フォートナイト: 新武器「二丁拳銃」の性能と評価

シェアする

新武器が追加されてもあんまり使えない、ぱっと強さが体感できないことが多いフォートナイトですが、二丁拳銃はその例外です。使われるかどうかは今後のメタ次第ですが、間違いなく最強のハンドガンになるでしょう。

武器概要

ワントリガーで2発の弾を発射する武器で、要するにバースト系に属します。仕様弾薬はアサルトライフルと共通の中口径弾。威力減衰はサプレッサーピストル、サプレッサーSMGと同じタイプで比較的長射程。極めて腰だめ精度が良いことを除けば、バーストARに近いポジションです。

厳密に言えばバーストARとヘビーSGの中間種みたいな立ち位置なんでしょうか。つまり強い武器と、強い武器の特性を引き継いでいるので、これで弱いわけがない。両者よりも特化性に掛けますが、状況を選ばない汎用性を獲得しているので腐りにくいです。

問題なのはそれに伴って、武器スロットのどこに納めるか……という点。

現状、エピックとレジェンダリーの2種類がありますが、元々ハンドガンの出現テーブルは高めに設定されているので、入手性は良好な方です。恐らくはサプレッサーHG、ハンドキャノン、二丁拳銃で3分されているのだとは思いますが、3者の中では間違いなくこれが当たりです。

持ち替えが遅いのが欠点ですが、単独の戦闘力としては随一のものがあります。

武器一覧
項目二丁拳銃二丁拳銃
発射形式2点バースト2点バースト
レアリティレアエピック
最大ダメージ41 (~28m)43 (~28m)
中ダメージ34.85 (48m)36.55 (48m)
小ダメージ30.75 (70m ~)32.25 (70m ~)
対物ダメージ4244
クリティカル倍率2x2x
発射レート1200RPM1200RPM
装弾数1818
リロード速度2.85s2.7s
持ち替え速度0.65s0.65s
ターゲット速度0.2s0.2s
腰だめ精度1.4 - 2.41.3 - 2.3
ターゲット精度1.3 - 2.31.2 - 2.2
しゃがみ補正-20%-20%
移動補正+10%+10%
対物DPS9297
対人DPS9095
TTK100HP0.617s0.617s
TTK150HP0.617s0.617s
TTK200HP1.070s1.070s
最終更新日:2018/6/29

レアリティによって劇的な変化はありませんが、ダメージが2上昇し、精度面が改善します。リロードが遅いのが欠点でもあるので、レアリティによる改善が地味にありがたい。

類似武器との比較

vs ハンドキャノン

ハンドキャノン
項目ハンドキャノン
/ デザートイーグル
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
最大ダメージ78 (~35m)
中ダメージ54.6 (60m)
小ダメージ31.2 (85m ~)
対物ダメージ83
クリティカル倍率2x
発射レート48RPM
装弾数7
リロード速度2s
持ち替え速度0.65s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.3
ターゲット精度1.3
しゃがみ補正-10%
移動補正+20%
対物DPS66
対人DPS62
TTK100HP1.250s
TTK150HP1.250s
TTK200HP2.500s

ハンドキャノンから初弾精度が消えたら、発射レートが倍以上に増えたというポジション。近距離のDPSだとハンドキャノンを遙かに上回るので、信頼性においてはダンチです。

またハンドキャノンに比べて威力減衰が緩やかなので、遠距離においては1発のダメージが同じになります。ハンドキャノンのように必中は期待できませんが、適当にスプレーしていても遠距離の攻撃効率は4倍に。

ハンドキャノンには中距離ヘッドショット時に150ダメージの即着であるという利点があるものの、それ狙いに二丁拳銃より優先する必要もほぼ無いかなぁ……というところ。距離が限定的過ぎて腐る局面が多すぎます。

概ねハンドガン最強の座を奪い取ったとみて良いでしょう。

vs バーストAR

バーストAR
項目バーストAR
/ FAMAS
発射形式3点バースト
レアリティレジェンダリー
最大ダメージ33 (~50m)
中ダメージ26.4 (75m)
小ダメージ21.5 (100m ~)
対物ダメージ33
クリティカル倍率2x
発射レート720RPM
装弾数30
リロード速度2.3s
持ち替え速度0.45s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度1.2 - 1.6
ターゲット精度0.68 - 0.96
しゃがみ補正-20%
移動補正+80%
対物DPS173
対人DPS173
TTK100HP0.650s
TTK150HP0.730s
TTK200HP1.300s

同じ弾を使い、同じバースト系。

同じレアリティならFAMASなわけですが、それよりも瞬間火力では勝っています。腰だめ精度のベース値は同水準なんですが、FAMASの移動ペナルティが大きいのとは対称的に、二丁拳銃はジャンプ中でも無問題。

ぴょんぴょんしながらでも安定した着弾が見込めます。

FAMASはショットガンから持ち替えで攻撃するなら、SCARよりも強力という大きな長所があります。タクティカルSGよりも信頼性があるので、AR、SG、SR、LR、回復というバランス型の構成を取る場合には最良のアサルトライフルです。

二丁拳銃はそんなFAMAS以上に腰だめ撃ちの瞬発力があるわけで、比較的射程のある武器としては最も近距離に強いと言えるでしょう。

代わりにターゲット時の精度差が結構大きく、距離が離れると命中が今一つ期待できません。初弾精度の補正も無いです。威力減衰は緩やかですが、精度面が足りてません。一応、中距離でも戦えるので、AR系等の代わりにもなれますが、サブマシンガンよりは……というレベルに留まっています。

vs ヘビーSG

ヘビーショットガン
項目ヘビーショットガン
/ KSG
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
最大ダメージ7.7 x10 (~10m)
中ダメージ5 x10 (20m)
小ダメージ2.24 x10 (30m)
対物ダメージ8.25 x10 (30m)
発射レート60RPM
装弾数7
リロード速度5.6s
持ち替え速度0.55s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度1.8
ターゲット精度1.4
しゃがみ補正-15%
移動補正+25%
対物DPS82
対人DPS77
TTK100HP1.000s
TTK150HP1.000s
TTK200HP2.000s

腰だめ精度がほぼ同じで、連射力が倍くらいあります。ショットガンより遙かに長射程なので、DPSという点においては二丁拳銃が概ね上回ります。同日のパッチでショットガン全般の対物ダメージが引き下げられた点もカバーしてくれて、ごり押しの近距離戦では二丁拳銃の方がポテンシャルを発揮するでしょう。

ただワントリガーで出せるダメージの安定性、期待値においてはヘビーSGに軍配が上がります。散弾に比べればどうしても、着弾に不安定さが残るので、クラフトを使いながらの戦闘では少しばかり信頼性に欠けます。

ダメージの期待値に不足を覚えるので、同様にポンプの代替えにもなりません。

また持ち替え速度も少し遅めで0.6秒掛かります。ポンプの0.7秒よりは速いですが、ヘビーSGやタクティカルSGの0.5秒に比べると見劣りします。ポンプからの持ち替えをするにしても、ヘビーSGを置き換えるには至らないと思います。

タクティカルSGを置き換える目的なら、ダメージ期待値が同程度でクラフトへのダメージ量やジャンプ撃ちでの適正を評価して十分に置き換えられますが、現状最強のヘビーSG相手だと餅は餅屋といった印象です。

まとめ

AR系等の代替え品にもなりますし、SG系等の代替え品にもなるものの、それらが揃っている状況ではちょっと厳しいかなぁという印象が残ります。序盤だと武器が揃っていないので影響力は抜群ですが、上位のAR、SGが手に入るに従って、装備から外れていくんじゃないか……というのが現時点での評価でしょうか。

武器としては決して弱くないのですが、立ち位置が中途半端なのが、今後どう作用するかというところです。

従来とは異なる武器構成を試すチャンスなのかもしれませんが、それが大成するか未知数だとは思います。

シェアする

フォローする

『フォートナイト: 新武器「二丁拳銃」の性能と評価』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/06/29(金) 17:18:57 ID:f81863b35 返信

    金ファマスの対物ダメージが今回のアプデで33になったみたいですね。金スカーが36になったので作りたての壁を3発で壊せるのか気になります

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/06/30(土) 04:27:49 ID:4ae1b3dc6 返信

    書かれている通りに中途半端過ぎる
    ARの代わりにもSGの代わりにもなりきれないし近〜中距離向けならSMG持った方がいい
    今回のアプデでさらにSMG強くなったし