フォートナイト: デッドプールのハンドキャン 性能と使い方

シェアする

デッドプールのハンドキャノンはシーズン2のコラボアイテム第二弾で、シーズン7個目のミシックアイテムになります。

元々、ニヤッスルのいた「ザ・ヨット」がデッドプールにジャックされ、彼を倒すことでミシック武器を奪い取ることができます。

性能的には過去に存在した2丁拳銃……の劣化モデルに近く、はっきり言って頼りない。特殊効果で回復できるものの、正面切って戦うには難が残ります。

現段階においては、ミシック最弱と言っても良いでしょう。

データ

デッドプールのHC
項目デッドプールのHC
レアリティミシック
発射形式2点バースト
最大ダメージ21.0 (0~28m)
最小ダメージ15.8 (70m~)
クリティカル2x
発射レート600RPM
ディレイ0.18s
装弾数18発
リロード時間2.2s
腰だめ精度2.35 - 3.1
ターゲット精度2.1 - 2.8
精度補正(しゃがみ、歩き)-20% / +10%
持ち替え0.6s
対物ダメージ21.0
TTK100HP0.760s
対人DPS111
対物DPS111

運用に関して

連射するに際して、0.18秒のディレイが発生する2点バーストの武器です。過去に存在したバースト系武器の中ではディレイが突出して短いのが特徴です。

その反面、ダメージ量も発射レートも低めで、バーストにしては瞬発能力に欠けます。時間当たりのダメージ量――DPSが低調なので正面対決で殴りあうには不安しかありません。

敵に攻撃を当てると4ポイントのシールドが発生する機能が付いていますが、それ込みで計算しなおしても、DPSは132相当しかありません。

世界にひとつだけのミシックであるという点を考慮するなら、その1.5倍のDPSくらいがあっても良いかなぁ……と。

散弾で当てやすいということもないので、ただただ貧弱さのみが残ります。

ヘンチマンを攻撃した場合でもシールドが掛かるので、ヨットの範囲内でなら使えなくもないですが、それ以降はダウン状態が発生するルールでの介錯用に使えれば僥倖という水準の武器です。

枠としての価値があるかも相当に怪しいです。

類似武器との比較

武器一覧
項目二丁拳銃デッドプールのHC
レアリティエピックミシック
発射形式2点バースト2点バースト
最大ダメージ43.0 (0~28m)21.0 (0~28m)
最小ダメージ32.2 (70m~)15.8 (70m~)
クリティカル2x2x
発射レート930RPM600RPM
ディレイ0.4s0.18s
装弾数18発18発
リロード時間2.7s2.2s
腰だめ精度2.5 - 4.12.35 - 3.1
ターゲット精度2.3 - 3.92.1 - 2.8
精度補正(しゃがみ、歩き)-20% / +10%-20% / +10%
持ち替え0.6s0.6s
対物ダメージ44.021.0
TTK100HP0.529s0.760s
対人DPS163111
対物DPS166111

過去に存在した2丁拳銃と見た目は似ているのですが、1発の威力がかなり違います。

また発射レート周りもかなり違っていて、2点バーストであるという点くらいしか共通点がなかったりします。

2丁拳銃ですら、結局ショットガンに勝てなくて今に至るのに、ちょっと正面切って戦えるとは思えない数値だったりします。

環境にあるショットガンがドラムショットガンだけならあるいは……。

入手方法

該当のミシック武器を所有するデッドプールは、「ザ・ヨット」のトップデッキか、操船室に初期配置されています。

なお、前までここにいたニャッスルは南東のランドマーク「ダンボール工場」に移されています。何故かヨットのカードキーを持って……。