フォートナイト: ヘビーアサルトの調整と、戦闘機の弱体化(v7.1)

シェアする

予定されていたホバーボードの実装が延期されたので、小規模な更新にはなりましたが、v7.1ではヘビーアサルトの調整と、戦闘機の弱体化が入っています。戦闘機は体当たり攻撃が弱くなり、破壊された際のリスクが増大しました。

ヘビーアサルトライフル

リコイルが減少して使いやすくなった代わりに、腰だめ射撃精度が低下したという調整になっています。

  • 腰だめ精度が低下(0.75/0.7/0.65 → 0.9/0.85/0.8)
  • ADS時の基礎精度が強化(0.39/0.36/0.33 → 0.36/0.34/0.32)
  • 射撃時のリコイル減少 (6%)

およそレアリティ2段階位は精度低下しているので、そういう点では大きい下方修正に見えますが、元々十分な精度は持ち合わせているので極端な変化は見受けられません。ADS時に関してはほぼ据え置きで、レアリティ格差が小さくなっています。

代わりに分かるレベルで縦リコイルが減少しているので、普遍的には使いやすくなったと見て良いでしょう。それでもSCARに比べれば癖のある武器ですが、少しはマシになったかなぁというところ。

精度が下がったと言っても相変わらず、アサルトライフルでは最高の精度を持っており、3点くらいで連射したときの命中率は殆ど変わっていません。サプレッサー付きARよりも20%程度は精度が良いです。

一方でサプレッサー付きARは、動きながらの集弾性が良いし、精度の回復も速いので、ジップラインに乗りながらとか、戦闘機に乗りながらとか、バルーンに乗りながらとかの攻撃に向いています。

フルオートのアサルトライフルでは最も高威力、最も低レートな武器になります。DPSはM4と同じ位、精度はサプARよりも更に良好。スコープの付いていない武器の中では狙撃向きであるあるものの、近距離戦は少し苦手になっています。

戦闘機 「ストームウィング」

こっちは明確に弱体化です。主に体当たり攻撃が弱体化していて、リスクを伴うようになっています。前みたいに無茶な使い方をすると、あっという間に耐久力が半分ぐらいに……。

  • 衝突時のダメージ増化 (50%)
  • ブーストによる衝突ダメージ無効化を削除 (100%軽減 → 50%軽減)
  • 撃墜時に乗っているプレイヤーへのHPダメージ増化 (25 → 50)

今まではブーストさえあれば、無理矢理突っ込んで体当たりで良かったんですが、ブーストを使ってもダメージを受けるようになりました。また撃墜されたときのHP損失も増えています。乗っている側が一方的に有利だったので、少なくない不利さを追加しようというわけですね。

とはいえ、耐久力の損耗を気にしない使い捨てで運用するには極端な差はないので、取り敢えず乗って敵を探すという動きは健在です。機銃性能は相変わらず強力なので、ガンガン攻撃して有利を取れる存在です。

シェアする

フォローする