フォートナイト: リボルバーの性能と使い方ガイド

シェアする

リボルバーはv9.3で装いも新たに登場した単射系のハンドガンです。

リリース当初から同名の武器は存在していたけど、弱いから保管庫に送られたり、リメイク武器が次々でたりで紆余曲折がありました。

あくまでハンドガンなので、同じ高精度型でもライフルなどが優先ですが、序盤の戦闘なら十分に戦える便利ウェポンになっています。

データ

武器一覧
項目リボルバーリボルバーリボルバーリボルバーリボルバー
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式セミオートセミオートセミオートセミオートセミオート
最大ダメージ54 (35m)57 (35m)60 (35m)63 (35m)66 (35m)
最小ダメージ30.2 (85m~)31.9 (85m~)33.6 (85m~)35.3 (85m~)37.0 (85m~)
クリティカル2x2x2x2x2x
連射速度90 RPM90 RPM90 RPM90 RPM90 RPM
装弾数6発6発6発6発6発
リロード時間2.2s2.1s2s1.9s1.8s
腰だめ精度4.64.44.34.13.9
ターゲット精度32.92.82.72.6
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-20% / +12%-20% / +12%-20% / +12%-20% / +12%-20% / +12%
持ち替え0.55s0.55s0.55s0.55s0.55s
対物ダメージ5457606366
TTK100HP0.667s0.667s0.667s0.667s0.667s
対人DPS8186909499
対物DPS8186909499

簡易解説

高精度、高打点なハンドガン。1発の威力が60前後もあるのに、発射レートも90RPMと地味に高く、中距離でのけん制用途に重宝します。

建築による防御と組み合わせて、単射のショットガンとしてギリギリ運用できます。のちに登場する《ヘビーショットガン(スラグ)》の先駆けみたいなポジションです。

射撃精度はあんまり高くないですが、初弾精度補正との相性が良く、最速で連射しても補正が途切れないようになっています。足を止めている必要があるので、他プレイヤーからのカウンタースナイプには弱いものの、遠距離からのチクチク攻撃にも適しています。

総じて、他の武器の代用品としては優秀なんですが、問題はあくまで代用品である……という点です。

チャプター1の末期から、チャプター2の初期では、高精度型のライフル《ヘビーアサルトライフル》や《インファントリーライフル》の代わりとして使われるのが主でした。

初弾精度補正というのは、静止状態を一定時間維持することで、次の射撃が必ず真っ直ぐ飛ぶようになるという仕組みです。シーズン3のv3.4から追...

リボルバーの歴史

アメリカ人はリボルバーが大好きなのか、あるいはEPIC開発にリボルバーマニアがいるのか、リボルバーは開発ブログなどでも度々言及されてきました。

「強くしたぜ」 → 「むしろ弱くなってます」

――までがチャプター1時代に繰り返された鉄板ムーブ。この結果、開発がリボルバーと呼ぶ武器は量産され、翻訳時におかしな現象までおきていました(シックス・シューター)。

初代

開発に弱いから保管庫に入れたと初めて明言された歴史的な武器。

現行のリボルバーと違って、発射レートが低く、54RPMしかありませんでした。のちに登場した《ハンドキャノン》は、実質この武器の上位枠でした。

v9.31で発射レートが90RPMまで増大して帰ってきました。4代目リボルバーの下位モデルのグラフィックとして流用された……とも言う。

2代目

英名だとSix Shooterだったのに、何故か日本語訳がリボルバーだった武器。ただし開発の英語ブログでもリボルバーと書かれていることもあって、翻訳担当も混乱したのだと思われます。

のちに日本語訳も《シックス・シューター》に改められますが、腰だめ撃ちと、ターゲット状態で射撃レートが異なるのが最大の特徴です。

腰だめ撃ちだとDPSが高くなるものの、装弾数6発。開発側は弱い弱いと言われてきた初代リボルバーを強化リメイクしたと開発記で言及していますが、実際には弱くなっていたというオチ。

3代目

スコープが付いており、威力減衰が存在しない狙撃モデル。ただし1発の威力があんまり高くないし、縦反動がキツイです。

開発ブログで、「あのリボルバーがパワーアップして帰ってきた」と再びプッシュされましたが、同じような立ち位置の《スコープ付きアサルトライフル》などが使われていない状態だったので……。1日にして使ってる人が居なくなる武器でした。

スコープ付きリボルバーはv7.2で追加された新しいハンドガンです。過去にリボルバーと名の付く武器はあれども全て保管庫送りになった過去が有りま...

4代目

このページで扱われている武器のこと。

4代目にしてようやくまともな性能になりました。その陰にApex Legendsの陰あり。当時はApex Legendsがすわフォートナイトの後釜か――みたいな扱いをされていたので、チャプター1・シーズン9のときは、それを意識したパロディアイテムが多かったのです。

武器比較

武器一覧
項目インファントリーRFリボルバーハンドキャノン
レアリティ
発射形式セミオートセミオートセミオート
最大ダメージ44 (50m)66 (35m)78 (35m)
最小ダメージ37.4 (100m~)37.0 (85m~)52.3 (85m~)
クリティカル2x2x2x
連射速度240 RPM90 RPM48 RPM
装弾数10発6発7発
リロード時間2.1s1.8s2s
腰だめ精度4.83.94.1
ターゲット精度0.12.62.3
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-25% / +10%-20% / +12%-10% / +20%
持ち替え0.4s0.55s0.6s
対物ダメージ4966105
TTK100HP0.500s0.667s1.250s
対人DPS1769962
対物DPS1969984

vs ハンドキャノン

ハンドキャノンの方が威力減衰が弱く、遠距離でも50以上のダメージを保つという特徴はありますが、極端な差ではありません。

それに比べるとダメージは落ちるものの、リボルバーの方が潰しが利いて、汎用性という面では勝っています。やっぱり発射レートが倍近いというのは大きいです。

手持ちの武器の状態も多少関わってくるものの、同じレアリティならリボルバーの方が腐らないので持って行きやすいです。

vs インファントリーライフル

基本的にはインファントリーライフルには及びません。

最大威力を保てる35メートル前後までなら、一撃の重さという優位性も多少あるものの、最終的にはDPSの差が大きく響いてきます。

素の精度が低いので、リボルバーだと移動撃ちは出来ないですし、頭を出すときの照準もワンテンポ遅れます。インファントリーライフルのように移動していても、ほぼ真っ直ぐに弾が飛ぶ対SR性能も持っていません。

インファントリーライフルの攻撃性能が非常に高いので、リボルバーを優先するのはまったく持って割に合いません。

コメント

  1. […] Source: げぇむはしりがき フォートナイト: リボルバーの性能と使い方ガイド […]

  2. […] Source: げぇむはしりがきフォートナイト: リボルバーの性能と使い方ガイド […]

  3. タクティカルショットガン より:

    これキアッパ・ライノじゃないの?