フォートナイト: チャージ式ショットガンの性能と使い方

シェアする

チャージ式ショットガンは溜めを行うことにより、ダメージを1.5倍にできるショットガンです。

ショットガンの中では射程が長い方ですが、特化型というほどでもありません。

装弾数の少なさや、攻撃するための手法が特異なので、取っ付きにくい側面を持ちますが、十分な戦闘力を持った武器になっています。1発当てれば圧倒的な有利になって、クラフトで隙をカバー出来ると、防御においては滅法強いです。

データ

武器一覧
項目チャージ式SGチャージ式SGチャージ式SGチャージ式SGチャージ式SG
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式チャージチャージチャージチャージチャージ
最大ダメージ8.0 x10 (~7.7m)8.5 x10 (~7.7m)8.9 x10 (~7.7m)9.3 x10 (~7.7m)9.8 x10 (~7.7m)
中ダメージ5.6 x10 (18m)5.9 x10 (18m)6.2 x10 (18m)6.5 x10 (18m)6.9 x10 (18m)
小ダメージ1.6 x10 (30m~)1.7 x10 (30m~)1.8 x10 (30m~)1.9 x10 (30m~)2.0 x10 (30m~)
対物ダメージ49.052.055.057.060.0
対物減衰ありありありありあり
クリティカル1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x
発射レート49RPM49RPM49RPM49RPM49RPM
装弾数3発3発3発4発4発
リロード時間5.5s5.3s5s4.8s4.5s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度43.853.73.553.4
ターゲット精度32.92.82.652.55
しゃがみ補正-15%-15%-15%-15%-15%
移動補正+10%+10%+10%+10%+10%
持ち替え速度0.5s0.5s0.5s0.5s0.5s
TTK100HP1.224s1.224s1.224s1.224s1.224s
対人DPS6569737680
対物DPS4042454749

武器解説

チャージの仕組み

チャージ式ショットガンは通常のショットガンの仕組みに加え、発射前にボタン長押しでエネルギーを溜め、強化された攻撃を繰り出せるギミックが追加されています。

チャージによるダメージ増化は最大で+50%です。レジェンドの個体だと通常98ダメージなので、最大溜めで147ダメージになります。

チャージ時間は0.9秒で、最大溜めの状態でホールドすることができます。レアリティによって外観とタコメーターが変化しますが、チャージ時間は特に変化しません。

上記は最大溜めになった瞬間の下位枠(コモン~レア)、上位枠(エピック以上)の姿です。タコメーターの形状が異なるのですが、赤いゾーンに入る1つ手前くらいで最大になり、銃口の部分が発光し、ピークを知らせる機械音がします。

実戦における運用

これまでのショットガンがボタンを押したときに射撃したのに対して、ボタンを離したときに射撃するので、慣れない間は混乱することもあります。ボタンを離す前にクラフトに切り替えてしまって不発や、リロード忘れが起きやすいので、多少の慣れは必要です。

慣れない間は待ち気味に使うと良いです。音で溜めていることはばれるものの、溜めなしの相手が飛び込んでくるなら不利ではありません。

実戦においてチャージの状態を調節するのは難しいので、まず普通のショットガンとして運用しておき、最小限度の溜めで攻撃するのが無難です。敵を狙って追うときにボタンを押し、最速での命中を目指してボタンを離すだけでも良いと思われます。

最大溜めを使う機会は少なくなりますが、まず当てることが重要です。

ヘビーSG、コンバットSGと同じ系統のショットガンなので、それと同じように遠巻きに牽制して敵のHPを削る方が無難でしょう。クラフトを2枚ほど挟んだ距離で撃ちあって優位を確定し、それから追い詰める形を目指すのがベターだと思います。

レアリティにおける差

元々の射撃精度が高いので大きな欠点はないです。下位レアリティだと精度に不安があったタクティカルSGや、ダメージが著しく下がるポンプSGとは違い、レアリティに問わず安定した結果を出しやすいです。

ただし最大溜めを狙うのなら、レア以上の個体が欲しいところ。レア以上ならヘッドショット確定1発の可能性が出てきます。

またエピック以上になると装弾数が1発増えて、経戦能力が多少改善します。

シーズン3のミシック武器として、キットのチャージ式SGという上位種も存在します。チャージ式SGの上位互換です。

キットのミシック武器はv13から追加された「キャティ・コーナー」に存在します。 チャージ式SGと、ショックウェーブランチャーは単体でも...

武器比較

武器一覧
項目ポンプショットガンタクティカルSGチャージ式SG
モチーフSPASM870 ブリーチャー-
レアリティレジェンドレジェンドレジェンド
発射形式ポンプアクションフルオートチャージ
最大ダメージ11.0 x10 (~6.4m)8.7 x10 (~7.7m)9.8 x10 (~7.7m)
中ダメージ6.6 x10 (12.8m)6.1 x10 (18m)6.9 x10 (18m)
小ダメージ2.8 x10 (18m~)1.7 x10 (30m~)2.0 x10 (30m~)
対物ダメージ55.062.060.0
対物減衰ありありあり
クリティカル2x1.5x1.5x
発射レート42RPM90RPM49RPM
装弾数5発8発4発
リロード時間4s5.1s4.5s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度3.75.33.4
ターゲット精度2.64.42.55
しゃがみ補正-15%-15%-15%
移動補正+30%+30%+10%
持ち替え速度0.5s0.55s0.5s
TTK100HP-0.667s1.224s
対人DPS7713080
対物DPS389349

対 ポンプショットガン

装弾数の差、ヘッドショット倍率の差があるものの、低レアリティ時にはポンプショットガン以上の能力を持っています。

溜めを使えばHP100くらいなら一撃で飛ばせますし、発射レート、射程、精度ではチャージ式SGの方が僅かに勝っています。

一方で高レアリティ時にはやや劣る面が出てきます。密着状態になったときの信頼性、瞬発力が劣るので、あんまりごり押しが効きません。密着攻撃はSCAR、SMG等に任せて、遠巻きに牽制してHPを削りたいです。

対 タクティカルショットガン

推奨される交戦距離が結構違います。威力減衰にまつわる射程は同じなんですが、集弾性に大きな差があります。

両者の拡散角は33%程度の差があり、10メートルも離れてしまえば、ダメージ期待値には大きな開きが生じるわけです。

1射のダメージ量では明らかにチャージ式SGが勝っており、過去の事例からすると、打点の高い方が生き残りやすい。勝利という一点において、同じレアリティならチャージ式が優先かなとは思います。

タクティカルSGの利点は密着時の優位性です。

パッチによる変更点

v13.2

  • エピック以上の装弾数が増加(3発 → 4発)
  • チャージインジケーターの追加

v13.0

  • 初出

シェアする

フォローする