フォートナイト: シーズン7開幕でのマップ変化

シェアする

チャプター2、シーズン7で追加された名前付きロケーション、ランドマークのまとめです。

前シーズンの中心にあった「ザ・スパイア」は消滅し、紫色のクレーター「アフターマス」へと変貌しています。

各地にはIOの前哨基地が設置され、UFOが不時着現場もランドマークへと昇進しています。それぞれIOチェスト、UFOが入手できる場所になっています。

新しい名前付きロケーション

コーニ―・コンプレックス

IOの隠し基地である名前付きロケーションです。

内部にIOガードが配置されており、専用のチェストも存在します。

このチェストからはパルスライフル、リーコンスキャナー、レールガンが高確率で出現します。特にパルスライフル、リーコンスキャナーの出現率が高いです。

地下エリアにはボスNPC「スローン博士」がおり、これを倒すことでミシック武器を入手できます。

ビリーバー・ビーチ

宇宙人への親愛をアピールするようになったスウェティ・サンズ。トランポリンが設置されたくらいで、旧時代から大きな変化はありません。

新しいランドマーク

新しいランドマーク v17

合計13個のランドマークが追加されました。

  • 赤いピン: アンテナ系のランドマーク
  • 紫ピン: UFOが不時着しているランドマーク

アンテナ系

各地に7カ所ある基地のような建物です。

コーニ―・コンプレックスほどではないですが、IOガードが駐留しており、専用の横長チェストがあります

単独の物資量は大したことがないので、効果地点としては周辺の立地も必要になりますが、固定のジャンプパッドがあるので移動はしやすいです。

各拠点にヘリポートがありますが、チョッパーが復活するのか、単なる雰囲気付けなのか。映画「インデペンデンスデイ」みたいに戦闘機で戦うようにはならんと思いますが……(労力的に)。

UFO系

各地に4か所ある新ビークル「UFO」が不時着している場所です。一部は青い煙が立ち上がっており、現場にIOガードが駐留している場合があります。

インベイジョン都市のようにUFOを撃墜する必要も無く、大型の名前付きロケーションやランドマークの内部にあるので、色んな意味で時間短縮に繋がります。

関連マップ

アップグレードベンチ
キャラクター

コメント

  1. 匿名 より:

    ufoはグリーンスチールブリッチの下にもあるので4箇所ではなく5箇所です