フォートナイト: サブマシンガンの評価と運用ガイド

シェアする

Fortnite Battle Royaleに登場するサブマシンガンの違いや、強さに関しての考察。初期から不遇なる時代が続いてきた武器ですが、度重なる上方修正や、ポンプショットガンの弱体化等でようやく形になった気がします。

SMG概要

小口径弾を消費する武器で、比較的高レートの武器が揃っています。欠点は射撃精度が存外低いこと。攻撃力は平均的な水準であるものの、ターゲット精度がアサルトライフルには及ばないため、中距離以遠だと性能を発揮しきれない面があります。

基本的には近距離戦で使うべきなんですが、ながらくショットガン全般の風下に立ってきました。v3.0.0(2018/2/22)からはポンプショットガンのポンピングキャンセルができなくなったので、サブマシンガン全般がようやく日の目を浴びるように。

ポンプショットガンは今だ1発の威力は健在であるものの、隙がどうしても発生するので、それを補う目的でも使えます。マップ構成の関係から、優先度が高いとは言いがたいものの、武器の差別化の範疇です。

SMGの種類と運用

現在だと3種類あり、

  • サブマシンガン
  • タクティカルサブマシンガン
  • サプレッサー付きサブマシンガン

と、それぞれ得意な分野が異なります。

武器一覧
項目サブマシンガン
/ TEC-9(保管庫)
タクティカルSMGサプレッサーSMG
/ MP5SD
発射形式フルオートフルオートフルオート
レアリティレアレアレア
大ダメージ15 (300m)17 (24m)22 (28m)
中ダメージ-13.6 (35m)17.6 (48m)
小ダメージ-11.05 (50m)16.5 (70m)
クリティカル倍率2.5x2x2x
発射レート900RPM780RPM540RPM
装弾数353530
リロード速度2.3s2.3s2s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度2.1 - 3.22.1 - 3.11.45 - 3
ターゲット精度1.7 - 2.41.6 - 21.25 - 2.45
しゃがみ補正-10%-10%-15%
移動補正+20%+20%+25%
対物DPS240221171
対人DPS225221198
TTK100HP0.400s0.385s0.444s
TTK150HP0.600s0.615s0.667s
TTK200HP0.867s0.846s1.000s

火力やキルタイムではタクティカルサブマシンがンが秀でており、減音SMGは火力面で見劣りするものの、サブマシンガンカテゴリーではトップの精度を持ちます。過去には発射レート900RPMのサブマシンガンも存在しましたが、保管庫送りになっていて、現在はドロップしません。

射撃精度ではサプレッサー付きSMGがもっとも優秀で、タクティカルSMGに比べて30パーセント程度の優位性があります。例え30パーセントでも面積比だと結構大きくなるため、倍程度の命中が期待できます。

サブマシンガン

タクティカルSMGとの統合によって削除されました。いつか還ってくるのだろうか……。

コモン~レアまで存在するフルオートの武器で、高いDPSと発射レートを持ちます。総じてターゲット時の精度は低いですが、こと近距離においてはその影響を受けにくいので、タクティカルショットガンの代わりとして使えます。同ジャンルの中でも特に近距離特化、ばらまき型の武器になっています。

サブマシンガン
項目サブマシンガン
/ TEC-9(保管庫)
発射形式フルオート
レアリティレア
大ダメージ15 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ16
クリティカル倍率2.5x
発射レート900RPM
装弾数35
リロード速度2.3s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.1 - 3.2
ターゲット精度1.7 - 2.4
しゃがみ補正-10%
移動補正+20%
対物DPS240
対人DPS225
TTK100HP0.400s
TTK150HP0.600s
TTK200HP0.867s

レアのサブマシンガンは結構強力で、キルタイムがエピック、レジェンダリーのSCARに匹敵します。精度面が半分以下なので使い道が限定されるものの、近距離だけならそれらと撃ち合える性能です。高レート型なので多少外れた程度では極端にキル速度が落ちない安定感があり、動きながら射撃するのに適しています。

タクティカルショットガンに比べれば、集弾性に期待できるので、近距離の護身用としては中々の性能です。現状レア枠までしかないのが欠点ですが、レジェンダリーまで順当に枠が付けば、もうちょっと存在感が出そうです。

タクティカルサブマシンガン

v2.5.0(2018/2/13)において発射レートが780RPMまで向上したので、ようやく他に比べて見劣りしていた部分が改善されました。同日、高レートタイプのSMGが削除されたため、名実共にSMGカゴテリーの顔役に。同レアリティのアサルトライフルを上回るキルタイムを獲得し、ようやく選択肢として使えるようになりました。

高レートのアサルトライフルみたいな武器で、それよりヘッドショット倍率が高いのと、移動ペナルティが弱いのとで、閉所では優れた瞬間火力を発揮します。また対物破壊力だとロケットランチャーに次ぐ性能を持っているので、クラフトで防御する相手へのごり押し射撃時に強みを発揮します。

汎用性という意味では相変わらずアサルトライフルに劣るのですが、レアリティや武器構成次第では選択肢に入ってきます。

タクティカルSMG
項目タクティカルSMG
発射形式フルオート
レアリティエピック
大ダメージ18 (~24m)
中ダメージ14.4 (35m)
小ダメージ11.7 (50m ~)
対物ダメージ17
クリティカル倍率2x
発射レート780RPM
装弾数35
リロード速度2.2s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2 - 3
ターゲット精度1.5 - 1.9
しゃがみ補正-10%
移動補正+20%
対物DPS221
対人DPS234
TTK100HP0.385s
TTK150HP0.615s
TTK200HP0.846s

エピックのタクティカルSMGは近距離での戦いにおいては、レジェンダリーSCARを上回る性能を持っています。精密射撃が苦手なので、射程は半分程度になっていると考えて良いですが、取り回しの良さと優れたDPSを持っています。

近距離最強格のポンプショットガンには及ばないものの、タクティカルショットガンよりは優先して良いかもしれません。二挺持ちが微妙になったポンプショットガンのサブとして有力な選択肢になっています。

サプレッサー付きサブマシンガン

50メートル以遠においては銃声が聞こえなくなるステルス性、タクティカルSMGを上回る精度を持ちます。腰だめ精度、ターゲット精度ともにタクティカルSMGより30パーセント良好です。

サプレッサーSMG
項目サプレッサーSMG
/ MP5SD
発射形式フルオート
レアリティレア
大ダメージ22 (~28m)
中ダメージ17.6 (48m)
小ダメージ16.5 (70m ~)
対物ダメージ19
クリティカル倍率2x
発射レート540RPM
装弾数30
リロード速度2s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度1.45 - 3
ターゲット精度1.25 - 2.45
しゃがみ補正-15%
移動補正+25%
対物DPS171
対人DPS198
TTK100HP0.444s
TTK150HP0.667s
TTK200HP1.000s

現在もっともレアリティの高いものは、それなりの戦闘力を持っていますが、攻撃力が精度依存なのでレアリティ間の性能差が大きいです。攻撃精度の高いレアと、精度が低いコモンでは極端な差が発生します。

タクティカルSMGに比べて精度に勝るものの、DPSやキルタイムは明確に劣っています。近距離の撃ち合いになると、同レアリティのタクティカルSMGには勝てません。肝心の精度においても、連射時の精度低下がきつめなのでタップ撃ちしないと結局当たりません。クラフトとの相性を考えると、瞬間的な火力不足。倒しきる決定力に欠けています。

エピックが出ればHP100の相手に対してさらにキルタイムが短縮される筈なので、今後のレアリティ増化次第でもうちょっと化けそうな気はしますが、現状だと器用貧乏なポジションの武器です。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: サブマシンガンの評価と運用ガイド』へのコメント

  1. 名前:サプカス 投稿日:2018/02/26(月) 08:18:22 ID:7c2e99dc0 返信

    細いかデータを知るまでは、減音smgをよく使っておりなんとなく強いと感じていたのは、精度が良いためだったのか。

    消音ではなく減音と表現するところがわかってますね!