フォートナイト: フリントノックの運用ガイド

シェアする

v8.11で登場したフリントノックは単発式のハンドガンです。従来までと異なる特性を持っているものの、武器としての強さは低調です。

壁を破壊する、大ジャンプするなどの搦め手で有効活用できるかが鍵になるユーティリティなんですが、何度も使える代わりに特化型に比べると見劣りします。

そういう部分はハンドガン共通なのかもしれません。

データ

武器一覧
項目フリントノックフリントノック
レアリティコモンアンコモン
発射形式ブレイクアクションブレイクアクション
最大ダメージ86 (20m)90 (20m)
最小ダメージ38.7 (40m~)40.5 (40m~)
クリティカル2x2x
連射速度18 RPM18 RPM
装弾数1発1発
リロード時間3.2s3s
腰だめ精度4.13.8
ターゲット精度3.23.1
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-5% / +20%-5% / +20%
持ち替え0.4s0.4s
対物ダメージ131138
TTK100HP3.333s3.333s
対人DPS2627
対物DPS3941

簡易解説

大口径弾を使用する高威力だけど、低レートなハンドガンです。

弾が一発しか飛ばないショットガンみたいなものなんですが、射撃精度が伴っていないので、対人用途に使うには信頼性に欠けます。

どちらかと言うと、ユーティリティとしての運用がメインで、それにラッキーヒットが付いているくらいの認識で良いと思います。状況は限られますが、リターンはそこそこ大きいです。

ノックバック機能

発射時にノックバックが発生するという特色を持っていて、銃口付近にいる敵味方を吹っ飛ばします。敵を高所から突き落としたり、自分が高所に飛んだり。

似たような効果を持ったアイテムは色々ありますが、大口径弾さえあれば何度でも使えるのが強みですが、代わりに飛翔できる距離は8メートルと弱めです。

例えば、インパルスグレネード対比だと、飛べる距離が33%も減少しています。その上位種であるショックウェーブグレネードだと、もはや比べるべくもありません。

装弾数が1発なので、連続使用することもできません。

なおノックバックしたくないときはしゃがみ。うっかり忘れると、吹っ飛ばされて落下死します(経験談)。

始めフリントックかと思っていたら、フリントックだった件。フリントロック+ノックバックの造語だったんですね。

クラフトの破壊

対物ダメージが高いので、作りかけの壁を即座に壊すことができます。

しゃがみながら敵の建築に向かって発砲し、即座にクラフトに切り替えて、自分のものに張り替えます。そうするとエディットの権利が奪い取れるので、袋小路になった敵を攻撃出来るわけです。

ただし耐久力の高いものは1撃で破壊できないので、敵が建築を置いてから1.5秒以内に追撃しないと駄目。

おなじ運用ができる武器としては、ヘビースナイパーライフルがありますが、こちらは完成した壁でも問答無用です。

フリントノックはヘビーSRより持ち替えが速いですが、基本的には下位種になると思います。

コメント

  1. より:

    結構頭当たりやすいから火力と回避を備えた武器として使ってる