フォートナイト: v20.2hotfix 「ロッキー・リールズをめぐる戦い」による変化

シェアする

4/26に実装されたv20.2の中間アップデートのまとめです。

ライトマシンガンが久々に正式復活し、性能面が大幅に向上しました。この性能でチャプター1、チャプター2にいれば、環境を席巻したのでしょうが、他がインフレしているので、インパクト自体は控えめになっています。

レンジャーARがますます要らない子になっていくのだった。

ライトマシンガンの復活 & 強化

  • レアリティが追加
  • 連射速度が低下(480RPM → 420RPM)
  • 射撃精度の基本値が向上 (約55%)
  • 射撃時の精度ペナルティが減少 (約55%)
  • しゃがみ時の精度補正が減少(20% → 15%)
  • 移動時の精度ペナルティが減少 (90% → 35%)
  • リロード時間が減少 (約20%)
  • 装弾数が減少 (100 → 60)

正式な復活はチャプター1・シーズン5以来。限定的なドロップなどを含むなら、チャプター2・シーズン4などにも復活しています。

対抗馬の武器に比べて射撃精度が悪すぎたので、ある程度の力量からは使わなくなるプレイヤーが多かったと思われますが、今回のパッチではその弱点が劇的に改善しています。移動ペナルティも激減したので、ほぼSMGみたいな存在になりました。

ちょうど同じシーズンに復活した《ドラムショットガン》と全く同じ調整です。

射撃精度を得た代わりに連射力が低下していますが、レアリティの増加によって、武器種全体としてはDPSは6%しか下がっておらず、対人性能については全パラメーターが大幅に上昇しました

これがチャプター2までの環境であれば、《アサルトライフル》の上位互換として猛威を奮ったでしょう。

チャプター3の環境においては、近距離で《コンバットサブマシンガン》などに対抗するのは難しく、中距離からの攻撃性能ではサイトが付属している《MK7アサルトライフル》、《ストライカーバーストライフル》には及びません。

チャプター3における武器のインフレを端的に表しています。

ゼロビルドの環境においては、ストライカーBRが必須なので、どうしても評価が落ちます。コンバットSMGが手に入らなかったときに、レアリティ次第で《スティンガーサブマシンガン》の代わりに携帯する線が堅実かと思います。

《ライトマシンガン》はv3.52で追加された武器です。 チャプター1時代は実用性に難のあるばら撒き武器で、チャプター3になって久々の...

ユーザー投票「ブギーボム vs ポータブル裂け目」

《ブギーボム》の絶望的な戦い。

過去のユーザー投票の結果から見るに、基本的には強い装備が選ばれるため、《ポータブル裂け目》が勝って当然と言えば、当然かもしれない。

戦後のコーニー・クロスロード

レジスタンス側が勝利して、《コーニー・クロスロード》上空のIOエアーシップはまたしても墜落しました。

エアシップ墜落跡はランドマーク《コーニー・コラプス》に変化しています。

コーニー・コラプス

戦闘中に消えていたキャラクターも復帰し、コーニー・クロスロードはセブンの勢力下に加わりました。

リスキー・リールズで戦闘が始まる

いつものパターンで、《リスキー・リールズ》にて戦闘が始まりました。

今のところIO側の全敗なので、特にアクシデントが無ければ、またIOエアーシップが墜落する流れなんでしょうか。

シーズンの折り返しも過ぎる頃なので、この辺りで何か大きな変化が欲しいところ……。

コメント