり
  • サイドボタン: 左側2個
  • チルトホイール: なし

特徴

Gproワイヤレスのクローン

2020年現在におけるハイエンドマウス「Gproワイヤレス」に似通った形状をしています。

Hati(赤) vs Gproワイヤレス(青)

Hatiの方が尻の膨らみが大きいものの、形状に関しての差はごく僅かです。その違いに関してもHatiの方が中央分のくびれが強く、ホールド感が良いくらいです。表面塗装もサラサラ系のGproに対して、Hatiの方がしっとりしています。

有線無線の違い、右側サイドボタンの有無はあるものの、ほぼ互換と言っても良いくらいの再現度になっています。

手の全長が21cmある私からすると、被せ持ちするには小さすぎるわけですが、割と万人向けの形ではないでしょうか。重心のバランスが良いので被せ持ち、つまみ持ちもやり易いです。

ちなみに有線Gproとの比較は下記のとおり。

Hati(赤) vs Gpro(青)

65gという軽量さ

近年の流行を反映して、肉抜きを施した軽量型マウスになっています。

マウスの重量は手首支点で動かすときに影響が大きく、軽い方が滑り出しが軽く、止まりも良くなります。耐久力が落ちるという欠点はあるものの、実戦においては特にデメリットがありません。

2019年以降ではこういった軽量マウスが多数発表されています。

Hati(赤) vs Model O(青)

上記は国内では最も入手しやすいだろう肉抜きマウスGlorus「Model O」との比較になります。Model OはZwei FK1のクローンなので、ホイールの位置がちょっと遠め。

Hatiの方が全長が短く、かわりに全高があります。全長が短い方がつまみ持ち向きで、上下の動きに強くなります。

潤沢な付属品

  • 予備スイッチ
  • 予備ケーブル
  • 予備マウスソール(x2)
  • 追加マウスソール
  • 底面シール
  • グリップテープ

中華のハイエンド製品にありがちなパターンで、やたらと付属品が付いてきます。予備のスイッチやケーブルが付いているパターンは人生で初めてでしたが、柔らかいケーブルは断線しやすい欠点を抱えているので、地味にありがたいのかも。

個人的にはメインのクリックよりも、ホイールの予備が良いと思うのですけどね。大体のマウスで真っ先にヘタれるのがホイールなので。

Amazon投げ売り問題

中国の「G-wolves」と香港の「HK Gaming」がそれぞれ販路を持っていたのですが、アメリカにおける商標登録で揉めたらしいです。

米アマゾンでのメイン販売者の立場を奪い合うため、値下げを繰り返し、それが日本にまで波及した結果、5月10日あたりから急激な価格低下が発生しました。

国内価格8000円前後だったのが、4000円まで下がり、6月8日現在においても白モデルだけはその価格を維持しています(他は品切れ)。

恐らくはこれを機に全面モデルチェンジという投げれになるのでしょうが。

まとめ

耐久力だけは心配が残るものの、手堅い性能を抑えた軽量ゲーミングマウスです。Gproワイヤレス互換の形状で、右利きならば改良型とも言える握り心地になっています。持ちやすく、重心のバランスも良い。

欠点はサイドボタンが押しにくいこと、耐久性がどうなのか……という点でしょう。

シェアする

フォローする

『デバイスレビュー: G-wolves Hati Classic』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/06/10(水) 11:57:11 ID:c34f4e284 返信

    購入しました!価格と性能両方に満足です。
    ただ、他のレビューサイトにはクリックの遅延が発生しいるのでフォームウェアでアプデ必須って記載されてたんですがG-Wolves社のページがError 522で繋がらないのが唯一の不満ですね