フォートナイト: 初心者向け講座「武器の基本と射撃を当てる方法」

シェアする

フォートナイトにおける戦闘の基本的な部分についての攻略とガイドです。

取り敢えず1勝目を目指すときに押さえておきたい部分や、TPSの仕様に纏わる要素、攻撃を当てる方法などを纏めました。

筆者が初心者だった頃が遠い昔過ぎるので、もしかしたら初心者向けには難しすぎるかも……。

武器の種類と重要度

ゲームに慣れるまでは色んな武器を試してみて、得意不得意を把握するのが重要ですが、現在の環境(PC版)においてはライフル群、ショットガン群の重要度が最も高いと思われます。

ライフル

ライフル系等は有効射程が長く、即着の弾を撃ち出す武器です。当てやすい即着弾では最も射程距離が長く、汎用性が高いです。この汎用性こそ最大の魅力であり、特化武器たちの潤滑油としても機能します。

種類はいくらか存在しますが、初心者ならアサルトライフルを使うのがお勧めです。射撃精度に難が残りますが、純粋なパワーで勝ります。それなりの連射力もあるので、欠点らしい欠点がなく、万人向けのライフルになっています。

より高精度の攻撃がしたいのなら、バーストアサルトライフルを使うと良いでしょう。

対人ゲームを中心としたメモ書きブログ。現在はフォートナイトメイン

ショットガン

アサルトライフルと並んで重要なのがショットガンです。普通のバトルロイヤルなら開けている場所が多すぎて使いにくいくい武器なんですが、フォートナイトにおいてはクラフトがあるため事情が異なります。

クラフトによってどこでも入り組んだ場所になるため、近距離用の武器として必携の存在になっています。同じ近距離用の武器でも、サブマシンガンなどよりも遙かに強力です。

現状、入手性の高いショットガンはポンプとタクティカルの二種類がありますが、慣れない間はタクティカルショットガンを使うと良いです。連射が効くので扱い安いです。

ただし、最終的な戦闘力ではポンプショットガンが上回ります。こちらは連射が効かないですが、一撃がタクティカルよりも遙かに強力。クラフトがある程度使えるようになってきたら、ポンプを試してみると良いでしょう。

対人ゲームを中心としたメモ書きブログ。現在はフォートナイトメイン

弾速(ヒットスキャンとプロジェクター)

武器毎に飛んでいく弾の特性が異なります。その大まかな特性をヒットスキャン(即着)、プロジェクター(弾速あり)と呼びます。フォートナイトの武器は殆どがヒットスキャン――すなわち即着に属します。

即着弾の代表的な武器として、アサルトライフルやサブマシンガンなどは、撃ったその瞬間に弾の命中判定があります。遠い目標だと弾が当たるまでに時間が掛かる――といったリアルな処理は発生しません。

弾が飛んでいくエフェクトが表示されていますが、これらは飾りなので命中とは関係ありません。動いている相手への偏差撃ちなども必要ないので、照準の範囲に収めてさえいればOKです。

即着の武器は非常に当てやすいのですが、代わりに威力減衰が存在するものが多いです。適性距離でなければ攻撃の効果が今ひとつになります。

一方で弾速ありの武器は遠くの目標に攻撃するに際しタイムラグが発生します。弾速ありに分類される武器は、

  • スナイパーライフル
  • ランチャー
  • 投擲系の武器

これらは目標までの距離や、移動速度を逆算して弾を飛ばさないと当たりません。また重力落下も発生するので、このゲームでは当てにくい部類になります。

その特性上、止まっている相手には効果的ですが、走っている相手はすこぶる苦手です。

ショットガンを除いて、今までは距離に関わらず一律のダメージでしたが、v3.4からは距離が離れるとダメージが低下するようになりました。初弾補正によって命中率が大きく向上したのですが、それとの相性によって明暗が分かれた気がします。

射撃精度、命中率を高める

フォートナイトの武器には精度の概念があって、狙いがあっていても、敵に命中するかは運に左右されます。

命中率を高める方法としては、以下の3つが上げられます。

  1. ADS(ターゲットモード)を使う
  2. 止まった状態で射撃する
  3. しゃがんだ状態で射撃する

例としてアサルトライフルを上げますが、この武器は移動撃ちしたときの精度ペナルティが80パーセントもあります。

武器データ
アサルトライフル
項目アサルトライフル
モチーフSCAR
レアリティレジェンド
発射形式フルオート
最大ダメージ36.0 (~50m)
中ダメージ28.8 (75m)
小ダメージ23.4 (100m~)
対物ダメージ36.0
対物減衰なし
クリティカル2x
発射レート330RPM
装弾数30発
リロード時間2.1s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.6 - 3.8
ターゲット精度1.4 - 2.45
しゃがみ補正-20%
移動補正+80%
持ち替え速度0.4s
TTK100HP0.364s
対人DPS198
対物DPS198

上記は静止、移動時における弾の弾の拡散範囲です。

赤いサークル内のどこかに弾が飛ぶわけですが、動きながら射撃すると真っ直ぐに弾が飛ぶ確率が低下します。特に遠くの敵を撃つ場合には大きな影響があるので、照準があっていても命中が期待できなくなります。

逆にしゃがみ状態だと射撃時に命中率が上昇する効果が付きますし、武器の多くは静止状態を維持していると、最初の一発が必ず真っ直ぐ飛ぶようになるボーナスが付きます。攻撃を確実にするために有効活用しましょう。

初弾精度補正というのは、静止状態を一定時間維持することで、次の射撃が必ず真っ直ぐ飛ぶようになるという仕組みです。シーズン3のv3.4から追加...

とはいえ、実戦において無闇に立ち止まると、敵からの攻撃も受けやすくなるので使い方が重要になってきます。

攻撃の基本は射撃するときだけ体を晒し、撃ち終わったらすぐに引っ込むこと

敵がこちらを狙っていない、第三者によって攻撃を受けないように射線を減らす、あらかじめ有利な位置を押さえるなどの状況作りが必要です。

戦闘前に高い場所に昇ることや、クラフトによるやぐら建造はその一端です。

カバーを使って不意打ちする

TPS(三人称視点のシューティングゲーム)における基本事項です。

画面を映し出すカメラの位置が操作しているキャラクターの背後にあるので、上記のスクリーンショットのように、木や壁に隠れながらでも周囲を窺うことができます

敵が何をしているのかを確認できる他、そこから奇襲を掛ければ大ダメージを与えやすくなります。特に高低差があると敵からの反撃を受けにくくなるので、攻撃前に意識して屋根に登る、高所を取るのを心がけると良いでしょう。

逆を言えば、自分がカバーに潜んだ敵から攻撃されると危険なので、後手に回ったときはすぐさまクラフトで防御する必要があります。また敵が潜んでいそうな場所、敵が居たら不利になりそうな場所ではウロウロしないようにしましょう。

クラフトによる位置取り

戦闘においては高所を取ると有利になります。理由は色々ありますが、敵の接近を把握しやすく、敵からは目視されにくいというのが大きいです。

また高所に移動するにはコストが掛かります。戦闘中に上から下へ降りるのは楽ですが、下から上に昇るのは大変です。必然的に上側が主導権を握ることになります。

無理に上を取り返す必要は無いですが、チャンスがあれば高所を取る意識を忘れないようにしましょう。

特に最終局面ではそのまま勝敗に直結してくるので、事前の立ち回りこそが正否を左右します。要所を押さえて、敵に有利を取らせない。戦闘前に有利な位置を取って、有利な状況をキープするのが大切です。

横方向から奇襲される可能性もあるので、戦闘するときは極力自分のクラフトで囲いましょう。複数から攻撃される局面なら、敵を倒すよりも防御に徹する方が無難です。

地形による高低差が付かない場合は、クラフト素材を多少使っても、やぐらを作って敵より高い場所をキープしましょう。

次回、チーム戦における基本について

多人数向けモードにおける攻略と戦術に関して。チーム戦用のルールとして、デュオとスクアッドが存在します。現在のところデュオモードはプレイヤーが...

シェアする

フォローする

『フォートナイト: 初心者向け講座「武器の基本と射撃を当てる方法」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/04/11(水) 15:01:51 ID:0d5652bc6 返信

    知らずに全部弾速あるもんだと思ってアサルトでも偏差撃ちしてたわ・・・
    そりゃ当たるわけなかったんだな・・・(笑)

  2. 名前:DASH 投稿日:2018/07/21(土) 02:26:39 ID:17a81c2f3 返信

    これいい記事ですね。