フォートナイト: エクスプローシブ バットラング の性能と使い方

シェアする

バットラングは期間限定アイテムの片割れである消耗品です。

投擲するとある程度ホーミングし、また近接信管によって爆発します。

ダメージ量は少々控えめですが、かなり当てやすいです。また1クリップで5個セットと、数量的に優位なのも嬉しい。

流石にグラップネル・ガンには及びませんが、優秀な投擲アイテムだと思います。

データ

エクスプローシブ・バットラング
項目エクスプローシブ・バットラング
レアリティミシック
発射形式投擲
ダメージ50
対物ダメージ200
横射程3.2m
縦射程3.2m
発射レート60RPM
装弾数10発
ターゲット速度0.2s
持ち替え速度0.4s
TTK100HP1.000s
対人DPS50
対物DPS200

性能的には普遍的な水準ですが、かなり多機能な消耗品になっています。

機能について

近接センサーを内蔵

近接信管を内蔵しており、敵の近くまで飛ぶと自動的に爆発します。

近接信管の感知距離は2.56メートル、爆風の届く距離は3メートルです。

最終更新日:2020/2/25

同じく近接信管を内蔵してた武器として、近接センサーGLが存在しましたが、それとまったく同じ仕様になっています。

ただし近接センサーGLと違い、壁越しに敵を感知しません

壁越しに爆破するには投げてから銃撃して誘爆させる必要があり、籠もっている敵に対しての崩しとしては一手間掛かります。

近接センサーも得意とは言えませんでしたが、敵の足場を崩す用途には益々使いにくくなりました。

ホーミング機能

緩やかなホーミング機能を持っていて、走っている敵などを追尾します。

ホーミング対象になっているときにはバットマンのマークが表示されます。ホーミングの有効射程は40メートルあって、SMGより交戦距離が長いです。

アベンジャーズコラボの際に登場したアイアンマンのリパルサーもホーミング機能を有していましたが、通常マッチに登場する武器でホーミングするのは初です。

急旋回できないので追尾に限界はありますが、前述の近接信管もあるので、クラフトで防御してない相手にはかなりの命中率を発揮します。

奇襲を掛ければで50ダメージ確定なのは割と便利です。

反面、勝手に進路を変えるので、掠めるように飛ばして壁裏の敵に当てるような使い方が難しくなっています。

地雷機能

壁などに刺さったバットラングはその場に残り、地雷として機能します。

近接信管に敵が引っ掛かると即座に爆発してダメージを与えてくれます。地雷の感知範囲は投擲時と同じ2.56メートルで、壁越しには爆発しません

警告音が常に鳴り響くので、地雷として使うには安定性に欠けます。適当に設置しても当たらないので、ボックスに籠もった相手の周りに撒いて、逃げ場を塞ぐなどのやり方がベターでしょう。

なお設置されたバットラングは、爆発しない限りは回収することができます。

武器比較

近接センサーGL

武器一覧
項目近接センサーGL近接センサーGL
モチーフXM-25XM-25
レアリティエピックレジェンド
発射形式セミオートセミオート
ダメージ6770
対物ダメージ131138
横射程3m3m
縦射程3m3m
発射レート39RPM39RPM
装弾数2発2発
リロード時間3s2.8s
ターゲット速度0.3s0.3s
持ち替え速度0.4s0.4s
TTK100HP1.538s1.538s
対人DPS4446
対物DPS8590

ランチャー枠の近接センサーGLとは似たタイプというか、ほぼ同型の武器になります。どちらも同じ射程の近接信管を内蔵しており、同じ爆風射程を持っています。

異なる点としては、バットラングの方が1発のダメージが少ない代わり、連射速度で勝ること。バットラングは1秒に1回投げられるので、DPS自体は近接センサーGLよりも上です。

またホーミング機能によって直撃は大分取りやすくなっています。不意を突いて投げつけ、即座に武器を持ち替えて追撃すれば、100くらいは先制して削れます。使いやすい投擲武器なので、取り敢えず持っておいても損はしません。

ただし近接センサーGLに比べて、エアバーストでヒットさせにくいのは欠点です。

例えば階段で上を取ってくる敵に対して、足場崩し+直撃狙いで撃ち上げるみたいな使い方がやりにくいです。作りたての足場なら簡単に壊せるので、最悪落下させて無防備な所にショットガンくらいはできたんですが、そういう使い方には向かなくなっています。

まとめ

近接センサーGLが投げ物枠になって帰ってきたような武器です。基本的な部分は同じですが、細かい部分の違いによって、使い勝手が異なってくるのが特徴です。

有効射程40メートルのホーミングを使い直撃を狙うのが基本ですが、籠もりへのプレッシャーにも使えます。

グラップネル・ガンみたいなぶっ壊れではないですが、投げ物としては相当に優秀です。

かなり当てやすいし、無駄になりにくい。

5個セットで出現することもあって、通常マッチでは使う機会も多いでしょう。

シェアする

フォローする