フォートナイト:帰ってきた浮島「フローティングアイランド」ガイド

シェアする

いわゆるひとつのラピュタ。

シーズン6にて登場した移動する拠点です。シーズン6のライブイベントにて崩壊しましたが、裂け目発生装置によって再び出現。

過去の浮島よりも拠点としてのポテンシャルが大分強化されていて、初期降りの場所としても優秀になっています。

フローティングアイランドの特徴

  • 空を飛んで移動する
  • 周囲を覆う上昇気流によって飛び上がれる
  • 宝箱の量が多い
  • 時間経過で移動する

過去のフローティングアイランドより大幅に強化されて帰ってきました。

内部構造自体は過去に存在した建物の集合体で、裂け目によって消え去った色んなものが設置されています。

宝箱の数量が増し、自販機が追加され、クラフト素材の入手性も改善しました。

シーズン4の末期に異次元へと消えたものたちが帰還

浮島の根元にあるキューブ付近からは上昇気流が発生しており、フローティングアイランド全体をすっぽり包み込んでいます。根元から浮島に昇ることができ、浮島から出るときにもグライダー滑空できます。

移動経路

9月15日まで

フェイタル・フィールドに出現して以来、時計回りに移動しています。

ミニマップを見れば、どこにあるのかも分かります。

宝箱の配置

配置など

宝箱の総数は最大17個で、中央部に10個、外周部に7個あります。個数自体は普通水準なんですが、狭い範囲に密集しているので回収効率がかなり高いです。

特に中央部の宝箱密集率が高いですが、位置取りとしても中央部が一番強いので、開幕降下する場合はまず中央部を目指しましょう。屋根のトラックの中には宝箱が2個沸きますし、屋根の上にあるバーガーを破壊すれば、纏まった数の金属を手に入れることもできます。

外周部は宝箱の配置が離れているのと、中央部からの攻撃を受けやすいので、長居はしたくない場所です。無理に中央部と争っても労力の無駄ですし、危ないと思ったら離脱して第二地点を目指す方が良いかもしれません。

過去の浮島にモーテルが合体したものなので、自販機も一つ沸きます。

過去に存在したモーテル

総括

過去の浮島が強化されているだけあって、拠点としての強さはかなりのものです。初期降りの候補地としても十分に考えられます。

また最終アンチの関係からも、早期に押さえておきたい場所です。上から撃ち放題ですし、エリアから外れても取り返しやすい。

リターンが大きく、リスクの小さい場所なので、しばらくは重要拠点になるでしょう。

しかしマップがごちゃごちゃしてきて、パレードみたいになってきなぁ……。

シェアする

フォローする

『フォートナイト:帰ってきた浮島「フローティングアイランド」ガイド』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/09/04(水) 16:01:23 ID:d4f6af793 返信

    g123.jp系を広告から外して
    うざったるい