フォートナイト: 武器の威力減衰、ダメージ量

シェアする

ショットガンを除いて、今までは距離に関わらず一律のダメージでしたが、v3.4からは距離が離れるとダメージが低下するようになりました。初弾補正によって命中率が大きく向上したのですが、それとの相性によって明暗が分かれた気がします。

アサルトライフル

威力減衰が追加されたのはM4、SCAR、バーストARの3種類で、スコープARは従来通りです。

  • 50メートルから威力減衰開始
  • 75メートルで威力が80パーセントまで低下
  • 100メートルで威力が65パーセントまで低下

M4、SCAR

M4、SCARのダメージ推移は以下のようになります。

最終更新日:2018/4/7

50メートルを境に緩やかにダメージが低下していき、100メートル付近でダメージ量が最小値になります。

HP100相手に4発確定キルが発生するダメージ25のボーダーラインで見ると、コモンのM4だと72メートルまでなのに対して、レジェンダリーSCARだと92メートルまで。両者には20メートル程度(クラフト4枚分)の射程差が生じています。

またコモンのM4の場合、ダメージの下限値が20を割り込んでいるので、HP100の相手に確定5発キルが取れません。初弾精度の恩恵によって、アサルトライフルの攻撃が通りやすくなったため、従来よりレアリティ間の格差が大きくなった印象が強いです。

全般

バーストAR、スコープ付きARを含むダメージは下記のようになります。

最終更新日:2018/6/1

バーストARは同様に威力減衰が追加されましたが、スコープ付きは威力減衰が存在しません。これによって、M4のコモンだと72メートル付近、レジェンダリーSCARだと97メートル付近で、スコープ付きARとの威力逆転が発生します。

同日追加された初弾補正があるため、それまでの距離ならM4、SCARの方が明確に優勢なので、スコープ付きを持つ場合はそれよりも遠い的を攻撃する場合……となるでしょう。スコープによる視認性の差こそあるものの、レジェンダリーのSCARならば、90メートル位までは25以上のダメージを保ちつつ点射撃できます。

v3.4から多くの武器に威力減衰が追加されました。それだけだとレンジ武器の弱体化になるんですが、代わりに初弾の命中率補正が追加され、静止しているときに限って100パーセントの精度を出すようになりました。

サブマシンガン

  • 24メートルから威力減衰開始
  • 35メートルで威力が80パーセントまで低下
  • 50メートルで威力が65パーセントまで低下
最終更新日:2018/6/1

ショットガンに次いで威力減衰が強い武器群になっています。向かいの道を走っている敵を屋根から撃ち降ろす位で、威力減衰の開始地点ギリギリ。家の屋根同士で撃ち合う際にすら威力減衰に引っ掛かる可能性があります。

同日入った初弾補正との相性もすこぶる悪く、下方修正としか言えない状況に。尚更、使い道が減ったので、何かしらの上方修正が必要な気がします。

ハンドガン

マグナム系かそうでないかで異なりますが、サブマシンガンよりは長射程。また初弾補正との相性も良いため、威力減衰による低下はありつつも、結果としては上方修正という形になったと思われます。

最終更新日:2018/4/10

リボルバー、ハンドキャノン

  • 35メートルから威力減衰開始
  • 60メートルで威力が70パーセントまで低下
  • 85メートルで威力が40パーセントまで低下

クラフトを壊すのが不得手なところを除けば、優秀なサブ武器です。ポンプショットガンの代わりにもなりますし、近距離から中距離に掛けて、優れたポテンシャルを発揮します。

ピストル、サプレッサーピストル

  • 28メートルから威力減衰開始
  • 48メートルで威力が85パーセントまで低下
  • 70メートルで威力が75パーセントまで低下
  • 250メートルで威力が65パーセントまで低下

アサルトライフルに比べて精度が低かったのが欠点なので、初弾補正とはやっぱり相性が良いです。

ショットガン

今回のパッチ以前から威力減衰が存在したショットガン。過去にはとんでもない距離で100ダメージを叩き出していましたが、それを受けて下方修正された経緯を持ちます。

  • 8メートルから威力減衰開始
  • 19メートルで威力が70パーセントまで低下
  • 30メートルで威力が20パーセントまで低下
最終更新日:2018/6/16

いちはやく威力減衰が追加されて弱くはなってみたものの、武器の特性があまりにゲームにマッチしているため、今だアサルトライフルに匹敵する重要武器群なのは変わりません。