フォートナイト: セブン vs IOガードの戦いがひとまず終わる(チャプター3・シーズン2)

シェアする

チャプター3・シーズン2を通して行われていたライブイベント「セブン vs IOガード」の戦いがひとまずの決着を見ました。

5/15付けを持って、全ての《IOエアーシップ》は撃墜され、廃墟と化した《ティルテッド・タワー》はセブンの勢力下に入りました。

シーズン末期のデスマーチは健在のようで、パッチと同時に変更ではなく、少し遅れて5/15日に適応されました。

戦いの歴史

戦闘の歴史(v20.3まで)
  • 第8週(5/15~)
    • セブンひとまずの勝利
  • 第7、8週(5/3~)
    • ティルテッド・タワーをめぐる戦い
  • 第6週(4/26~)
    • ロッキー・リールズをめぐる戦い
  • 第5週(4/19~)
    • コーニー・クロスロードをめぐる戦い
  • 第4週(4/12~)
    • コンドー・キャニオンをめぐる戦い
  • 第3週(4/5~)
    • デイリー・ビューグルをめぐる戦い

詳細

チャプター3・シーズン2のシーズンイベントとして、セブン vs IOの戦いが各地で発生しました。

戦いの現場には《ハントマスターサーベル》が赴任し、各地の《IOエアーシップ》で陣頭指揮を取っています。

戦闘はセブン側が常に主導権を握っており、IOは全ての戦地で敗退しました。

IOが敗退した名前付きロケーションにはセブン勢力の兵士が駐留し、《IOエアーシップ》は撃墜されて各地に跡地を残しています。

デイリー・ビューグル

4月5日から始まった最初の戦闘地点。

最終的にIOエアーシップは撃墜されて、東の海に墜落し、ランドマーク《デイリー・ラブル》になっています。

デイリー・ビューグル
デイリー・ラブル

戦地にいたピーリーは暫く行方不明になっており、戦闘に巻き込まれて……という匂わせがありましたが、実は車両事故を起こしていただけだったことが後々分かります。

セブン勢力の一員としてなにかしていたようなのですが、その後も各地で車両事故を繰り返しています。

コンドー・キャニオン

4/12から始まった2番目の戦闘地点。

戦闘後に撃墜されたIOエアーシップは、東の海に墜落して《キャニオン・クラッシュ》になりました。

コンドー・キャニオン
キャニオン・クラッシュ

コンドー・キャニオンでは、現地にいたキャラクターが戦闘開始と同時にいなくなり、戦闘が落ち着いてから戻ってきており、以降もその流れを踏襲します。

コーニー・クロスロード

4/19から始まった3番目の戦闘地点です。

飛行船は東に墜落して、《コーニー・クロプス》になっています。

コーニー・クロスロード
コーニー・クロプス

ロッキー・リールズ

4/26から始まった4番目の戦闘地点です。

飛行船は西に墜落して、《ロッキー・レッケージ》になっています。

ロッキー・リールズ
ロッキー・レッケージ

ティルテッド・タウン

5/3から始まった5番目の戦闘地点です。

飛行船は北の《ルート・レイク》に墜落して、《ティルテッド・タッチダウン》になっています。

ティルテッド・タウン
ティルテッド・タッチダウン

恐らくは開発の遅れによって、戦闘の終わりが若干後にずれましたが、5/15に戦闘が終わり、マップ上の変化も実装されました。

ティルテッド・タウンをめぐる戦いだけは他のケースと毛色が違い、戦闘が広範囲に及び、それに伴って街の大部分が破壊されています。

過去のシーズンでも度々破壊されているというか、ティルテッド・タウンの代名詞なわけですが、次のシーズンでは何らかの形で再建されるのでしょうか。

コメント