フォートナイト: ボルトアクション・スナイパーライフルの性能と使い方

シェアする

ボルトアクションスナイパーライフルは、リリース当初から存在した狙撃武器です。

一時的に保管庫に送られていましたが、v9.4で帰ってきました。

リリース当初……というより、スコープ付きARが弱体化してから暫くは、遠距離用の武器としては最も秀でていました。まぁ他に選択肢が無かったからというのが最大の理由なので、普通過ぎるという弱みが見え隠れしています。

データ

武器一覧
項目ボルトアクションSRボルトアクションSRボルトアクションSRボルトアクションSRボルトアクションSR
モチーフL96A1L96A1L96A1MSRMSR
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式ボルトアクションボルトアクションボルトアクションボルトアクションボルトアクション
最大ダメージ95.0 (~400m)100.0 (~400m)105.0 (~400m)110.0 (~400m)115.0 (~400m)
対物ダメージ95.0100.0105.0110.0115.0
対物減衰なしなしなしなしなし
クリティカル2.5x2.5x2.5x2.5x2.5x
発射レート18RPM18RPM18RPM19RPM19RPM
装弾数1発1発1発1発1発
リロード時間3.3s3.15s3s2.5s2.3s
ターゲット速度0.3s0.3s0.3s0.3s0.3s
腰だめ精度9.89.89.89.89.8
ターゲット精度00000
しゃがみ補正0%0%0%0%0%
移動補正+90%+90%+90%+90%+90%
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
TTK100HP3.333s----
対人DPS2830323536
対物DPS2830323536
最終更新日:2019/8/7

武器の元ネタはL96A1の系等ですが、エピック以上になるとMSRへと姿が変わります。

通常マッチではコモンの個体は出現しません。

概要

ヘッドショット時に200オーバーのダメージ、胴体ヒットで100オーバーのダメージを与えるシンプルな狙撃銃です。

シールド無しの相手なら胴体でも1発ダウンですが、胴体ヒットでダウンを取れる確率は高くありません。

HPが100を越えてない敵が多発するルールでは多少評価が上がりますが、確定ダウンが取れるヘッドショット狙いが基本だと思います。

スコープの小さい目盛りで200メートル程度の距離に対応します。落下量は0.5mくらい。

敵発見のピンを立てると距離が分かるので、慣れるまではそれを参考に上下を合わせれば良いでしょう。

移動している敵に対しては、気持ち多めに偏差を付けると当てやすいと思います。

TPSなのでずっと体を出していなくても敵の位置は把握できますし、撃つ瞬間だけ体を晒すのが基本です。

遠距離の移動目標に当てるのは骨が折れますが、リスクが小さいのでバカスカ撃ち込んで、手数でカバーすると良いでしょう。

変更点

v11

  • 外観の変更
  • 下位レアリティの追加(コモン、アンコモン)
  • 発射レート、リロード速度の上昇(レア、エピック、レジェンド)

既存のレアリティに関しては、発射レートが上昇する上方修正が掛かりました。

v7.2

  • 弾道が向上

武器比較

武器一覧
項目ボルトアクションSRヘビーSRサプレッサー付きSR
モチーフMSRバレットM82-
レアリティレジェンドレジェンドレジェンド
発射形式ボルトアクションセミオートボルトアクション
最大ダメージ115.0 (~400m)132.0 (~400m)105.0 (~400m)
対物ダメージ115.01100.0105.0
対物減衰なしなしなし
クリティカル2.5x2.5x2.5x
発射レート19RPM14RPM19RPM
装弾数1発1発1発
リロード時間2.3s4s2.7s
ターゲット速度0.3s0.3s0.3s
腰だめ精度9.89.89.8
ターゲット精度000
しゃがみ補正0%0%0%
移動補正+90%+160%+90%
持ち替え速度0.4s0.7s0.4s
対人DPS363133
対物DPS3625733

サプレッサー付きSR

v9.4で入れ替わりに保管庫送りになったのですが、基本的には同じタイプの武器です。

ボルトアクションSRの方が僅かにダメージが多いですが、どちらも胴体ダメージは100+αです。大きな差はありません。

消音効果によって恩恵を受けられるかも怪しいですし、元ネタが同じなだけに互換武器に近いです。

ヘビーSR

ボルトアクションSRの方が高速なリロードができますが、1発のダメージ量に大きな差があります。150ダメージあれば、HP全快+ミニポーションのラインまでは胴体ヒットでも1発ダウンですし、それによって助かるケースも少なくありません。

頭を狙おうとしても面積の関係で、それ以外の部位にヒットすることは多いですし、ダウンを取る能力という点では、ヘビーSRには到底及ばないでしょう。

クイックで撃つ場合だと、倍率スコープで頭を追うのが辛かったりするため、総合的なポテンシャルはヘビーSRが大きく勝ります。

また対物ダメージの差も大きいので、汎用性という観点でもヘビーSRに軍配が上がるでしょう。一発限りとはいえ、切り返しの手札が増えます。

特に理由が無ければ、ヘビーSRに持ち替える方が無難です。

まとめ

初期から存在するスタンダードな狙撃銃なんですが、やや非力さや、パワー不足が目立ちます。というのも初期の環境に比べて、現在の方がシールドアイテムが3倍以上に増えているからです。

ヘビーSRや、インファントリーライフルがある環境だと、サプレッサー付きSRと同じくして、ちょっと厳しいかなぁとも思います。最後に残す場合もあり得るものの、優先度はそこまで高くない普遍的な装備という印象です。

チャプター2からは、これ以上の性能を持つ遠距離用武器が全てリストラされたので、相対的に影響力が増化しました。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: ボルトアクション・スナイパーライフルの性能と使い方』へのコメント

  1. […] Source: げぇむはしりがき フォートナイト: 帰ってきた・ボルトアクションSRの性能と使い方 […]

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/04/13(月) 16:55:30 ID:dac3e987f 返信

    モデルmsrだったのか。m40a6かと思ってた