フォートナイト: NO SWEATサマー終了時の変更点(8/9)

シェアする

EPICが長期休暇に入っているv21.3における2度目のパッチなし更新です。

過去のシーズンでちょろっと登場していた《ガラクタ裂け目》が復活しましたが、弱体化しているので使い道は限られています。

ガラクタ裂け目が復活

  • 直撃の対人ダメージが減少(200 → 100)
  • 直撃の対車両ダメージが増加(1500 → 2000)
  • 衝撃波の対物ダメージが増加(1500 → 2500)

火力に特化した投げもので、チャプター1・シーズン10以来の復活です。

ただし、過去の《ガラクタ裂け目》とは色々と変更されていて、対人性能は更に低下しています。音でばれるため基本当たらないものなので、いよいよ対人用途には向きません。

《アーマードウォール》を1撃で破壊できるように対物ダメージは増えたものの、特化型過ぎて使いにくい……。

使用時に最大90個の建築素材が手に入るので、高所の宝箱を破壊して落とすとか、漁り目的に使うのが多くなるでしょう。

《ガラクタ裂け目》の現役時代(チャプター1・シーズン10)においても、みんな最初は人に向けて投げていたものの、最終的には街中で空撃ちする人ばかりになっていました。

序盤の建築素材100個はかなり重要なので、当たりもしない攻撃よりも今の建築素材って結論になったわけです。

ゼロビルドでは落ちてきた物体を盾にできますが、更に使える状況が限られるので、他の補助装備を差し置いて採用することはないかと思います。

ガラクタ裂け目はv10.11で追加された投擲武器です。使用すると空からオブジェクトを呼び出し敵にぶつけられます。 強化型フラググレネ...

保管庫に格納

フレアガン

アイスクリームコーン

全種類が格納。

ハズレが減ったので、クーラーボックスなどが相対的に強化されました。

デイリー・ビューグルの開花

v21.4に向けて、《デイリー・ビューグル》に現実の根が生えてきています。

通例だと最後の大規模パッチになるので、シーズン終了も見えてきました。