フォートナイト: ステルスプレイのための覚え書き

シェアする

ステルスプレイの難しさ

PUBGでは正攻法であるステルスプレイですが、フォートナイトでは正攻法ではありません。ゲームの仕様として、奇襲攻撃に対する切り返しが用意されていますし、隠れている=零点の行動なので、無駄に隠れていると他プレイヤーから突き放されていきます。このゲームにおけるステルスプレイ、非戦プレイというのは、隠れているだけでは成立しません。

隠れていれば運良く2位にはなれますが、1位との差が絶望的に開いているケースがあり、実はもっと前にやられていた5位くらいのプレイヤーが準優勝くらいのポジションで、あとは消化試合だったというパターンは少なくありません。

武器の質、シールドの量などがものを言います。また現在のメタはクラフト多用で敵を固めるのが主流なので、クラフト資源が多ければ多い程有利です。空中決戦になることも、最近は増えました。

それについていくには、最低限のクラフト資源を集めるのは勿論、武器のアップグレードも必要になります。敵から積極的に奪わないとなると、好戦的なプレイヤー以上にアイテム回収の効率が求められるわけです。

大きめなロケーションに誰も来なくて、安全エリアにも恵まれ、宝箱の引きが良くてが条件になりますが、それにしたってどこかで敵を狩る方が良かったりと、完全ステルスというのは割と苦行です。ステルス主体にしても、どこかで妥協した方が良い結果を生みます。多少のリスクはあっても、攻撃にでるタイミング、最終決戦をしかけるタイミングを逃してはいけない。

コソコソ作戦ガイド

銃声の範囲

銃声の聞こえる範囲はスナイパーライフルの250メートルを最長に、通常火器全般が120メートル、サプレッサー系の武器が40メートルと縮んでいきます。足音やクラフト、物の破壊、トラップの設置等で20メートルまで聞こえます(多分)。

ミニマップの中心から端までが125メートル(昔は一マスが250メートルだった名残)なので、アサルトライフルの銃声が聞こえた時点で、すでにミニマップに映る範囲内に敵がいるということになります。

自分自身が発砲する場合、ミニマップの範囲内に敵がいる状態で発砲したら、まずそいつは寄って来ます。横やりを警戒するなら、取られたら不味い強ポジがミニマップに映っている状況では発砲を控えた方が良いです。

静音性だとサプレッサー付きの武器が圧倒的なんですが、メインストリームになるには少し問題が残っています。

サプレッサー付きの武器

サプレッサー系武器のキルタイム(3/21)

サプレッサー付きの武器は途中からサブマシンガン→ハンドガンに替わりますが、キルタイムはレアリティに応じて良くなっています。また射撃精度に関しても、MP5SD(レア)とサプピストル(エピック)は同じですが、レジェンダリーのサプピストルは少しだけ上。

基本的にはレアリティの高い方を使うのが良いでしょう。

サプレッサーピストル
項目サプレッサーピストル
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
大ダメージ28 (~28m)
中ダメージ23.8 (48m)
小ダメージ21 (70m ~)
対物ダメージ25
クリティカル倍率2x
発射レート405RPM
装弾数16
リロード速度1.3s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.1 - 3.1
ターゲット精度1.25 - 2.25
しゃがみ補正-20%
移動補正+25%
対物DPS169
対人DPS189
TTK100HP0.444s
TTK150HP0.741s
TTK200HP1.037s

ちなみにキルタイムはM4にも負けてないですが、ターゲット時の精度が半減しているので、有効射程はアサルトライフルの半分程度と考えて良いです。

クロスボウは忘れましょう。使うだけ無駄です。

怪しすぎる草の実用性

フィールドに設置されている自然の茂み、ブッシュスーツによる隠蔽、共に実用性はかなり怪しいです。初期のバランスですら怪しかったんですが、両方とも下方修正を受けているので更に弱くなっています。

頭が出ているので、通りがかりでも分かります。止まっているのでスナイパーの良い的です。

茂みはサイズが一回り小さくなって、平地だと必ず頭が出るように。ブッシュスーツは逆に効果範囲がでかくなって、射撃時の扱いにくさが増大しています。

ハンティングライフルを使っているときの例ですが、草が邪魔すぎて敵がろくに見えません
ショットガン時。8割以上が草で隠れるので死角に入り込まれたら対処のしようが無い……

使うとむしろ弱くなる完璧なネタ枠なので、実用性を求めるならブッシュスーツは迷わず捨てましょう。遠くから金色の光を見せて、敵を呼び寄せる位の価値しか無いです。

クラフト資源の回収

家などはクラフト資源の回収効率がすこぶる悪いのでこれを破壊することはありませんが、木々を伐採する場合には完全に破壊しない方が敵に位置を悟られません。背の高い木を破壊してしまうと、破砕エフェクトを目視されて敵を呼び寄せてしまいます。

車を殴ったときの音が聞こえるのが、半径20メートル程度なので、それよりよっぽど危険な行為です。むしろ車全般は背が低くて、殴っているところを敵から目視されにくいので、資源の採取対象としては安全な方です。

より安全な方法を取るのなら、家の中の家具を殴るのをお勧めします。家具は1回殴っただけで壊れてしまいますが、クラフト資源の回収効率は悪くありません。こと大きめな木製家具、密集しているキッチンの戸棚まわりはクラフト資源の回収対象としてはおいしいです。

ちなみに最強なのは言わずと知れた木のパレット。ひと殴りの回収効率トップで、耐久力もそこそこあるので、これひとつで約50個、櫓一段分のクラフト資源を回収できます。

最終決戦に挑むタイミング

TPSの仕様上、高い所に陣取ると周囲の索敵がしやすくなります。隠れられる場所に限りがある最終局面においては、有利位置を捨てて隠れているメリットが殆ど無いです。要塞を構えるだけのクラフト資源がない場合などはやむを得ないのですが、そもそもそんな状況にならないように行動すべきなので、その時点で半ば詰んでいるようなもの。

そうならないようにクラフト資源はできるだけ集めておき、取らないといけないポジションが定まったら、もうステルスは捨ててでも勝ちを狙いに行きます。あまりに早いタイミングで建造を始めると、ヘイトを集める可能性もありますが、どのみち最後の戦いを避けることはできないので、どこかのタイミングで主導権を奪う必要があります。

建造が終わったら、その後はしばらく下界の動向を様子見でも良いので、狙えるときには最速で強ポジションを取ってその安全を確保すること。奇襲攻撃が弱いゲームなので、セオリー通りに防御側に回って待ち受ける方が良いです。慣れない間は防御側有利です。遠くにいる敵は自分で攻撃しなくても良いです。

一方で先に強ポジションを押さえられた場合、これを独力で破壊するには物量で勝っている必要があります。極端な非戦だとこれを達成するのは難しいので、強ポジのプレイヤーが他に攻撃を掛けているときに、死角から強引に接近して短期決戦を強いるのが最適解。階段でよじ登って、ショットガン片手に櫓に飛び込むとかで良いです。下手に遠距離攻撃すると、さらに防御を固められたり、クラフト合戦に発展して、スキル差や物量差で押し巻ける危険があります。重要なのは強ポジションのプレイヤー以外が生き残っている段階で仕掛けることですね。

『フォートナイト: ステルスプレイのための覚え書き』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/03/23(金) 01:43:40 ID:6b31b8473 返信

    初動で人が降りてなさそうな所いくと、終盤10人ぐらいまでは残れるけど、結局装備の差的に負けるってのをよくやってしまう

    ロケラン強すぎてあるかないかで差がえぐい気がする、建物壊せるし、爆風でもダメージ入るから隠れててもあかんし、いやーキツイっす

  2. 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/03/23(金) 12:28:51 ID:fcdd8019c 返信

    ロケランは初期からすると弱体化してるんですけど(リロードが3割悪化、落ちてる弾が半減)、それでも上から撃ち降ろす分には最強格の武器ですからねぇ。

    一番よい対応はクラフトで守ることなんで、早い段階で仕掛けて無駄撃ちさせるのが良いんでしょうか。もう周囲を完全に囲っちゃっても良いので。

  3. 名前:サプカス 投稿日:2018/03/24(土) 15:21:28 ID:b155b1a91 返信

    相手が上とっててロケラン持ってたら詰みですね。

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/03/25(日) 01:21:18 ID:fc84b506c 返信

    そんなジャンケンで自分がグー出した時相手がパーだしたら負けますねみたいな事言われても…