フォートナイト: エアストライクの性能と使い方

シェアする

エアストライクはv9.33で追加された変化球タイプのリーサルグレネードです。投擲するとミサイルを呼び出し、一定範囲を爆撃するんですが、やはり大ぶりなのがネックになります。

過去に存在したラジカセと、ロケット花火を足して2で割ったようなアイテムで、現状だとあんまり使える気がしません。

性能

エアストライク
項目エアストライク
レアリティレジェンダリー
発射形式投擲
ダメージ75
対物ダメージ200
横射程3.5m
縦射程3.5m
発射レート320RPM
装弾数2
TTK100HP0.188s
対人DPS400
対物DPS1067

見た目の数値はトンデモな投擲系アイテムです。

投擲すると警報が鳴り響き、約5秒後にミサイル爆撃が始まります。ミサイル1発の爆風範囲は3.5メートルで、これは一般的な爆発物より33%狭いです。

最終更新日:2019/7/12

1発あたりのダメージ量も対人75、対物200とそこそこ高いですし、ミサイルの連射力も320RPMあるので、時間当たりのダメージ量―― DPSは対人対物問わずに凄まじい。特に対物に関しては王台の1000を突破しました。

ただしミサイルが広範囲にばらけるから命中率が低く、安定した結果を出すことが難しいです。

爆撃が行われる範囲は、投擲の中心から12.5メートルあります。その中に3.5メートル半径のミサイルが落ちてくるわけなので、思っている以上に命中弾が出ません。

最終更新日:2019/7/14

相手が初見などなら別ですが、よほどの乱戦にでもならない限りは、クラフトで全弾防がれると思った方が良いです。

パワーはあるけど、すごい大ぶりです。

意外と命中率が低い

9メートル半径のどこかに落ちて、3.5メートル半径を爆撃するので、効果範囲内にいる半径0.5メートル大のプレイヤーに当たる確率は、

(3.5+0.5)の二乗 / 12.5の二乗 = 0.1024

かなり大ざっぱなパターンですが、およそ10%くらいの命中率です。すごいプレッシャーを感じるものの、実際は9割の爆撃が最初から外れます。

それが20発降ってくるわけなので、2発当たって150ダメージを出せば、およそ平均的なダメージ量になります(実際には60%くらいの発生率ですが)。

ちなみにこれは相手がノーガードだった場合です。

最初の10発をクラフトで防がれたら、1発当たって普通のラインですし、あんまり直撃には期待しない方が良いです。相手がちゃんと防御していたら、まず対人ヒットなんかしません。

ちなみにノーガードの相手なのに1発も当たらない確率は、

(1-0.1)の20乗 = 0.122

つまりは12%くらいの確率で、立ち止まってる敵にすら全弾スカリが発生します

横に広いクラフトは得意

クラフトはプレイヤーユニットよりも遙かに大きいので、命中率は大分高まります。特に横方向に広がった構造物に対しては刺さりやすくなります。

1マス直撃は16%くらい、スプラッシュ半径に入る確率込みで40%くらいです。

例えば最近主流になっている陣地形勢、家屋の張り替えに対しては効果的です。爆風の半径が3.5メートルなので、上下に貫通しませんが、数の暴力である程度は一掃できます。

逆に苦手なのは縦に伸ばしたやぐらであり、屋根に直撃しないと駄目なので意外と利き目が弱い。追加で攻撃しないと、足場の壁が1枚残って崩れないなどのパターンが割と発生します。

また1発のダメージが200しかないので、石材以上の素材だと1発で壊せない場合もあり、序盤を除けば、あんまり刺さらないことも多いです。

ただ対人用途に使うよりは大分安定するので、面倒臭いクラフトを破壊するときにポイポイして使い切り、倒した敵が持っているシールド等と交換してしまうのが良さそうです。

似通ったアイテム

ラジカセ

ラジカセ
項目ラジカセ
レアリティエピック
発射形式投擲
対物ダメージ200
横射程12.56m
縦射程4.24m
発射レート85RPM
装弾数5
対物DPS283

過去に存在した類型アイテムとしては、ラジカセの存在が挙げられるでしょう。

ラジカセは周囲のクラフトを全て破壊してしまう投擲アイテムで、シーズン7の頃に実装され、シーズン中には消えました。効果は劇的なんですが、自分のクラフトも破壊されてしまうのがネック。

有利を固定できるものの、上手く使うには状況と地形を選びました。

エアストライクはラジカセとおよそ同じ効果範囲で、発動後に自動攻撃を行う点で同じです。ただし対人ダメージを持った代わりに、対物性能が大きく低下し、また高層建築物には弱くなっています。

またラジカセより投擲できる距離が多少は伸びましたが、代わりに発動前の隙が大きくなっていて、活用するのが難しいことには変わりありません。

ラジカセは重量系クラフトが強すぎて閉鎖的な環境になっているのをどうにかしたいという開発側の意図を感じられるアイテムです。周辺に音楽を鳴り響かせて、継続的にオブジェクトを破壊するのですが、色々と使いにくい部分が残ります。強いのは分かるんですが、自分が使うかといわれると微妙過ぎるゾーン。

ロケット花火

ラジカセがあまりにも不人気だったので、それと入れ替わりで登場したアイテム。シーズン9の夏イベントでも、一日だけ帰還していたので、こっちは知っている人も多いはず。

発動が早い代わりに、効果範囲が大きく下がっています。面辺りのダメージ量は、エアストライクと大差無いので、ロケット花火のビッグエディションでしょうか。

ロケット花火の火力不足は改善されましたが、発動するのが相当に遅くなっています。

かなりネタ寄りの対物攻撃用アイテムです。同日、保管庫に消えてしまったラジカセの代わりだとは思うんですが、それとは色々対称的。使いやすくはなっ...

まとめ

性能的には派手なんですが、存外に命中率が低く、決定力には欠けています。

またメタ的に考えても不利極まりないというか、敵がシャドーボムを1個でも持っていたら、それだけで無効化されてしまって、それのためにスロットを割くのか……という話になってきます。

チーム戦なら、自分が投げたところに味方が突っ込んでと、多少の連携はできそうですが、ソロだと自爆もあるので尚更使いにくい……。

一般のマッチだと最後まで腐る可能性が高いので、あんまり大事にするべきアイテムではないと思います。適当に投げてしまって良いかと。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: エアストライクの性能と使い方』へのコメント

  1. […] Source: げぇむはしりがき フォートナイト: エアストライクの性能と使い方 […]