フォートナイト: クラフトへの対物ダメージ、要塞破壊の効率

シェアする

各武器のクラフト相手へのDPSやその特性、各素材の壁を破壊するまでに掛かる時間のリスト。及び、それに纏わる武器についての考察など。やっぱりクラフトの防御力は高い。

※過去のバージョンにおける考察なので、現在とは事情が異なる部分があります。

クラフトへの攻撃力

対人ダメージと、対物ダメージはそれぞれ別の数値が設定されています。例えばみんな大好きロケットランチャーは対人ダメージが120程度ですが、対物ダメージは375あります。375というのはほぼ全てのクラフトを1発で破壊できるダメージ量です。

対人ダメージはレアリティによって増減しますが、対物ダメージはレアリティによる変化を受けません(V4.4から受けるようになりました)

対物DPS
項目対物DPS対物ダメージvs木材vs石材vs鋼材
リモート爆弾12808000.00s0.00s0.00s
グレネードランチャー
/ ダネルMGL
4134130.00s0.00s0.00s
ミニガン396330.50s0.75s1.00s
フラググレネード3033950.00s0.00s1.30s
タクティカルSMG234180.85s1.23s1.69s
ライトマシンガン
/ M249 SAW
208260.88s1.38s1.88s
ドラムガン
/ トンプソン
207230.89s1.44s1.89s
くっつき爆弾2002000.00s1.00s1.00s
サプレッサーSMG
/ MP5SD
198221.00s1.44s2.00s
アサルトライフル
/ SCAR
198360.91s1.45s2.00s
サプレッサーピストル189281.04s1.48s2.07s
バーストAR
/ FAMAS
173331.15s1.72s2.30s
ピストル
/ M1911
169251.04s1.63s2.22s
ロケットランチャー
/ RPG
1654130.00s0.00s0.00s
二丁拳銃97442.06s3.09s4.12s
スコープAR91262.00s3.14s4.29s
ヘビーショットガン
/ KSG
8282.52.00s3.00s4.00s
タクティカルSG82552.00s3.33s4.67s
セミオートSR79662.50s3.33s5.00s
ハンドキャノン
/ デザートイーグル
66832.50s3.75s5.00s
サーマルスコープAR
/ HK416
61342.78s4.44s6.11s
リボルバー54603.33s4.44s6.67s
ハンティングライフル50903.64s5.45s7.27s
ボルトアクションSR
/ AWP
401152.86s5.71s8.57s
ポンプショットガン
/ M1912
3448.000001907348635.71s8.57s11.43s
サブマシンガン
/ TEC-9(保管庫)
016---
クロスボウ
/ (保管庫)
00---
誘導ミサイル
/ (保管庫)
01000---

DPS(時間当たりのダメージ量)で並んでいます。同系統の最上位レアリティを想定しています。レアリティが良いものの方が高DPS、悪いものが低DPSになります。

vs木材などは、その素材を使った壁を破壊するまでに要する時間です。あくまで完成した場合への数値で、それぞれの耐久力は木材200、石材300、鋼材400となっています。

アサルトライフルの破壊力

M4を例にとると、これらの数値は以下の様になっています。

  • 対物ダメージ:33
  • 対物DPS:181.5
  • vs木材:1.09秒
  • vs石材:1.64秒
  • vs鋼材:2.18秒

この対物破壊力だと、木材の壁を破壊するのに1秒程度掛かり、石材だと1.6秒、鋼材だと2.2秒の時間を要します。あくまで完成した壁に対してそれだけ時間が掛かるという点には留意して貰いたいですが、正面からバスバス撃っていると、壊す前に反撃を受ける可能性大です。

アサルトライフルはスタンダードな武器で、決して対物DPSも低くないのですが、これを持って正面攻撃してクラフト陣地を潰すのには骨が折れると言わざるを得ないでしょう。

武器の対物DPSトップ3

1位 グレネードランチャー

グレネードランチャー
項目グレネードランチャー
/ ダネルMGL
発射形式フルオート
レアリティレジェンダリー
大ダメージ110 (~50m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ413
クリティカル倍率1x
発射レート60RPM
装弾数6
リロード速度2.7s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度-
ターゲット精度-
しゃがみ補正-
移動補正-
対物DPS413
対人DPS110
TTK100HP-0.000s
TTK150HP1.000s
TTK200HP1.000s

構造物へのダメージ効率だと、グレネードランチャーがずば抜けています。範囲攻撃なのにトップクラスのDPSも兼ね揃えており、横に広がった拠点に対しては滅法強いです。周囲4メートル程度にダメージをばらまくので、複数の壁や階段にもダメージが通ります。

要塞が横に広がりやすいスクアッドなどではかなりの戦闘力を発揮しますし、屋内に籠もった相手をあぶり出す目的でならかなりの能力を発揮しそうです。対人攻撃の不得手さがありますが、それは他で補えば良いでしょう。

フラググレネードは簡易式グレネードランチャー。1発のダメージは少しだけ高いものの、投射速度がグレネードランチャーより遅いので、面制圧力ではどうしても劣ります。グレネードランチャーの代理品って感じですね。

2位 ミニガン

ミニガン
項目ミニガン
発射形式フルオート
レアリティレジェンダリー
大ダメージ19 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ33
クリティカル倍率2.5x
発射レート720RPM
装弾数999
リロード速度-
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度1.7 - 2.9
ターゲット精度1.3 - 2
しゃがみ補正-10%
移動補正+90%
対物DPS396
対人DPS228
TTK100HP0.417s
TTK150HP0.583s
TTK200HP0.833s

構造物へのDPSだけならグレネードランチャーに次ぐ性能を持つものの、隙が大きいし、複数に攻撃が通らないしでなんとも言い難い武器です。発射前に1秒の溜めが入るし、射撃中は極端に遅くなるので、スナイプに抜かれる危険があります。

その辺りを曲射でカバー出来るグレネードランチャーや、撃つときだけ頭を出せば良いロケットランチャーとは異なります。また爆発系と違って、ダメージが入る壁は1枚だけなので、能率面では大きく劣るなど、実用性の面では少々厳しい武器になっています。

軽快に動いて攻撃できるタクティカルSMGの方がよっぽど向いているじゃないかと思うこともしばしば。タクティカルSMGなら、ダッシュ→ジャンプ射撃で間合いを詰めながら、敵壁のヘルスを削れますし、対物DPSがロケットランチャーに追随する性能になっています。

3位 ロケットランチャー

ロケットランチャー
項目ロケットランチャー
/ RPG
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
大ダメージ121 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ413
クリティカル倍率1x
発射レート24RPM
装弾数1
リロード速度2.5s
持ち替え速度0.625s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度-
ターゲット精度-
しゃがみ補正-
移動補正-
対物DPS165
対人DPS48
TTK100HP-0.000s
TTK150HP2.500s
TTK200HP2.500s

サブマシンガン/TEC-9が削除されたことによって対物DPSも3位になった爆発系。複数の壁にダメージが通るので、相手のクラフトを破壊しやすいです。装弾数1発なので、レアリティによって破壊力が大分違ってきます。

かなり高い戦闘力を持つものの、遠距離から撃ってもそこまで強くありません。壁1枚で防がれてしまうと、破壊効率はタクティカルSMGと変わらないからです。M4やSCARと比べても、よっと効率が良くなったに留まります。あくまで複数の壁を巻き込んでこそ真価を発揮する感じでしょうか。

敵陣地の上を取ってから撃ち降ろすのがやっぱり強いです。一瞬体を晒すだけで良いため、低リスク高リターンな代表的ウェポンです。ついでに接近戦でも滅法強い。

ちなみにこれでも弱体化されています。初期のロケットランチャーは今よりもリロードが速くて、まさに驚異的な弾幕スパムができたので、クラフト戦線があっという間に崩壊してました。

ワースト

クロスボウ

クロスボウ
項目クロスボウ
/ (保管庫)
発射形式セミオート
レアリティエピック
大ダメージ79 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ0
クリティカル倍率2.5x
発射レート36RPM
装弾数5
リロード速度2.5s
持ち替え速度0.5s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.8
ターゲット精度0
しゃがみ補正-20%
移動補正+50%
対物DPS0
対人DPS0
TTK100HP1.667s
TTK150HP1.667s
TTK200HP3.333s

なぜか対物ダメージが0なので、そりゃドンケツです。クロスボウでいくらチクチクしても、一切壊れないどころかダメージすらありません。

シェアする

フォローする