フォートナイト: 新武器「ヘビースナイパー(バレットM82)」の性能と考察

シェアする

企画段階だと壁一枚を貫通する効果が付く予定だったらしいですが、実装では単純に高威力なスナイパーになっています。攻撃サイクルの低さがネックでして、威力はあるけど使いやすい武器ではないです。

反面、高い奇襲力と打撃力を持つので、持っていると頼りになることも多いです。狙撃武器らしい狙撃武器であり、素直に強いです。

武器概要

v5.2で追加された新しい武器「ヘビースナイパー」は、エピックとレジェンダリーが存在する上位枠のスナイパーライフルです。威力を突き詰めた仕様になっており、セミオートSRとは真逆の立ち位置になっています。

武器一覧
項目ヘビースナイパー
/ バレットM82
ヘビースナイパー
/ バレットM82
発射形式セミオートセミオート
レアリティエピックレジェンダリー
最大ダメージ150 (~480m)157 (~480m)
中ダメージ--
小ダメージ--
対物ダメージ10501100
クリティカル倍率2.5x2.5x
発射レート14RPM15RPM
装弾数11
リロード速度4.28s4s
持ち替え速度0.75s0.75s
ターゲット速度0.3s0.3s
腰だめ精度5.55.5
ターゲット精度00
しゃがみ補正0%0%
移動補正+160%+160%
対物DPS245275
対人DPS3539
TTK100HP-0.000s-0.000s
TTK150HP0.000s-0.000s
TTK200HP4.286s4.000s

1発の威力が150以上と高く、胴体でもHP全快+ミニポーションまでならダウンが取れます。ミニポーションの登場以来、胴体での1HKが取りにくい状況が続いていたので、信頼性の高さが魅力です。

反面、攻撃サイクルはかなり遅くなっており、撃ち合いになってしまうとリロードの時間を取るのが困難になります。とはいえ遠距離用の武器なので、それが致命的になることは少なく、従来までのスナイパーライフルと同じ運用でいけます。

持ち替えが0.75秒と遅いですが、覗き込みは他のスコープ系と変わりません。

ちなみに当初の予定では壁に対して貫通効果が付くはずでしたが、結局オミットされる形になっています。

運用に関して

基本的には今までのスナイパーライフルと同じで、最小の隙を持って敵にカウンター攻撃を仕掛ける、気付かれていないときに奇襲を仕掛けるのがメインになります。イニシアチブを取るための武器です。

他のスナイパーライフルと異なりヘビースナイパーだけは弾の自由落下が緩めになっているので、少しは当てやすくなっている……のでしょうか。

弾速は同じ300m/s みたいなので、命中率は大差無いと思いますが、胴体でも強烈なダメージがでるので、走っている相手には他のスナイパーより効果的だと思います。ちょろっと当たるだけでも1HKになりやすいですし、削りのダメージからキルに繋げやすいです。

v3.6の仕様変更以来、スナイパーライフルの弾は遠くに飛ぶほどに当たり判定が大きくなるようになっているので、そこまで精密である必要はないですが、割と感に頼る部分が大きいので慣れが必要になるでしょう。

実線の位置がヘビースナイパーの着弾、破線がボルトアクションSRの着弾です。

最終更新日:2018/8/18

※ 大まかに計った感じの着弾

対物攻撃としてはちょっと微妙です。リロードが遅すぎてこれで敵の拠点を壊すのは至難の業。爆発物系等にはとても敵いません。対物DPSは200越えと高いのですが、オーバーキルが過ぎます。まぁ邪魔な成木(HP600)を安全に伐採できるくらいのつもりで良いでしょう。落下を狙っていても、そういう機会は滅多に巡ってきません。

他武器との比較

ボルトアクションSR

ボルトアクションSR
項目ボルトアクションSR
/ AWP
発射形式ボルトアクション
レアリティエピック
最大ダメージ110 (~480m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ110
クリティカル倍率2.5x
発射レート20RPM
装弾数1
リロード速度2.8s
持ち替え速度0.45s
ターゲット速度0.3s
腰だめ精度5.5
ターゲット精度0
しゃがみ補正0%
移動補正+90%
対物DPS37
対人DPS37
TTK100HP-0.000s
TTK150HP3.000s
TTK200HP3.000s

現状だとハンティングライフルと人気を二分しているだろう武器ですね。ハンティングライフルより高威力ですが、発射レートに劣ります。今回追加されたバレットM82は、そんなボルトアクションSRよりもレートが遅いです。

代わりに胴体でも150ダメージという強烈さがあり、当てれば強いんですが、このもっさり加減が人を選ぶと思います。同じスコープ付きではあるんですが、ヘビースナイパーの方が持ち替えが遅いので、カバーに入っている敵との撃ち合いだと、タイミングが取りにくいです。

どちらかと言えば、屋外で走っている敵などに攻撃する方に適正がありそうです。掠り辺りでも150越えのダメージなので、ミニポーションが掛かっている位なら即死なのは大きな魅力です。

ハンティングライフル

ハンティングライフル
項目ハンティングライフル
発射形式ボルトアクション
レアリティレア
最大ダメージ90 (~480m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ90
クリティカル倍率2.5x
発射レート33RPM
装弾数1
リロード速度1.8s
持ち替え速度0.45s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度3.5
ターゲット精度0.2
しゃがみ補正0%
移動補正+80%
対物DPS50
対人DPS50
TTK100HP1.818s
TTK150HP1.818s
TTK200HP3.636s

ハンティングライフルは、ヘッドショット時に確定ダウンが取れて、且つ攻撃サイクルが速いのが魅力な武器です。覗き込みも他のスナイパーライフルより速くてクイックです。問題は他のスナイパーライフルと異なって、ターゲット時でも弾が真っ直ぐには飛ばないという点ですが、初弾精度による補正でカバー出来ます。

ヘビースナイパーとはかなり攻撃サイクルに差が付いています。ヘビースナイパーを1発撃つ間に、ハンティングライフルなら2発撃てます。これを単純計算して良いものか迷いますが、ヘッドショットを取るという一点において、ハンティングライフルの効率には遠く及ばないことになります。

反面、胴体ヒットの場合だとダメージ効率はほぼ同じで、奇襲性の高さやスコープで微調整しやすい分だけヘビーSRが上回ります。ヘッドショットを狙うのは基本事項だとしても、安定性や期待値を鑑みると、ヘビーSRの方が効果的な局面も多くなるでしょう。ヘッドショットしないとダウンがまず取れないハンティングに比べると、即座に敵を1人無力化できるかも……という魅力はあらがいがたいです。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: 新武器「ヘビースナイパー(バレットM82)」の性能と考察』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/08/19(日) 07:30:27 ID:e1129273a 返信

    このゲーム、スナイパー自体要らない気がする。ショットガンかSMGで突っ込んだ方が早い。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/08/21(火) 02:57:11 ID:1746c4a80 返信

    ボルトアクションSR
    L96じゃね?

    • 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/08/23(木) 22:43:36 ID:87a592ef4 返信

      同じ武器のバリエーションですね。なんか他ゲームの関係からAWPが一番身近だったので、サイト内の限定的な扱いとしてそれにしています。