フォートナイト: 新しいリボルバーの性能と考察

シェアする

保管庫送りにされていたリボルバーが帰ってきたと思ったら別人だった。アサルトライフルとか、ピストルとかもそうですが、分かりにくい命名規則を変更した方が良いんじゃないかと思います。

新リボルバーはモチーフをコルトSAAに変え、腰だめ撃ちとターゲット撃ちで特性が異なる特殊な武器になっています。最大の強みは精度が高いことですが、欠点も大きいので最終武器にするにはかなり難しいと思います。

概要

レアリティはアンコモン~エピックまでの3段階で、元ネタはリロードはレボリューションだで有名なコルトSAAです。ウェスタンRPGのRDRが発売するので、それに合わせたんじゃないでしょうか。

武器一覧
項目新リボルバー
/ SAA
新リボルバー
/ SAA
新リボルバー
/ SAA
発射形式セミオートセミオートセミオート
レアリティアンコモンレアエピック
最大ダメージ34 (~35m)36 (~35m)38 (~35m)
中ダメージ23.8 (60m)25.2 (60m)26.6 (60m)
小ダメージ13.6 (85m ~)14.4 (85m ~)15.2 (85m ~)
対物ダメージ343638
クリティカル倍率2x2x2x
発射レート300RPM300RPM300RPM
装弾数666
リロード速度2.42.32.2
持ち替え速度0.45s0.45s0.45s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度0.9 - 2.250.75 - 2.10.6 - 1.95
ターゲット精度0.41 - 0.710.34 - 0.640.27 - 0.57
しゃがみ補正-10%-10%-10%
移動補正+40%+40%+40%
TTK100HP0.400s0.400s0.400s
対人DPS170180190
対物DPS170180190
最終更新日:2018/10/27

実銃におけるファニングショットを反映してか、腰だめ撃ちとターゲット撃ちでそれぞれ連射速度が変わるという特性を持っています。腰だめ時は発射レート300RPMですが、ターゲットだと114RPMになります。それに伴いDPSも急落するので、攻撃したい距離に合わせて使い分けるのが重要です。

腰だめ撃ちにしろ、ターゲット射撃にしろ、精度に関しては他武器の中でもピカイチなんですが、腰だめ撃ちするには装弾数が不安ですし、ターゲット射撃するには射程が足りません。異なる特性を両立しているものの、生きてくる場面が相当に限られています。

武器の足りない最序盤だと、掛けてるパーツを埋める目的で使えますが、中盤以降に使うには難が残ります。それぞれ特化した武器を使う方がベターなので、パワー不足な上に中途半端な性能に留まっています。

他武器との比較

リボルバー

リボルバー
項目リボルバー
発射形式セミオート
レアリティレア
最大ダメージ60 (~35m)
中ダメージ42 (60m)
小ダメージ24 (85m ~)
対物ダメージ60
クリティカル倍率2x
発射レート54RPM
装弾数6
リロード速度2.3
持ち替え速度0.6s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.3
ターゲット精度1.4
対物DPS54
対人DPS54
TTK100HP1.111s
TTK150HP2.222
TTK200HP3.333s

新旧対決ですが、SAAの方が旧リボルバーよりも発射レートにすぐれており、精度面も改善しています。発射レートが低下するターゲット状態でも、旧リボルバーの倍速で連射できて、DPSも25%上昇しています。

ただ1発の重さが低下しているので奇襲効果は下がっており、狙撃武器の代わりみたいな運用は難しくなっています。ゲームシステムとの相性という点では旧リボルバーの方が勝るので、個人的には前の方が好きだったかも。

最終更新日:2018/10/27

一方でDPSでは大きく改善していて、腰だめ時はサプレッサー付きピストルに匹敵する数値になっています。それでいて倍位の集弾性を持つので、咄嗟の戦闘ではそれ以上の瞬間火力を持ちます。ただし装弾数が余りに心許ないので、安定はしなさそうですし、ターゲットすると極端にDPSが落ちこみます。

ハンドキャノン

ハンドキャノン
項目ハンドキャノン
/ デザートイーグル
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
最大ダメージ78 (~35m)
中ダメージ54.6 (60m)
小ダメージ51 (85m ~)
対物ダメージ157
クリティカル倍率2x
発射レート48RPM
装弾数7
リロード速度2
持ち替え速度0.65s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.3
ターゲット精度1.3
しゃがみ補正-10%
移動補正+20%
対物DPS126
対人DPS62
TTK100HP1.250s
TTK150HP1.250
TTK200HP2.500s

SAAの実装されたタイミング強化されたハンドキャノンです。威力減衰が緩和され、対物ダメージが大きく上昇しました。元々はリボルバーと同じ威力減衰でしたが、極端にダメージが落ちないようになっています。

SAAのターゲット時と比べてもDPSでは落ちますが(上記参照)、1発の重みが違うので狙撃性能では遙かに勝っています。初弾補正を掛けて頭を狙えば、最低100ダメージは出るので、止まっている相手への横やり等には強みがあります。

SAAのターゲットは初弾補正なしでも高い精度がでるものの、DPS的には大したことないし、奇襲効果も見込めないしで、使いどころが限られる印象です。威力減衰も強烈なので、遠くの敵に使うと10ちょっとのダメージしかでません。いくらハンティングライフル並の射撃精度があったとしても、このダメージ量だと流石に辛い。

ハンドキャノンはスナイパーライフルの代用品としては最適ですが、それに比べてみるとパワー不足の感があります。SAAのターゲット時DPSからすると、集弾性が悪くて、装弾数が少なくて、威力減衰まで付いているスコープARなので、スナイパーの代用の代用の代用みたいな、あまりに厳しい立ち位置になっている気がします。

ターゲットで使っても輝けそうも無いので、使うなら腰だめなんでしょうか。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: 新しいリボルバーの性能と考察』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/28(日) 06:53:00 ID:27ef9ad3a 返信

    初心者なんですが おすすめの武器ありますか
    あとヴェスペリア リマスターって興味深いありますか?