フォートナイト: スニーキー・スノーマンを使ってみた

シェアする

第二のブッシュスーツ。昔のおふざけモードが強かった時代を彷彿とさせるステルス系アイテムです。誰も使っていない。仕方がないから自分で使ってみるけど、これ……無くても勝てたよなぁというパターンしか無い件。結論としては味方をびっくりさせるためのアイテムですかね。

概要

端的に言えば、自分が雪だるまになれる、相手を雪だるまにできる投擲系アイテムです。ファイアボタンで雪だるまになる雪玉を投擲、オルトファイアで自分自身に巻き巻きして雪だるまになります。フレンドリーファイアありなので、味方を雪だるまにすることも。恐らくはスクアッドなどで、笠地蔵みたいに並んで待ち受けろということなんでしょう。

同じ系等に草へと変貌するブッシュスーツがあります。こちらはかなり昔から存在するものですが、基本的にはそれより優れているので、その調整版と言えるかもしれません。まぁ、「カメラ位置が背面にあって、敵に姿を見せなくても索敵できるTPSで、ブッシュ含む隠蔽系アイテムがいるのか?」と言われたら困るわけですが……。

ブッシュスーツに比べて優れた部分としては、

  • 1つで5スタック、最大で10スタックまで蓄えられる
  • 他プレイヤーを雪だるまにできる
  • 使用時に銃弾等のダメージを100まで防ぐ
  • 即座に解除して、雪だるまから抜け出せる
  • レアリティが低いので自販機で買いやすい

使用中に簡易シールドを展開するので、受けに回った時の防御として一応機能します。ただしストームとか、落下ダメージに対しては機能しません。また雪だるまになると体が大きくなって視認性が悪くなるのですが、ブッシュと違って任意で解除できるので、ショットガンでの戦いになるとき邪魔になりません。

逆にブッシュより劣る点としてはアイテムスロットを確定で圧迫すること。ブッシュは使用後インベントリから消えるのですが、雪だるまは所有し続けないと効果が持続しない。そのために回復や爆発物が抜け落ちるため、勝率的にはマイナスになる場合が多そうです。

使ってみた

1週間立ちましたが、本当に誰も使ってない。使われたことないけど、取り敢えず試してみました。

熾烈な争いを始める人類をよそに、雪だるまに変身。下から彼らの勇姿を見守ることに。

やばいぞ。これ視認性が悪すぎて、闘って無くても敵を見失うレベルだぞ……

決着が付いたところをすかさず小走りで忍び寄る。でもクラフトがあるから、なくても見つからなかったかも。

勝ちました。

うん。でも……これ、雪だるま必要だった……のか? なんか、普通にやっても勝った気がしますし、もう1キルか2キルくらい増えたような。せいぜい、弱そうって相手に思わせるトリックくらいにしか使えそうもない……。

結論。引っ掛かった相手が「なんだ、それ!?」ってなる位の効果。

シェアする

フォローする